LMS365とMicrosoft Viva Learningの統合を設定する

  • 更新

LMS365とMicrosoft Viva Learningを統合し、Viva LearningでLMS365のコースとトレーニングプランを掲載することができます。
この統合により、LMS365ソリューションで構築されたコースやトレーニングプランが、組織内で利用可能な他の学習と一緒にViva Learningに掲載することが可能になります。

Microsoft Graphの従業員学習APIはベータ版です。そのため、仕様が変更されたり、このAPI を使用して作成された統合に問題が発生する場合があります。
なお、バージョンの関係上、製品版アプリケーションでの従業員学習APIはサポートされていません。
従業員学習APIの詳細と現状については、マイクロソフトのドキュメントを参照してください。

一旦統合されると、LMS365はViva Learningアプリケーションで利用可能なコンテンツプロバイダーのリストに含まれ、有効にすると、LMS365のコースとトレーニングプランは、Viva Learningで表示を選択した他の学習コンテンツと並んで、カードで表示されるようになります。

作業を開始する前に、Viva Learning のサブスクリプションが有効になっていることを確認してください。
Microsoft 365 のグローバル管理者権限を持つユーザーのみ統合を行うことができます。

LMS365 と Microsoft Viva Learning を統合する

1.Microsoft 365 グローバル管理者アカウントで、LMS365管理センター>グローバル設定>LMS設定に移動し「統合コネクタ」を選択します。

2.統合コネクタパネルの「接続」を選択します。

capture1.png

3.「アカウントの選択」リストから、Microsoft 365 グローバル管理者権限を持つユーザーを選択します。このユーザーがリストに表示されていない場合は「別のアカウントを使用する」を選択し、Microsoft 365 グローバル管理者アカウントでログインします。

capture2.png

このテナントで初めて接続するときは、LMS365に次の権限を許可することを確認し、同意が必要となります。

Read all learning contentサインインしていないユーザーでも、組織のディレクトリにあるすべての学習コンテンツを読み込みます。

Manage learning provider:サインインユーザーに代わって、組織のディレクトリにある学習プロバイダーのデータを作成、更新、読み込み、および削除します。

Read learning provider:サインインユーザーに代わって、組織のディレクトリにある学習プロバイダーの情報を読み込みます。

Manage all learning content: サインインユーザーがいなくても、組織のディレクトリにあるすべての学習コンテンツを管理します。

Sign in and read user profile アプリにサインインすると、サインインしたユーザーのプロファイルを読み取ることを許可し、アプリがサインインしたユーザーの基本的な会社情報を読み取ることを許可します。

次回以降、改めて接続する場合には、自動的に同意したものとみなされますので、改めて同意を求められることはございません。

4.各権限を展開して、内容をよくご確認ください。

5.権限の許可に同意する場合は「承諾」を選択します。そうでない場合は「キャンセル」を選択します。

capture3-1.png

「承諾」を選択すると「統合コネクタ」パネルが表示されます。

capture4.png

LMS365はViva Learningとコースやトレーニングプランの同期を開始します。

同期には少なくとも24時間かかります。初回同期後、LMS365でコースやトレーニングプランを作成する際にも、同程度の時間がかかります。

以下の場合を除き、すべてのカタログにあるすべてのコースとトレーニングプランがViva Learningに掲載されます。

  • コースの公開ステータスが「未公開」の場合
  • 「コースカタログに表示」オプションがOFFの場合
  • 「トレーニング対象者」オプションが有効な場合(受講者を限定している)
  • 社内のすべてのユーザーに対して表示されていない場合

それぞれのイメージに合わせて、ロゴをカスタマイズすることから始めます。この作業は、同期の完了を待たずに行うことができます。


Viva Learningでカードのブランディングや LMS365 のコース/トレーニングプランの詳細情報をカスタマイズする

Viva Learningでは、コースやトレーニングプランのカードの左下に、コンテンツ提供者の名前と小さなロゴが表示されます。カードを選択すると、展開したビューにも同じロゴが表示されます。

既定では、Viva Learning の LMS365 コースとトレーニングプランには LMS365 ロゴが表示されます。統合コネクタパネルで、カードやコース/トレーニングプランのブランディングを組織に合わせてカスタマイズすることができます。

1.「表示名」を入力します。これは、Viva Learning のプロバイダーリストに表示されます。

2.ロゴの表示/非表示オプションを選択します。

capture5.png

既定では、Viva LearningのコースとトレーニングプランにはLMS365のロゴが表示されます。

各テーマに応じて、異なる画像をロゴに設定することができます。

濃色テーマのフルサイズのロゴ:Viva ラーニングにある学習コンテンツの詳細ページに表示される濃色テーマの長方形ロゴです。

濃色テーマの正方形ロゴ:Viva ラーニングにある学習コンテンツカードの詳細ページに表示される濃色テーマの正方形ロゴです。

淡色テーマのフルサイズのロゴ:Viva ラーニングにある学習コンテンツの詳細ページに表示される淡色テーマの長方形ロゴです。

淡色テーマの正方形ロゴ:Viva ラーニングにある学習コンテンツ カードの詳細ページに表示される淡色テーマの正方形ロゴです。

3.変更するロゴにカーソルを合わせ、「画像を選択」を選択します。

capture6.png

あらかじめアップロードされている画像がすべて表示されます。

4.表示されている画像を選択するか、「アップロード」で新しい画像をアップロードします。

5.使用する画像を選択します。「削除」ボタンを選択すると選択した画像は削除されます。

6. 「保存」を選択して、選択した画像を適用します。

capture7.png

選択した画像は、Viva Learning からアクセス可能なすべてのコース、トレーニングプランに表示されます。


Viva Learning の接続を解除する

接続を解除すると、LMS365とViva Learningの統合は解除され、以下のようになります。

  • Viva Learning の利用可能なプロバイダーのリストにLMS365が表示されなくなります。
  • これまで同期されていたコンテンツは、Viva Learningで利用できなくなります。
  • LMS365 と Viva Learning 間では、コース/トレーニングプランが同期されなくなります。

接続を解除するには、

1.Microsoft 365 グローバル管理者アカウントで、LMS365管理センター>グローバル設定>LMS設定に移動し「統合コネクタ」を選択します。

2.統合コネクタパネルで「切断する」を選択します。確認メッセージが表示されます。

3.「OK」を選択して接続を解除します。