LMS365とMicrosoft Viva Learningの統合を設定する

  • 更新

重要!

LMS365 と Microsoft Viva Learningの統合は、LMS365プロフェッショナルサブスクリプションをお持ちのお客様が利用できます。LMS365スタンダードサブスクリプションをお持ちのお客様はご利用いただけません。プロフェッショナルサブスクリプションへのアップグレードをご希望のお客様は、サポートまでご連絡いただくか、営業担当者にお申し付けください。

LMS365とMicrosoft Viva Learningを統合し、Viva LearningにLMS365のコースとトレーニングプランを掲載することができます。
この統合により、LMS365ソリューションで構築されたコースを組織内で利用している他の学習と一緒にViva Learningに掲載することができます。

注記:統合の設定を行う前に、Microsoft Viva Learningまたは Microsoft Viva スイート サブスクリプションが有効になっていること、ユーザーに Microsoft Viva Learning ライセンスが割り当てられていることを確認しますてください。
統合の設定は、Microsoft 365 グローバル管理者が行うことができます。

Microsoft Graphの従業員の学習APIはベータ版です。そのため、仕様が変更されたり、このAPI を使用して作成された統合に問題が発生する場合があります。
なお、バージョンの関係上、製品版アプリケーションでの従業員学習APIはサポートされていません。
詳細についてはマイクロソフトのドキュメント「従業員の学習 API を使用してViva Learningと統合する」をご参照ください。

統合されると、LMS365はViva Learningアプリケーションで利用可能なコンテンツプロバイダーのリストに含まれ、有効にすると他の学習コンテンツと並んでLMS365コースがカードに表示されます。

関連する LMS365コースがViva Learningに表示されない場合は、e Learningまたはインストラクター主導型コースの設定パネルで「VivaLearningに表示」がオンになっているか確認してください。

LMS365 と Microsoft Viva Learning を統合する

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者

1.LMS365管理センター>グローバル設定>LMS設定に移動し「統合コネクタ」を選択します。統合コネクタパネルが開きます。

2.「Viva Learning」タイルの「接続」を選択します。

ご契約のサブスクリプションプランにViva Learningの統合が含まれていない場合、「接続」ボタンはグレーアウトしています。ページの上部には黄色のバナーが表示され、サブスクリプションプランへのアップグレードをご案内します。

integration Viva1.png

3.Viva Learningパネルが開きます。「接続」を選択します。

integration Viva2.png

4.「アカウントの選択」リストから、Microsoft 365 グローバル管理者権限を持つユーザーを選択します。このユーザーがリストに表示されていない場合は「別のアカウントを使用する」を選択し、Microsoft 365 グローバル管理者アカウントでサインインします。

integration Viva3.png

このテナントで初めて接続するときは、LMS365に次のアクセス許可することを確認し、同意が必要となります。

Manage learning provider:サインインユーザーに代わって、組織のディレクトリにある学習プロバイダーのデータを作成、更新、読み込み、および削除します。

Manage all learning content: サインインユーザーがいなくても、組織のディレクトリにあるすべての学習コンテンツを管理します。

Sign in and read user profile アプリにサインインすると、アプリがサインインしたユーザーのプロファイルを読み取ることを許可し、サインインしたユーザーの基本的な会社情報を読み取ることを許可します。

次回以降、改めて接続する場合には、自動的に同意したものとみなされますので、改めて同意を求められることはございません。

5.各アクセス許可を展開して、内容をよくご確認ください。

6.アクセス許可に同意する場合は「承諾」を選択します。そうでない場合は「キャンセル」を選択します。

capture3.png

「承諾」を選択すると「統合コネクタ」パネルが表示されます。

同意が得られると、LMS365は Viva Learning とコースやトレーニングプランの同期を開始します。

同期には少なくとも24時間かかります。初回同期後、LMS365でコースやトレーニングプランを作成する際にも、同程度の時間がかかります。

以下の場合を除き、すべてのカタログにあるすべてのコースとトレーニングプランが Viva Learning に公開されます。

  • コースの公開ステータスが「未公開」の場合
  • 「コースカタログに表示」オプションが OFF の場合
  • 「トレーニング対象者」オプションが有効な場合(受講者を限定している)
  • 社内のすべてのユーザーに対して公開されていない場合

LMS365でのコースの登録と受講者の進捗情報は、LMS365とViva Learningの間で同期されます。
同期すると、受講者はViva Learningに登録されているすべてのコースと、トレーニングの進捗を個々に表示できます。

LMS365とViva Learning 間でのコース登録の同期

LMS365に記録されたすべてのアクティブな登録は、Viva Learningと同期されます。

以前にViva Learningと同期され、期限切れまたは取り消された登録は、Viva Learningから削除されます。

LMS365 で承認待ちまたはウエイトリストとして記録された登録は同期されず、Viva Learningに表示されません。

ユーザーが Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループを介して LMS365 コースに登録され、Viva Learningと同期されると、Viva Learningでは個別の登録として表示されます。Viva Learningに Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループの情報は表示されません。

LMS365 トレーニング プランはViva Learningと同期されませんが、トレーニング プラン内のコースは同期されます。

LMS365 とViva Learningの間でのトレーニング進捗の同期

受講者のトレーニングの進捗は、Viva Learningに同期され反映されます。受講者のコースの進捗はコースカードに表示されます。

未開始 :登録されているがまだ開始されていないLMS365 コース。

進行中:開始したが完了していない LMS365コース。

完了:完了した LMS365コース。コースが完了した日付もViva Learningと同期されます。

integration Viva5.png

LMS365コースはViva Learnig のどこに表示されますか?

受講者が登録されているすべてのコースは、コースが必須としてマークされていない限り、Viva Learnigの「学習」タブの 「あなたにお勧め」セクションに表示されます。
LMS365の必須コースに終了日が設定されていない場合、Viva Learnigに同期されると終了日は 01/01/2099 になります。

LMS365コースの期限はViva ラーニングに同期され、コースカードに表示されます。

integration Viva6.png

受講者が LMS365 コースを完了すると、コースはViva Learnigの「完了済み」タブに移動します。コースカードに完了ステータスと完了日が表示されます。

LMS365コースの期日が過ぎると、コースの進捗インジケーターではなく、Viva Learnigのコース カードに期限を過ぎた日数が表示されます。

integration Viva7.png

 

Viva Learningの接続を確認する

必要なロール:LMS365管理者

Viva ラーニングの接続状態は、次の手順で確認します。

1.LMS365管理センター>グローバル設定>LMS設定に移動し「統合コネクタ」を選択します。統合コネクタパネルが開きます。

2.「Viva Learnig」タイルに表示された接続を確認します。

  • 接続: 緑色のテキストで表示され、LMS365 がViva ラーニングに接続されていることを意味します。
  • 接続エラー:赤いテキストで表示され、LMS365 がViva ラーニングに接続できないことを意味します。エラーの詳細を見るには「管理」を選択します。
  • 接続中:グレーテキストで表示され、LMS365がViva Learnigとの接続を確認していることを意味します。

LMS365コースプロバイダーのカスタマイズ

Viva Learnigでは、コースカードの左下隅に小さなロゴと、コンテンツプロバイダーの名前が表示されます。カードを選択すると、展開されたビューに同じロゴが表示されます。

既定では、LMS365コースには LMS365ロゴが表示されます。Viva Learnigパネルを使用して、組織のコースのプロバイダーのロゴと名前、および各プロバイダーに関連付けるカタログをカスタマイズできます。

LMS365 と Microsoft Viva Learnigの統合を最初に設定すると、既定のプロバイダー (LMS365) が一連のロゴと共に自動的に作成されます。使用可能なすべてのカタログ、つまり使用可能なすべてのコースがこのプロバイダーに関連付けられます。

既存の統合の場合、2023年9月のリリース以降、使用可能なすべてのカタログ、つまり使用可能なすべてのコースがプロバイダーに関連付けられます。現在のプロバイダーに関連付けられているカタログは変更することができます。

Viva Learningでは、複数のコンテンツプロバイダーを設定することができます。これにより、コースコンテンツを明確に分け、Viva Learningでのコースの表示をコントロールすることができます。
例えば、様々な言語のコースカタログが複数ある場合、Viva Learningで異なる言語カタログのコースを独自のプロバイダ名とロゴで表示することができます。受講者がViva Learningで固有の言語のカタログを選択すると、その言語のコースのみが表示されます。

また、各プロバイダーにカタログを割り当てることで、LMS365コースカタログの中から一部のコースのみをViva Learningに表示することができます。

一度LMS365とMicrosoft Viva Learningの統合が設定されると、1つのプロバイダを保持して、他のプロバイダを削除することができます。

 

コースプロバイダーの追加と編集

コースプロバイダーの追加、または編集は以下の手順で行います。

1.Viva Learning タイルで「管理」を選択します。Viva Learning パネルが開きます。

integration Viva8.png

Viva Learningパネルには、既存のプロバイダーが表示されます。

2.既存のプロバイダーを編集するには、プロバイダーを選択して「プロバイダーの編集」パネルを開きます。または、プロバイダーの追加を選択して、プロバイダーの追加パネルを開きます。

integration Viva9.png

プロバイダーの追加と編集の手順は同じす。違いは作業するパネルの名前だけです。

3.表示名を入力します。これはViva Learningのプロバイダーリストに表示されます。

4.「コースカタログ」フィールドを使用して、このプロバイダに関連付けるカタログを選択します。これは必須フィールドです。

「コースカタログ」フィールドをクリックし、ドロップダウンから関連するカタログを選択します。または、このプロバイダにすべてのカタログを関連付けるには、「すべてのカタログ」を選択します。すべてのカタログ」を選択すると、個別に追加されたカタログは削除されます。

カタログ名の右側にある X アイコンを選択して、不要なカタログを削除できます。

カタログ名はViva Learningには表示されませんが、各プロバイダのどのコースがViva Learningに送信されるかを決定するために使用されます。

既定では、Viva Learning内のコースには関連するプロバイダとしてLMS365ロゴが表示されますが、これらのロゴは変更することができます。

各テーマに応じて、次の画像をロゴに設定することができます。

  • 濃色テーマのフルサイズのロゴ:学習コンテンツの詳細ページに表示される長方形ロゴ
  • 濃色テーマの正方形ロゴ:学習コンテンツのカードに表示される正方形ロゴ
  • 淡色テーマのフルサイズのロゴ:学習コンテンツの詳細ページに表示される長方形ロゴ
  • 淡色テーマの正方形ロゴ:学習コンテンツのカードに表示される正方形ロゴ

5.変更するロゴにカーソルを合わせ、「画像を選択」を選択します。

capture6.png

あらかじめアップロードされている画像がすべて表示されます。

6.表示されている画像を選択するか、「アップロード」で新しい画像をアップロードします。

7.使用する画像を選択します。「削除」ボタンを選択すると選択した画像は削除されます。

8.「保存」を選択して、プロバイダーの追加(または編集)パネルに戻ります。

capture7.png

選択した画像は、Viva Learning からアクセス可能なすべてのコース、トレーニングプランに表示されます。

9.「保存」を選択し変更を適用します。

 

コースプロバイダーの削除

コースプロバイダーを削除すると、Viva Learningの利用可能なプロバイダーのリストに表示されなくなり、受講者はViva Learningの関連カタログからトレーニングを受講することができなくなります。

既定(LMS365)を含め、どのプロバイダも削除することができます。ただし、LMS365とMicrosoft Viva Learningの統合を機能させるには、少なくとも1つのプロバイダが必要です。プロバイダが1つしかない場合、削除アイコンはグレーアウトしています。アイコンにカーソルを合わせると次のメッセージが表示されます: 「少なくとも1つのプロバイダーが必要です。このプロバイダーを削除する前に、別のプロバイダを追加してください。"

注記:LMS365コースプロバイダーは、すぐにViva Learningから削除されません。LMS365で削除したプロバイダーが、Viva Learningから削除されるまでしばらく時間がかかります。

プロバイダーの削除は以下の手順で行います。

1.Viva Learningパネルで、該当するプロバイダーの右側にある削除アイコンを選択します。

integration Viva12.png

2.確認メッセージが表示されます。この操作は元に戻すことができません。操作を続行するには「削除」を選択します。

 

Viva Learning の接続を解除する

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者

接続を解除すると、LMS365とViva Learningの統合は解除され、以下のようになります。

  • LMS365 で定義したプロバイダーは、Viva Learning の利用可能なプロバイダーのリストに表示されません。
  • これまで同期されたコンテンツは、Viva Learningでは利用できなくなります。
  • コース、受講登録、コースのアクティビティは、LMS365とViva Learning間で同期されなくなります。

接続を解除(切断)すると、確認メッセージが表示されます。これを承認すると、LMS365とViva Learningで定義されたプロバイダー間のリンクが削除されます。この変更がLMS365とViva Learningの両方で処理されると、LMS365のコンテンツはViva Learningで利用できなくなります。

注記:コンテンツは即時にViva Learningから削除されません。サービスの切断を実行したあとコンテンツがViva Learningから削除されるまでには少し時間がかかります。

接続の解除は以下の手順で行います。

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者

1.LMS365管理センター>グローバル設定>LMS設定に移動し「統合コネクタ」を選択します。統合コネクタパネルが開きます。

2.「Viva Learning」タイルの「管理」を選択します。Viva Learningパネルが開きます。

3.Viva Learningパネルで「切断する」を選択します。

4.確認メッセージで「OK] を選択し切断します。

これで、LMS365とViva Learningとの接続が解除されます。