SharePointハブサイトの設定とグローバルナビゲーションのカスタマイズ

  • 更新

LMS365 でチームサイトやコミュニケーションサイトとして作成されたコースカタログは同じサイトコレクションであり、組織は、イントラネットユーザーが状況に応じて必要な情報を見つけられるようにすることが重要です。

ハブサイトは、関連するサイトのグループに対して共有の利用環境を作成し、グローバルナビゲーションを有効にしてカスタマイズすることで、ユーザーが SharePoint のどこからでも重要なコンテンツやリソースを見つけることができるようにするものです。

この記事では、SharePointハブサイトとは何か、ハブサイトを設定し、LMS365を含む組織のイントラネットリソースのSharePointアプリでグローバルナビゲーションを有効にしてカスタマイズする方法を説明したリソースへのリンクをご紹介します。

SharePoint ハブサイトの概要

SharePoint のハブサイトは、プロジェクト、部門、部署、地域など、組織属性に基づいてサイトを結び付け、編成することで、イントラネットを体系化するのに役立ちます。

SharePointハブサイトによって提供される主な利点は、階層や所有権ではなくリンクとして関係をモデル化するため、柔軟性と変更の余地があることです。

ハブサイトは、重要なニュースを伝える場として、共同作業のプラットフォームとして、企業文化の紹介や社内のニュースを掲載して従業員に情報を提供するホームページとして、また重要なトピックについて従業員に関心を持ってもらう場所としてなど、さまざまな形で活用することができます。

適切なプランでSharePointハブサイト作成すると、こうしたことが容易にできます。

サイトコレクションの管理者は、組織のブランド、目的、セキュリティポリシーに合わせて SharePoint ハブサイトをカスタマイズできます。

詳しくは マイクロソフトのドキュメント「SharePoint ハブ サイトを設定する」をご参照ください。

SharePoint アプリバーのグローバルナビゲーション

モダンサイトの左側にある SharePoint アプリバーには、サイト、ニュース、ファイル、リストなど、イントラネットリソースやパーソナライズされたコンテンツがまとめられています。

________1.png

グローバルナビゲーションを有効にすると、ユーザーは SharePoint 内の任意の場所から重要なイントラネットリソースに簡単に移動することができます。

グローバルナビゲーションを設定した場合、SharePoint のアプリバーに表示される最初のアイコンは組織のロゴになります。

________2.png

SharePoint のアプリバー上部のグローバルナビゲーションアイコン(組織のロゴ)には、組織のロゴ、タイトル、組織のニーズに応じて設定されたイントラネットポータルやリソースが表示されます。

詳しくはマイクロソフトのドキュメント「アプリ バーでグローバル ナビゲーションをカスタマイズする」をご参照ください。