LMS365 リリースについて

  • 更新

LMS365 は、お客様のニーズに合った学習環境を常に提供できるよう、機能の改善と改良に継続的に取り組んでいます。
およそ4週間ごとに、新しいメジャーバージョンをリリースし、新しい機能、機能の拡張や改善、バグフィックスを導入していきます。

LMS365 は SaaS(Software as a Service)製品であるため、このメジャーリリースはお客様の環境に自動的にロールアウトされ、最新の学習環境をご利用いただくことができます。

ここでは、お客様にメジャーリリースによる変更に対応していただくため、LMS365のリリースについてご説明します。


目次


リリース情報のお知らせ

LMS365のメジャーリリースがお客様の環境にロールアウトされる前に、必ず製品の変更をお知らせします。

リリース前:

  • 次に行われるリリースについて、3回分の予定日をLMS365ヘルプセンターの「製品とサービスのアップデート」の「リリーススケジュール」に掲載します。

リリース後:

  • リリースノートに新しい機能、機能の拡張や改善、修正に関するすべての情報を記載します。
  • LMS365ヘルプセンターの製品ガイドが更新されます。新機能や更新された機能の設定方法や使用方法について詳しく知りたい場合は、こちらに掲載のガイドをご覧ください。

 

製品に関わる重要な変更におけるプレビュー版

LMS365 は、製品の重要な変更をリリースする前に、お客様にプレビュー版を提供することがあります。

これにより、お客様は製品の変更がユーザーエクスペリエンスに影響を及ぼさないよう事前に準備することができます。また、お客様からの貴重なフィードバックに基づき、製品版としてリリースされる前にさらに検証し、改善して実装することができます。

 

リリースに関する情報の通知

LMS365ではリリースに関する情報は、管理センターのバナー通知や Viva Engage(Yammer) の LMS365カスタマーコミュニティの通知でお知らせします。

ここでは、製品リリースに関する情報、新しいリリースのロールアウトの完了、製品のプレビュ版の提供などをお知らせします。