コースにPowerPoint(.ppsx file)を追加するには

  • 更新

PowerPointプレゼンテーションは学習モジュールの一部としてコースに追加することができます。

LMS365プレイヤーでは、PowerPointプレゼンテーションはスライドショーとして動作します。

ここではラーニングモジュールにPowerPointプレゼンテーションを追加する方法についてご説明します。

PowerPointプレゼンテーション (.ppsx file ) の追加は、以下の手順で行います。

1.LMS365 管理センターのトレーニング管理でコースを選択し、コース管理パネルの「コースコンテンツ管理」を選択します。コース設定パネルのコンテンツセクションが開きます。

2.PowerPointプレゼンテーションを追加するラーニングモジュールを選択し「ラーニングモジュールの編集」を選択するか、新しいラーニングモジュールを追加します。が開きます。

3.ラーニングモジュールエディタで「ドキュメント ライブラリ」を選択します。

4.ドキュメントライブラリパネルの「ラーニングモジュールのドキュメントに移動」を選択し、SharePoint ドキュメントライブラリに移動します。

5.SharePoint ドキュメントライブラリの「アップロード」を使用して PowerPoint プレゼンテーション(.ppsx file )をアップロードします。

Add PowerPoint1.png

6.アップロードが完了したら、SharePoint で PowerPoint プレゼンテーションを開きます。

7.開いたPowerPointで、「ファイル」→「共有」→「埋め込む」の順に移動します。「大きさ」で、プレゼンテーションの幅と高さを調整します。

右下の「コピー」を選択して、埋め込みコードをコピーしてパネルを閉じます。

Add PowerPoint2.png

8.LMS365 のラーニングモジュールエディタで「埋め込みコード」を選択します。
タイトルを入力し、コピーした埋め込みコードを貼り付けます。

Add PowerPoint3.png

プレビューに表示された、プレゼンテーションはスライド間を移動することができます。プレゼンテーションのコピーのダウンロード、PDFへの印刷、プレゼンテーションの埋め込みコードの取得など、その他の機能も利用できます。

9.埋め込みコードパネルの「保存」を選択します。

10.ラーニングモジュールを「保存」します。

Add PowerPoint4.png