コース/ トレーニングプランにアクセス方法

  • 更新

ユーザーは、さまざまなプラットフォームを介してLMS365のコースやトレーニングプランにアクセスすることができます。トレーニングの進行状況は、利用可能なすべてのプラットフォームで同期されます。

ここでは、ユーザーが LMS365のコースやトレーニング プランにアクセスする方法についてご説明します。

LMS365のコースやトレーニングプランには次の場所からアクセスできます。

SharePoint ホームページ

利用可能なプラットフォーム: Microsoft SharePoint  Web ページ、Microsoft Teams

LMS365 で作成されたすべてのコースカタログには、ホームと呼ばれる既定の SharePoint ページがあります。
ユーザーはこのページから「トレーニング ダッシュボード」や「コースカタログ」、また組織のカスタマイズによりホームページで紹介されているコースやトレーニングプランに移動することができます。

capture1-2.png

access LMS2.png

ページトップへ

トレーニング ダッシュボード

利用可能なプラットフォーム :Microsoft SharePoint Webページ、Microsoft Teams、LMS365モバイルアプリ

このページには、テナント内のすべてのコースカタログから、ユーザーが登録したコースやトレーニングプラン、およびそれらの進捗など、パーソナライズした情報を表示します。

ダッシュボードには、左ナビゲーションメニューがあり、ユーザーはこのメニューを使用してトレーニングの進捗状況や受講履歴に関する情報を確認することができます。

capture2.png

capture2-2.png

capture2-3.png

ページトップへ

コースカタログ

利用可能なプラットフォーム: Microsoft SharePoint Webページ、Microsoft Teams、LMS365モバイルアプリ

LMS365 でコースカタログが作成されると、コースカタログ用のホームページが生成されます。
コースカタログには、ユーザがカタログ内で公開されているすべてのコースとトレーニングプランが表示されます。

ユーザー自身が目的に合ったトレーニングを見つけて開始するには、コースカタログが最適な場所です。

capture4-2.png

capture4-3.png

capture4-4.png

ページトップへ

LMS365Teams チャットタブ

利用可能なプラットフォーム: Microsoft Teams

LMS365 Microsoft Teams アプリのチャットタブでは、ユーザーは、LMS365ボットとの会話を通じてコースやトレーニングプランを探すことができます。
LMS365 ボットとの会話は、ボットコマンドを入力することで開始されます。
コースやトレーニングプランはトレーニングカードに表示され、ユーザーはそこからアクセスすることができます。

チャットタブの機能については、「LMS365 Microsoft Teams アプリとその機能>チャット タブ」で詳しくご説明しています。

capture14.png

ページトップへ

LMS365 通知のリンク

利用可能なプラットフォーム:Microsoft Outlook、Microsoft Teams、LMS365モバイルアプリ

LMS365では、電子メール、Microsoft Teamsの通知、スケジュールされた予定、LMS365モバイルアプリのプッシュ通知により、ユーザーに関連する通知を自動的に送信することができます。

LMS365の通知には、トレーニングホームページへのリンクが記載されており、ユーザーはここからコースやトレーニングプランホームページに移動することができます。
MS365の通知については「LMS365 の通知:概要と管理」をご参照ください。

capture15.png

capture15-1.png

capture15-2.png

ページトップへ

カレンダーイベント内のリンク

利用可能なプラットフォーム:Microsoft Outlook カレンダー、Microsoft Teams カレンダー、LMS365モバイルアプリ

カレンダーのイベントスケジュールは、コース(トレーニングプラン内のコースも含む)に登録されたユーザーの代わりに、LMS365によって作成されます。

ユーザーがカレンダーのイベントスケジュールを表示すると、トレーニングホームページのリンクとセッションのURLが記載されており、ユーザーはここからコースホームページに移動したり、セッションに参加することができます。

capture16.png

capture16-1.png

カタログ管理者が通知>Microsoft365接続設定の「コース セッションを組織のカレンダーで共有」オプションを有効にしている場合、ユーザーはこのカレンダーで今後予定されているセッションを見つけることができます。カレンダーイベントを表示すると、トレーニングのタイトルからコースホームページへ移動することができます。ただし、ユーザーがコースカタログへのアクセス権を持たない場合、コースホームページに移動することはできず、セッションへの招待を受けることができません。

access LMS15.png

ページトップへ

Teams でのチームの会話

利用可能なプラットフォーム:Microsoft Teams アプリ

LMS365 Microsoft Teams アプリでは、Teams の会話の中で、コースやトレーニングプランを共有することができます。

Teams でコースやトレーニングプランを共有する方法については、「LMS365 Microsoft Teams アプリとその機能>トレーニングの共有」をご参照ください。

capture17.png

ページトップへ

Microsoft Viva Learning

利用可能なプラットフォーム:Microsoft Viva Learning アプリ

LMS365 とMicrosoft Viva Learning の統合が接続されている場合、LMS365のコースとトレーニングプランが、他の学習コンテンツと共に Viva Learning に表示されます。

ユーザーは、Viva Learning から、コースやトレーニングプランを開いて受講を開始することができます。また、トレーニングの共有、リコメンド、ブックマーク、カレンダーに追加などもできます。

capture18.png

ページトップへ