ユーザーがコースやトレーニング プランにアクセスする方法

  • 更新

目次

はじめに

ユーザーは、Microsoft SharePoint Web ページ、Microsoft Teams、LMS365 モバイル アプリ、Viva Learning アプリケーションなど、さまざまなプラットフォームを通じて LMS365 コースとトレーニング プランにアクセスできます。進捗は、利用可能なすべてのプラットフォームで同期されます。

使用するプラットフォームに関係なく、ユーザーはさまざまな方法で LMS365 コースとトレーニング プランにアクセスできます。SharePoint ホームページ、トレーニング ダッシュボード、カタログ ホーム ページ、予定されているカレンダー イベント内のリンク、LMS365 通知、Teams で開いた LMS365 アプリの「チャット」タブ、Teams で共有された LMS365 コースやトレーニング プランへのリンク、Viva Learning アプリケーションを通じてアクセスすることができます。

 

ここでは、ユーザーが LMS365 コースとトレーニング プランにアクセスするさまざまな方法の概要について説明します。

 

SharePoint ホーム ページからアクセスする

利用可能なプラットフォーム:Microsoft SharePoint Web ページ、Microsoft Teams

LMS365 で作成されたすべてのカタログには、SharePoint サイトで作成される、ホームと呼ばれる既定の SharePoint ページがあります。ユーザーはこのページから、「トレーニング ダッシュボード」や「コース カタログ」のページのほか、組織がホーム ページをカスタマイズして紹介しているコースやトレーニング プランのページに移動できます。

 

Microsoft SharePoint Web ページでの SharePoint ホーム ページ

access LMS1.png

 

Microsoft Teams での SharePoint ホーム ページ

access LMS2.png

トレーニング ダッシュボードからアクセスする

利用可能なプラットフォーム:Microsoft SharePoint Web ページ、Microsoft Teams、LMS365 モバイル アプリ

このページには、テナント内のすべてのカタログから、ユーザーが登録したアクセス可能なコースとトレーニング プランのパーソナライズされた概要が表示されます。トレーニングの進捗も確認することができます。

トレーニング ダッシュボードには左ナビゲーション メニューがあり、ユーザーはセクション間を移動して、トレーニングの概要のほか、進捗や受講履歴に関する詳細情報を確認することができます。ユーザーはこのページでコースやトレーニング プランを検索し、受講することができます。

 

Microsoft SharePoint Web ページでのトレーニング ダッシュボード

access LMS3.png

 

Microsoft Teams でのトレーニング ダッシュボード

access LMS4.png

 

LMS365 モバイル アプリでのトレーニング ダッシュボード

access LMS5.png

カタログ ホーム ページからアクセスする

利用可能なプラットフォーム: Microsoft SharePoint Web ページ、Microsoft Teams、LMS365 モバイル アプリ

LMS365 でカタログが作成されると、カタログ用のホーム ページが生成されます。カタログ ホーム ページには、カタログ内で公開されているすべての利用可能なコースとトレーニング プランの概要が表示されます。

カタログ ホーム ページは、ユーザーが利用可能なコースとトレーニング プランの概要を把握し、関連するトレーニングを検索し、学習を開始するのに最適な場所です。

 

Microsoft SharePoint Web ページでのカタログ ホーム ページ

access LMS6.png

 

Microsoft Teams でのカタログ ホーム ページ

access LMS7.png

 

LMS365 モバイル アプリでのカタログ ホーム ページ

access LMS8.png

Teams の「チャット」タブからアクセスする

利用可能なプラットフォーム: Microsoft Teams

LMS365 Teams アプリの「チャット」タブでは、ユーザーは、LMS365 ボットとの会話を通じてコースとトレーニング プランを探すことができます。LMS365 ボットとの会話は、ボット コマンドを入力することで開始されます。コースとトレーニング プランはトレーニング カードに表示され、ユーザーはそこからすぐにアクセスできます。

「チャット」タブの機能の詳細については、こちらを参照してください。

access LMS9.png

 

LMS365 通知のリンクからアクセスする

利用可能なプラットフォーム: Microsoft Outlook、Microsoft Teams、LMS365 モバイル アプリ

LMS365 では、Eメール、Microsoft Teams 通知、スケジュールされた予定、LMS365 モバイル アプリのプッシュ通知により、関連するユーザーへの通知を自動送信することができます。

LMS365 の通知には、受信者を関連するトレーニングのホーム ページにリダイレクトするアクティブ リンクが含まれています。LMS365 (Learn365) 通知の詳細については、こちらを参照してください。

 

Microsoft Outlook メールで受信した通知

access LMS10.png

 

Microsoft Teams で受信した通知

access LMS11.png

 

LMS365 モバイル アプリで受信したプッシュ通知

access LMS12.png

カレンダー イベント内のリンクからアクセスする

利用可能なプラットフォーム: Microsoft Outlook カレンダー、Microsoft Teams カレンダー、LMS365 モバイル アプリ

カレンダー イベントのスケジュールは、コース (個々のコースまたはトレーニング プランの一部を構成するコース) に登録されているユーザーのために、LMS365 (Learn365) によって作成されます。ユーザーがカレンダー イベントを表示すると、トレーニングのタイトルがトレーニング ホーム ページへの直接リンクとして機能します。

 

Microsoft Outlook カレンダーでのイベント

access LMS13.png

 

Microsoft Teams カレンダーでのイベント

access LMS14.png

カタログ管理者が、組織の共有のOutlook カレンダーでコース カタログ カレンダー ビューの共有を有効にしている場合、ユーザーはこのカレンダーで今後予定されているセッションを見つけることができます。ユーザーがカレンダー イベントを表示すると、トレーニングのタイトルがコース ホーム ページへの直接リンクとして機能します。ただし、ユーザーがコース カタログへのアクセス権を持たない場合、コース ホーム ページにリダイレクトされず、セッションへの招待を受けることができません。

access LMS15.png

 

Teams で共有されているトレーニングにアクセスする

利用可能プラットフォーム:Microsoft Teams アプリ

Microsoft Teams では、ユーザーが関連する LMS365  コースとトレーニング プランを見つけ、Teams の会話の中で共有することができます。Teams でコースとトレーニング プランを共有する方法については、こちらを参照してください。

access LMS16.png

 

Microsoft Viva Learning アプリからアクセスする

利用可能プラットフォームViva Learning アプリ

LMS365 と Microsoft Viva Learning の統合が有効になると、LMS365 のコースが、組織で利用可能な他の学習コンテンツとともに Viva Learning に表示されます。組織内のユーザーは、Viva Learning にプッシュされた LMS365 コースを、組織が Viva Learning に表示することを選択した他の学習コンテンツと並べてカードで確認することができ、シームレスな学習体験が実現します。

ユーザーは Viva Learning から、コースを開いてトレーニングを開始したり、共有またはリコメンドしたり、今後のためにトレーニングをブックマークしたり、カレンダーに追加してトレーニングをスケジュールしたりすることができます。

 

Microsoft Viva Learning で利用可能な LMS365 コース

capture18.png