受講履歴の解説

  • 更新

ダッシュボードでは、トレーニング、認定証、およびコンピテンシーに関連する個人的な要約情報を追跡することができます。ダッシュボードに移動し、受講履歴タブをクリックします。

mceclip0.png

選択フィルタボタンをクリックすると、表示する情報をソートすることができます。(複数選択可能)mceclip1.png

トレーニングセクション:

トレーニングでフィルタリングした場合、受講者が登録しているすべてのトレーニングが表示されます。(未開始、受講中、完了のステータスが表示されます。)

mceclip2.png

トレーニングでフィルタリングすると、キャンセル、未公開、削除、インポートされたすべてのトレーニングが、名前のアルファベット>完了日の順でソートされて表示されます。

削除されたコースカタログのトレーニングもこのリストに表示されます。トレーニングが未公開、削除、インポートされている場合、トレーニングにアクセスすることはできません。

次の場合、トレーニングに関連する、認定証、コンピテンシーは表示されません。

  • ウエイトリストに追加されている場合
  • 受講申請をしたが、まだ承認されていない場合
  • すでにトレーニングに受講登録していたが、受講解除した場合
  • すでにトレーニングに受講登録していたが、トレーニングが未公開の場合

トレーニングセクションには、完了日とCEUも表示されます。セクション末段に、獲得、予定、および合計のCEU値を表示します。

mceclip3.png

認定証セクション:

すべての受講者の認定証(受講者に割り当てられているもの:予定、トレーニング完了後に付与されたもの:有効、失効)のステータス、発行日、有効期限が表示されます。既定値では発行日でソートされています。

mceclip2.png

コースまたはトレーニングプランに複数の認定証がある場合は、すべての認定証が表示されます。


コンピテンシーセクション:

すべてのレベルのすべてのコンピテンシー(予定、有効または失効)、付与日、失効日が表示されます。
付与者列には、このコンピテンシーが付与されたトレーニングのタイトル、または手動でコンピテンシーを付与した人の名前が表示されます。

mceclip3.png

付与されたコンピテンシーレベルが変更された場合は、このセクションに変更前と変更後の両方のレベルが表示されます。

削除されたトレーニング、未公開のトレーニング、公開終了したトレーニングは、アクセスできません。(タイトルはクリックできません。)これらのトレーニングには、対応するツールチップが表示されます。

mceclip1.png

管理者とライン管理者は、ライン管理者ダッシュボード>受講者選択>受講者の履歴を閲覧、およびLMS管理センター>受講者一覧>受講者を選択>受講者の履歴を閲覧で受講者の受講履歴を表示、ダウンロードできます。

ライン管理者は、ライン管理者ダッシュボードで選択した現在、またはすべてのコースカタログに基づいて受講者の受講状況の概要を表示できます。

PDF.レポートをダウンロードするには、[PDFに書出し]をクリックします。

mceclip4.png

 

PDFレポートには以下の情報が出力されます。

mceclip5.png

トレーニングセクション:

  • トレーニング名:コースとトレーニングプランのタイトル
  • ステータス:受講者の受講ステータス。未開始、受講中、完了のいずれかです。
  • 完了日:トレーニングの完了日
  • CEU:コース、トレーニングプランの完了時に受講者に割り当てられるCEU数

認定証セクション:

  • トレーニング名:コースとトレーニングプランのタイトル
  • ステータス:認定証のステータス。有効、期限切れ、予定のいずれかです。
  • 発行日:認定証の発行日
  • 有効期限:認定証の有効期限

コンピテンシーセクション:

  • コンピテンシー:コンピテンシーのタイトルとレベル
  • 付与者:コンピテンシーを達成したコース、またはコンピテンシーを付与した付与者。
  • ステータス:コンピテンシーのステータス。有効、失効、予定のいずれかです。
  • 付与日:コンピテンシーが付与された日付
  • 失効日:コンピテンシーが取り消された日付