LMS365 ライセンス情報

  • 更新

LMS365 ライセンスは、少なくとも 1 つのコースに登録した受講者に自動的に割り当てられます。

受講者がコースに登録されていない場合、LMS365 ライセンスは消費されません。

また以下の場合、ライセンスは解放されます。(再利用することができます。)

  • 受講者は LMS365 から完全に削除された場合
  • 受講者の Office 365 アカウントは無効化または削除された場合

LMS 管理者は、LMS 管理センター>設定>ライセンス情報から、ライセンスの有効化/無効化、ステータスの確認、ライセンスの使用状況に関するレポートの作成を行うことができます。

mceclip0.png

ライセンスは、1 つのテナントでのみ有効にすることができます。他のテナントで使用された場合、元のテナントは無効化されます。

注記:ライセンスの有効期限が迫っている場合、またはユーザー数の上限に達している場合は、ライセンスの更新、または延長のために14日間の猶予があります。ユーザーはこれらの期間中もLMS365で作業を続けることができます。