LMS365 Azure Active Directoryのアーキテクチャ

  • 更新

LMS365の設定を行い、同意に承諾すると、以下の3つのアプリケーションが自動的に追加されます。

mceclip0.png

 

LMS365:LMS365の管理者側Webアプリケーションです。このアプリケーションは、LMS365 API、Graph API、SharePointなどへのアクセス権を要求します。アクセス権の一覧は承諾時に見ることができます。

LMS365 API:クライアントがアクセス権を要求するLMS365 APIアプリケーションです。

LMS365 API Client:LMS365 APIのネイティブクライアントです。主にLMS365モバイルアプリケーションで利用されています。また、TeamsやWebエンドポイントでも使用されています。

注記:「すべてのアプリケーション」パネルからアプリケーションを非表示にする場合は、Microsoft社のAzure Active Directory のエンドユーザーに対してエンタープライズ アプリケーションを非表示にするをご参照ください。