モダンサイトへ移行後の変更点

  • 更新

ここでは、LMS365 カタログ&ホームページ移行による LMS への変更点について説明します。

最新のコースカタログを利用するには、LMS365|Course Creator and Catalog add-inを最新のリリースにアップデートする必要があります。

移行すると、LMS365のインストールに以下のような変更が加えられます。

  • 旧コースカタログを新コースカタログへアップグレード
  • 古いコースカタログページの保存と名前の変更
  • 既存のすべてのコースホームページをLMS365 V2.0のルック&フィールに更新
  • コースサイトのホームページに登録ボタンを追加
  • すべてのコースサイトを更新し、デフォルトの「Everyone」グループにコースホームページへの読み取り専用アクセスを許可する。

移行後は元に戻すことはできません。ユーザーがアップデートの準備ができていることを確認して実行してください。

ローカルのSharePointアプリカタログでアドインが更新され、LMS365サイト(コレクション)でも更新されると、LMS365管理者には古いコースカタログに新しいカタログが利用可能であることを知らせる通知が表示され、移行のメッセージが表示されます。
mceclip0.png
[移行する]をクリックすると、Webパーツの更新を開始します。

移行が完了すると、完了確認メッセージに旧コースカタログへのリンクが表示されます。

注記:新しいコースカタログを利用するには、コースを更新する必要があります。新しいコースカタログは登録がサポートサポートされていません。また、古いコースではホームページに登録オプションがありません。

注記: V1.xのコースサイトを更新すると、自動的に新しいコースホームページが作成され、古いコースホームページは「...SitePages/Course_v1.aspx」として保存されますが、追加されたLMS365以外のコンテンツは移行されません。

旧カタログと新カタログの違い:

デザイン

  • カード&リストビュー
  • コースタイプでの絞り込み
  • 日付で検索

構成

  • レフトナビゲーションのカテゴリー、コースタイプ、コース日付の選択
  • ホームページのカテゴリー、コースタイプ、コースの日付の選択
  • カテゴリー別のボタンの追加

全てのレスポンシブ

[すべてのコース」や「受講中のコース」などのフィルタリング機能など、「オリジナルダッシュボード」の機能を削除しました。また、「受講登録」は、コースカタログからコースホームページに移動しました。