データフロー

  • 更新

ここでは、LMS365ソリューションにおけるデータの流れと保存についてご説明します。

Data_Flow_Diagram1.png

LMS365の運用・メンテナンス・データの場所

LMS365は、すべてMicrosoft Azure Platform as a Service(PaaS)を利用して構築されています。
すべてはMicrosoft Azure Cloudで安全に運用され、ELEARNINGFORCE社によって完全に管理されています。

サービス型ソフトウェア(SaaS)製品として、LMS365のサブスクリプションにはメンテナンスとアップデートが含まれており、お客様は常に最新の状態で製品を利用することができます。

現在、LMS365は8つの地域のAzureデータセンターと、米国GCCと、GCC Highテナントの双方にサービスを提供する米国政府のAzure Cloudで利用できます。

お客様は、初回インストール時に、データ保管先として利用するAzureデータセンターをお選びいただけます。

ユーザーと認証

LMS365 は、すべてのユーザーと認証にMicrosoft Entra ID(Azure Active Directory)が提供する Microsoft 365 のIDモデルを利用します。

LMS365 では、お客様ごとに専用のデータベースを用意し、そこにすべての受講者記録を保存します。専用のデータベースを持つことで、他のお客様からデータにアクセス、閲覧されることはありません。

ユーザーと認証については、認証(Authentication)をご参照ください。

コンテンツの保存

SCORMとAICCパッケージ、コース、および認定証テンプレートは、Azure Shared Blob Storageに保管されます。お客様は、ご自身のコンテンツのみ閲覧することができます。

ラーニングモジュール、クイズ、課題で使用されるWord文書、PowerPoint、PDF、Streamビデオなどその他のコンテンツはすべて、お客様の Microsoft 365 SharePoint Online テナントに保存されます。

詳細については、個人情報とデータの保存をご参照ください。

インテグレーション

LMS365は、LMS365コネクタを使用して、Azure Logic Appsおよび Microsoft Power Automateと連携できます。 さらに、LMS365はフル機能のAPIを備えており、WorkdayやSAPなど他のエンタープライズアプリケーションと統合することもできます。