Microsoft Graph (アプリケーションの許可)

  • 更新

LMS365の受講者一覧では、LMS管理者、およびコース管理者は受講者名や管理者名、また会社名、所属部署などを確認することができます。

このような情報を提供するために、LMS365は定期的にMicrosoft Graphをチェックし、このデータをLMS365アプリケーションと同期させ、記録を最新の状態に保っています。そのため、LMS365は、Microsoft Graphを読み取るために、サインインしていないユーザーに対して、いくつかのアプリケーション・スコープの許可を必要とします。

すべてのディレクトリのRBAC設定を読み込み:

RBACとは、Role-Based Access Control(ロールベースアクセス制御)の略です。LMS365 管理者のインストールや割り当てなど、一部の機能は Office 365 グローバル管理者のみが行うことができます。LMS365 は、ユーザーがどのような役割を持っているか、また Office 365 グローバル管理者であるかどうかを読み取る許可を必要とします。

すべてのグループメンバーの閲覧:

LMS365では、Azure Active Directoryと Office 365 Groupsを使用してトレーニングに追加された受講者に、グループメンバーを読み取ることを許可します。

すべてのユーザーの全プロフィールを読む:

LMS365では、「アカウント名」「ユーザー表示名」「メールアドレス」「部署」「役職」「オフィス」「国」「都市」「マネージャーID/メール」が同期されます。受講者一覧ではこれらのフィールド使用した検索、フィルタリング、レポートの出力を行うことができます。