システムレジリエンス(回復力)Azure ペアリージョン

  • 更新

LMS365プラットフォームは、世界の複数の地域で安全に運用されているMicrosoft Azure上の冗長化されたインフラで運用されています。本システムの可用性は、Microsoft Azure Cloudによって保証されています。

Azureジオグラフィとは、少なくとも1つのAzureリージョンを含む世界の定義されたエリアのことです。Azureリージョンとは、1つ以上のデータセンターを含む、地理的に定義された地域のことです。

BCDR(Business Continuity and Disaster Recovery)を確保するために、各Azureリージョンは、同じ地域内の別のリージョンとペアになっており、一緒にペアリージョンを構成しています。

georegiondatacenter.png

LMS365ジオグラフィ

ペアとなっているリージョン

 Americas  Central US  East US 2
 Asia Pacific  Japan East  Japan West
 Australasia  Australia East  Australia Southeast
 Canada  Canada Central  Canada East
 Europe  North Europe (Ireland)  West Europe (Netherlands)
 Germany  Central Germany  Northeast Germany
 United Kingdom (UK)  UK South  UK West
 US Government  US Gov Virginia  US Gov Texas

ペアリングされた地域の例

以下の図は、ディザスタリカバリ(災害復旧)のためにペアリージョンを使用する仮想的なアプリケーションを示しています。緑色の数字は、3つのAzureサービス(Azure compute、storage、database)のリージョンをまたいだアクティビティと、リージョンをまたいでレプリケートするように構成されていることを強調しています。ペアとなるリージョンに展開することで得られる独自のメリットは、オレンジ色の数字で強調されています。

 

仮想的なAzureのペアリージョンFigure 2 – Hypothetical Azure regional pair

 

ペアリングされた地域の利点:

  • 物理的な分離:可能であれば、Azureは、地域ペアのデータセンター間に少なくとも300マイルの分離が望ましいのですが、すべての地域で現実的または可能というわけではありません。物理的にデータセンターを分離することで、自然災害、内乱、停電、物理的なネットワーク障害などが両地域に同時に影響を与える可能性を低減します。分離は、地域内の制約(地域の規模、電力/ネットワークインフラの可用性、規制など)に左右されます。
  • プラットフォームが提供するレプリケーション:Geo-Redundant Storageなどの一部のサービスでは、ペアリングされたリージョンへの自動レプリケーションが提供されています。
  • リージョンの復旧順序:広範な障害が発生した場合、すべてのペアのうち、1つのリージョンの復旧が優先されます。対になっている地域に配置されているアプリケーションは、どちらかの地域が優先的に復旧することが保証されています。対になっていない地域にアプリケーションを配置した場合、復旧が遅れる可能性があります。最悪の場合、選択した地域が最後の2つの地域になる可能性があります。
  • 更新の順次:計画されたAzureシステムの更新は、ダウンタイムやバグの影響、まれに不具合のある更新が発生した場合の論理障害を最小限に抑えるために、同時にではなくペアとなるリージョンに順次展開されます。
  • データの居住性:リージョンは、税務および法執行機関の管轄目的のためのデータ居住性要件を満たすために、そのペアと同じ地理的範囲内に居住します(ブラジル南部を除く)。

詳細についてはこちらのビジネス継続性とディザスター リカバリー (BCDR)をご参照ください。