LMS365のリリース(アップグレード)について

  • 更新


LMS365は、6週間ごとに新機能の追加や改善、バグ修正を行ったメジャーバージョンをリリースしています。

LMS365はSaaS(Software as a Service)製品なので、このメジャーリリースはお客様の環境に自動的にロールアウトされます。お客様とお客様の組織に最新の学習環境を提供します。

リリースコミュニケーションプロセス:

製品の変更がお客様の環境に展開される前に、リリースに先立って変更点を発表します。

予定されたリリースごとに、LMS365ヘルプセンターのリリース情報にリリースハイライトを公開します。
この記事は継続的に更新され、今後のリリースについて現時点で提供できる限りの詳細情報が掲載されます。

  1. 日付
    LMS365の新バージョンがリリースされるとすぐに、次のリリースのためのリリースハイライトを公開し、その予定日とロールアウトの時間を発表します。

  2. リリースのハイライト
    リリースの14日前になると、次回リリースの主な変更点、改善点、新機能などの情報をリリースハイライトに更新します。

  3. リリース予定の機能、変更点、改善点の詳細について
    リリース予定日までの1週間は、追加される機能や変更、改善点について明確に理解していただくため、より詳しい情報やスクリーンショット等を提供します。

  4. リリースに関するすべての情報を公開
    新しいリリースが公開されると、すべての新機能、変更点、改善点、バグフィックスなどの情報をLMS365ヘルプセンターのリリースノートに掲載します。
    また、関連するすべての製品ガイドが更新されます。新機能の設定方法の詳細については、各ガイドをご覧ください。

重要な製品変更が予定されている場合:

製品の重要な変更点をリリースする前に、お客様にプレビュー版を提供することがあります。

これにより、重要な変更が与えるユーザーエクスペリエンスの影響に備えることができ、重要な機能をリリース前にテストして動作の確認、調整をすることができます。

次のリリースに関する情報の通知:

EFI社よりLMS365 Admin Centerのバナーに通知されます。リリースハイライトの更新はメールにてご連絡いたします。