LMS365アクセシビリティ

  • 更新

LMS365は、すべての人に平等に知識にアクセスする機会を提供するよう心がけています。私たちは常にLMS365のアクセシビリティを向上させています。現在、コースとトレーニングプランのホームページ、およびLMS365プレーヤーは、スクリーンリーダー(たとえば、 jaws)やキーボードで利用できます。プレーヤーのデザインは、AAレベルのカラーコントラストに対応しています。

ステータスを読みやすくするため、トレーニングダッシュボードとトレーニングページの外観は、標準のモダン SharePoint Light & Darkテーマを使用してください。

SharePointカスタムテーマを適用した際のステータスの読みやすさについては、サポートしていません。カスタムテーマを使用する場合は、お試しいただくことをお勧めします。

受講者はスクリーンリーダーやキーボードを使って、ホームページから簡単にトレーニングに参加することができます。すでに登録されている受講者は、ホームページからトレーニングを開始することができます。

ご注意ください:トレーニングの評価や課題のアクセシビリティはサポートしておりませんのでご了承ください。また、ブラウザ「Microsoft Edge Legacy」には完全にサポートされません。

受講者がトレーニングに登録すると、スクリーンリーダーは、コースのタイトル、登録通知およびコース情報領域で利用可能なその他のボタンやリンク (進捗ステータス、ウエイトリストなど) を読み取ります。

次の点に注意してください:

  • Internet Explorer11では、トレーニングホームページの再生ボタンとロックされたアイコンは非アクティブであっても、アクティブリンクとして読み取ります。
    スクリーンリーダーは、展開(縮小)ボタンを説明やすべての学習コンテンツとともに読み取ることもできます。
  • スクリーンリーダーがコンテンツを読み取る方法を変更することを防ぐためには、すべての学習項目を含む1つのラーニングモジュールのみを使用してコースを作成することをお勧めします。

以下は、LMS365プレイヤーで利用できる学習教材です。これらを使用して、アクセシブルなコースを作成することができます。

以下のラーニングモジュールアイテムのアクセシビリティに対応しています。

  • Microsoft steam
  • Microsoft Sway
  • Microsoft Forms
  • YouTube
  • Office Video
  • コンテンツエディター
  • クイズ

次の点に注意してください。

  • 受講者がラーニングモジュール内で異なるタイプのコンテンツ (マルチメディア、コンテンツ、ファイル&ウェブサイト、その他の埋め込みコード) を使用している場合、スクリーンリーダーの動作が異なることがあります。
  • 埋め込みドキュメント( Word、 Excel、 PowerPoint、PDFファイルなど)およびコード(Vimeo、Flickrなど)のアクセシビリティは、埋め込みファイル自体により動作が異なる場合があります。
  • コンテンツパッケージと外部アプリケーションのアクセシビリティは、パッケージもに依存しています。

以下のクイズの設問タイプのアクセシビリティに対応しています。

  • 単一選択問題
  • 複数回答
  • ◯×問題
  • 画像内領域選択
  • 記述問題
  • 自由記述

次の点に注意してください:

  • 並び替え、穴埋め、組み合わせの問題のアクセシビリティは対応しておりませんのでご了承ください。

スクリーンリーダーが学習コンテンツを読み取るしくみ

受講者が教材を切り替えると、スクリーンリーダーはコースシラバスではなくメインコンテンツに焦点を合わせます。

mceclip0.png

次の点に注意してください:

  • スクリーンリーダーがコンテンツを読み取る仕組みについては、まだいくつかの矛盾が生じる可能性があります。そのため、コンテンツにもっとも適した仕組みを見つけるために、ある程度試してみることをお薦めします。