LMS365アクセシビリティ

  • 更新

LMS365は、すべての人に学びを提供するため、LMS365のアクセシビリティを向上に取り組んでいます。

現在、コースとトレーニングプランのホームページ、およびLMS365プレイヤーは、スクリーン・リーダー(たとえば、 jaws)やキーボードで利用できます。プレイヤーのデザインは、AA レベルのカラーコントラストに対応しています。

  • トレーニングダッシュボードとトレーニングWebパーツには、標準的なモダンSharePointのライトテーマとダークテーマを使用してください。
  • SharePointカスタムテーマを適用した際のステータスの読みやすさについては、サポートしていません。カスタムテーマを使用する場合は、お試しいただくことをお勧めします。
  • Microsoft Edgeレガシーには対応していません。

受講者はスクリーンリーダーやキーボードを使って、ホームページから簡単に受講することができます。すでに登録されている受講者は、ホームページからトレーニングを開始することができます。

複数のセッションに登録するタイプのコースの場合、コースホームページで「セッション」セクションを選択すると、スクリーン・リーダーが表示されます。

  • 複数のセッションを選択するオプションがあることをユーザーに通知します。
  • 選択したセッションの数をユーザーに知らせます。

受講者がコースやトレーニングプランに登録すると、スクリーン・リーダーは、トレーニングのタイトル、登録通知、および情報セクションで利用できるボタンやリンク(例えば、進捗状況、ウエイトリストなど)を解釈することができます。また、スクリーン・リーダーは、説明およびすべての学習オブジェクトとともに、展開/折りたたみボタンを解釈することもできます。

評価と課題のWebパーツのアクセシビリティについては、十分にサポートされていません。

スクリーン・リーダーがコンテンツの解釈方法を変えないように、すべての学習コンテンツを含む1つのラーニングモジュールのみを使用してコースを作成することをお勧めします。

以下は、LMS365プレイヤーで利用できる学習コンテンツです。これらを使用して、アクセシブルなコースを作成することができます。

以下のラーニングモジュールのアクセシビリティをサポートしています。

  • Microsoft Stream
  • Microsoft Sway
  • Microsoft Forms
  • YouTube
  • Office Video
  • コンテンツエディター
  • クイズ
  • 受講者がラーニングモジュール内で異なるタイプのコンテンツ(マルチメディア、コンテンツ、ファイル、Webサイトリンク、埋め込みコード)を操作する場合、スクリーンリーダーの動作が異なることがあります。
  • 埋め込みドキュメント( Word、 Excel、 PowerPoint、PDFファイルなど)およびコード(Vimeo、Flickrなど)のアクセシビリティは、埋め込みファイル自体により動作が異なる場合があります。
  • コンテンツパッケージのアクセシビリティは、パッケージもに依存しています。

以下のクイズの設問タイプのアクセシビリティをサポートしています。

  • 単一選択問題
  • 複数選択問題
  • 正誤問題
  • 領域選択問題
  • 記述問題
  • 自由記述

並び替え、穴埋め、組み合わせの問題のアクセシビリティはサポートしておりません。

スクリーンリーダーが学習コンテンツを解釈する方法

受講者が学習項目を切り替えると、スクリーンリーダーはコースシラバスではなくメインコンテンツに焦点を合わせます。

Accessibility1.png

スクリーンリーダーがコンテンツを解釈する方法については、いくつかの矛盾が生じることがあります。そのため、コンテンツにもっとも適した方法を見つけるため、いくつかの方法をお試しいただくことをお勧めします。

弊社はLMS365 を快適にご利用していただくため、製品の向上に努めています。製品に関するお客様からのご意見、ご要望をお待ちしております。