LMS365アクセシビリティ

  • 更新

現在、コースとトレーニングプランのホームページ、およびLMS365プレイヤーは、スクリーンリーダー(例:jaws)やキーボードから利用できます。LMS365プレイヤーのデザインは、AAレベルのカラーコントラストに準拠しています。

注記: ステータスを読みやすくするために、「マイトレーニングダッシュボード」と「トレーニング」のページの外観は標準的なモダンSharePoint Light & Darkテーマを使用してください。
  SharePointカスタムテーマでのステータスの可読性についてはサポートしていません。使用する場合は、一度設定してお試しいただくことをお勧めします。

受講者は、スクリーンリーダーやキーボードを使って、ホームページから簡単にトレーニングに受講登録することが可能となりました。すでに登録済みの受講者は、ホームページからトレーニングを開始することができます。

注記: トレーニングの評価や課題のアクセシビリティはサポートしておりませんのでご了承ください。
  「ブラウザ:Microsoft Edge Legacy」は完全にはサポートされていません。

受講者がトレーニングに登録すると、スクリーンリーダーは、コースタイトル、登録通知、およびコース情報エリアの下にあるその他のボタンやリンク(例えば、「進捗状況」、「キャンセル待ち」など)を解釈します。

注記: Internet Explorer 11でスクリーンリーダーを使用した場合、トレーニングのホームページにある非アクティブの受講とロックされたアイコンをアクティブとして解釈します。
  スクリーンリーダーが正しく動作するために(解釈の齟齬を防ぐために)、すべての学習教材を含む1つのラーニングモジュールのみを使用してe-Learningコースを作成することをお勧めします。

以下は、LMS365 プレイヤーでアクセス可能なラーニングオブジェクトです。これらを利用して、アクセシブルなコースを作成することができます。

ラーニングモジュールのアイテム:

  • Microsoft steam
  • Microsoft Sway
  • Microsoft Forms
  • YouTube
  • Office Video
  • コンテンツ
  • Quiz questions

受講者がラーニングモジュール内のさまざまな種類のコンテンツ(マルチメディア、コンテンツ、ファイル&ウェブサイトまたはその他の埋め込みコード)を扱う場合、スクリーンリーダーの動作が異なる場合があります。

埋め込まれた文書(Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint、PDFファイルなど)や、コード(Vimeo、Flickrなど)のアクセシビリティは、埋め込まれたファイル自体によって異なる動作をする場合があります。

コンテンツパッケージと外部アプリのアクセシビリティは、パッケージにも依存します。

クイズ問題の種類:

  • 単一選択問題
  • 複数回答
  • ◯×問題
  • 画像内領域選択
  • 記述問題
  • 自由記述

並び替え、穴埋め、組み合わせの問題のアクセシビリティはサポートしておりませんのでご了承ください。

受講者が学習オブジェクトを切り替えると、スクリーン・リーダーは主要なコンテンツに焦点を当てます。

mceclip0.png

しかし、スクリーン・リーダーのコンテンツを解釈する仕方については、若干の不一致が生じる可能性があります。そのため、実際に試してみて、コンテンツに最も適した構造を見つけることをお勧めします。