コース カタログ ページの検索とフィルター

  • 更新

目次

はじめに

ここでは、ユーザーがコース カタログのカード ビュー、リスト ビュー、カレンダー ビューで目的のトレーニングや正確なセッションを見つけるために、コース カタログ ページで利用できる検索とフィルター オプションについて説明します。

 

検索とフィルター オプション

コース カタログ ページで目的のコースやトレーニング プランを簡単に見つけるために、ユーザーは検索フィールドやフィルターを使用することができます。適用できるフィルターは、「カテゴリー」、「トレーニング タイプ」、「セッション開催日」、「セッション タイプ」、「コース セッション講師」、「セッションの場所」、「スキル」、「外部のコンテンツを含む」です。また、ユーザーがお気に入りとしてマークしたコースとトレーニング プランは、各コースとトレーニング プラン カードのお気に入り (ハート) アイコンで識別できます。

既定では、ユーザーはコース カタログで公開されているコースとトレーニング プランのみ利用できます。

 

注記:

LMS365 のユーザーロールは、ユーザがカタログのどのコースとトレーニング プランにアクセスできるかを定義し、適切な権限を割り当てます。カタログ管理者は、カタログ内のすべてのコースとトレーニング プランにアクセスできます。

LMS365 のロールと権限の詳細については、こちらを参照してください。

 

Search and filter1.png

 

検索フィールドを使って検索する

「コース カタログの検索」フィールドを使用して、コースとトレーニング プランを検索できます。

検索機能は、検索ワードで始まる単語だけでなく、検索ワードを含む単語を検索します。検索の対象となるコースとトレーニング プラン情報は、以下のとおりです。

  • タイトル
  • トレーニング タイプ
  • 概要説明または詳細説明
  • カテゴリー
  • タグ
  • コース管理者名
  • 講師名
  • セッションの場所
  • スキル

複数のワードをスペースで区切って入力すると、入力したすべてのワードを含むコースとトレーニング プランを検索できます。この方法で検索ワードを入力した場合、スペースは AND コマンドとして処理されます。

 

注記:

検索機能では、ワイルドカードはサポートされていません。

AND と OR は、ユーザー コマンドとしてサポートされていません。

 

例:

ユーザーが検索フィールドに「welcome admin」と入力した場合、コースのタイトル フィールドに「Administration」という単語があり、詳細説明フィールドに「Welcome」という単語が含まれている、「Security administration in the company」コースが返されます。

Search and filter2.png

 

フィルターを使って検索する

カタログ管理者がコース カタログの Web パーツ設定で「フィルターを表示」オプションを有効にしている場合、ユーザーはコース カタログに適用されたビューに応じて、コース、トレーニング プラン、セッションをフィルタリングできます。

  • コース カタログのカード ビューとリスト ビューでは、カテゴリ、トレーニング タイプ、セッション開催日、セッション タイプ、コース セッション講師、セッションの場所、スキルで、コースとトレーニング プランをフィルタリングできます。設定したフィルターに一致するコースまたはトレーニング プランの数が、該当するフィルター名の横のかっこ内に表示されます。
  • 講師によるトレーニングのカード ビューとリスト ビューでフィルタリングした場合、セッションの有無に関係なくコースの一覧が返されます。

カレンダー ビューでは、設定されたフィルターに一致する講師によるトレーニングのセッションのみが返されます。セッションのない講師によるトレーニングはこのビューには表示されませんが、カード ビューとリスト ビューには表示されます。

「コース セッション講師」フィルターでは、かっこ内の数字は、選択したユーザーが 1 つ以上のセッションの講師に割り当てられている講師によるトレーニングの数を表しています。

 

カテゴリー

カード ビューとリスト ビューでは、左メニューの「カテゴリー」フィルターを使用して、カテゴリー、サブカテゴリー、またはカテゴリー無の、該当するチェックボックスを選択して、カタログ内のコースとトレーニング プランをフィルタリングできます。「カテゴリー無」オプションは、カテゴリーが割り当てられていないコースまたはトレーニング プランが、カタログに 1 つ以上存在する場合にのみ表示されます。カレンダー ビューでは、設定されたカテゴリー フィルターに一致する講師によるトレーニングのセッションのみが返されます。セッションの有無にかかわらず、すべての講師によるトレーニングを検索するには、カード ビューまたはリスト ビューに変更する必要があります。

ユーザーが親カテゴリーを選択した場合、そのサブカテゴリーも自動的に選択されます。このルールは、「カテゴリー別に表示」ボタンを使用して設定したフィルターにも適用されます (Web パーツ設定の「カテゴリー オプション (ボタンの表示)」が有効になっている場合)。 ユーザーは、サブカテゴリーのチェックボックスをオフにして、該当するトレーニングのみを表示することができます。

また、ユーザーはカテゴリー フィルターのアイコンを選択して、カテゴリーのフィルタリング ロジックを変更できます。これを行うには、「カテゴリーのフィルタリング ロジック」の次のいずれかのラジオボタンを選択します。

いずれか一致:フィルタリングの結果には、選択したカテゴリーのいずれかに一致するコースとトレーニング プランが表示されます。

すべて一致:フィルタリングの結果には、選択したすべてのカテゴリーに一致するコースとトレーニング プランが表示されます。この場合、選択したカテゴリーに「カテゴリー無」があると、フィルタリングの結果には、コースやトレーニング プランが表示されません。

この設定は、左側のカテゴリーと、「カテゴリー別に表示」ボタンを使用して設定したフィルターにも適用されます (Web パーツ設定の「カテゴリー オプション (ボタンの表示)」が有効になっている場合)。

カタログで使用可能なすべてのカテゴリーのリストを表示するには、カテゴリー リストの下にある「さらに表示+」を選択します。

Search and filter3.png

 

カタログ管理者は、カタログ ページでユーザーが適用できるフィルターを選択することができます。詳細については、こちらを参照してください。

 

トレーニング タイプ

カード ビューとリスト ビューでは、左メニューの「トレーニング タイプ」フィルターを使用して、トレーニング タイプでコースとトレーニング プランをフィルタリングできます。カレンダー ビューでのこのフィルタの動作については、こちらを参照してください。

カタログ管理者は、コース カタログの Web パーツ設定を変更することで、フィルターとして使用できるトレーニング タイプを設定できます。Web パーツ設定の詳細については、こちらを参照してください。

Search and filter4.png

 

セッション開催日

左メニューの「セッション開催日」フィルターを使用して、設定した日付範囲内のセッション開催日で講師によるトレーニング コースをフィルタリングできます。日付範囲を設定するには、「セッション開催日」フィールドを選択して表示されたパネルで、開始日と終了日を選択し、X アイコンを選択して日付セレクタを閉じます。

コースにアクティブなセッションがない場合、このフィルターは表示されません。講師によるトレーニング コースは、コース セッションの開始日と終了日でフィルタリングされます。セッションのないコースはフィルタリングされません。フィルターを解除するには、「セッション開催日」フィールドの上にある「リセット」を選択します。

カード ビューとリスト ビューでは、設定した日付範囲内のセッション開催日でフィルタリングされた講師によるトレーニング コースが返されます。カレンダー ビューでは、設定された日付範囲内のセッションが明確に表示されます。

Search and filter5.png

 

セッション タイプ

「セッション タイプ」フィルターを使用して、アクティブなコース セッション タイプでセッション ベースのコースをフィルタリングできます。

  • オンサイト:物理的な場所 (会議室)
  • バーチャル:オンライン会議

講師によるトレーニング コースでは、オンサイト セッションとバーチャル セッションを組み合わせて設定できるため、両方のフィルター パラメーターを同時に選択することができます。

Search and filter6.png

 

コース セッション講師

カタログ管理者は、カタログの WEB パーツ設定で「コース セッション講師」フィルターを有効にして、ユーザーがこのフィルターを適用できるようにする必要があります。

コース カタログがカレンダー ビューの場合、このフィルターは、選択した講師が 1 つ以上のセッションの講師に割り当てられているコースのすべてのセッションを返します。

コース カタログがカード ビューまたはリスト ビューの場合、このフィルターは、選択したユーザーが 1 つ以上のセッションの講師に割り当てられているすべての講師によるトレーニングを返します。

「コース セッション講師」を使用すると、ユーザーは、選択した講師によって少なくとも 1 つのセッションが開催、または予定された講師によるトレーニングをフィルタリングすることができます。このために、ユーザーは該当する講師のチェックボックスをオンにして、それに応じてコースをフィルタリングします。「コース セッション講師」フィルターは、アクティブなセッションまたは過去のセッションのすべてのセッション講師をリストします。

Search and filter7.png

 

セッションの場所

カタログ管理者は、カタログの WEB パーツ設定で「セッションの場所」フィルターを有効にして、ユーザーがこのフィルターを適用できるようにする必要があります。

コース カタログがカード ビューまたはリスト ビューの場合、このフィルターは、選択した場所が 1 つ以上のセッションに設定されているすべての講師によるトレーニングを返します。

コース カタログがカレンダー ビューの場合、フィルタリングの結果には、フィルターで選択した場所が設定されているセッションが明確に表示されます。カレンダー ビューの詳細については、こちらを参照してください。

「セッションの場所」フィルターを使用すると、フィルターで選択した場所が、コース内の少なくとも 1 つのセッションに設定されている講師によるトレーニングをフィルタリングできます。このために、ユーザーは該当する場所のチェックボックスをオンにして、それに応じてコースをフィルタリングします。「セッションの場所」フィルターは、アクティブなセッションまたは過去のセッションのすべてのセッションの場所をリストします。

使用可能なすべての場所を表示するには、「さらに表示+」を選択します。フィルターを解除するには、「セッションの場所」フィルターの「リセット」を選択する必要があります。

Search and filter8.png

 

スキル

コース カタログがカード ビューまたはリスト ビューの場合、「スキル」フィルターを使用して、選択したスキルを付与するコースとトレーニング プランのみを表示するように選択できます。講師によるトレーニングにおけるセッションの有無はフィルターに影響しません。

カレンダー ビューでは、このフィルターは、設定したスキルに関連付けられているコースのすべてのセッションを返します。

使用可能なすべてのスキルを表示するには、「さらに表示+」を選択します。フィルターを解除するには、「スキル」セクションの「リセット」を選択します。

Search and filter9.png

 

注記:

検索やフィルタリングを実行すると、自動的に検索条件がコース カタログ ホーム ページの URL に追加されます。以下に例を示します。

https://elearningforce.sharepoint.com/sites/archive-2020-0715T091506Z/sites/va-pa/SitePages/Course%20Catalog.aspx? lms365cc=%7B%22sd%22%3A%222017-12-

15T21%3A00%3A00.000Z%22%2C%22ed%22%3A%222018-01-

14T21%3A00%3A00.000Z%22%7D">https://elearningforce.sharepoint.com/site s/va-pa/SitePages/Course%20Catalog.aspx?lms365cc=%7B"sd"%3A"2017-1215T21%3A00%3A00.000Z"%2C"ed"%3A"2018-0114T21%3A00%3A00.000Z"%7D#

 

外部のコンテンツを含む

Go1LinkedIn Learning とLMS365 の統合が設定されている場合、カタログ管理者はカタログ Web パーツ設定で「外部のコンテンツを含む」フィルターを有効にする必要があります。

カード ビューとリスト ビューでは、このフィルターを使用して以下をフィルタリングできます。

  • Go1 や LinkedIn Learning からインポートされたコース
  • Go1 や LinkedIn Learning からインポートされたコースを含むトレーニング プラン