タグの作成と管理

  • 更新

コースやトレーニングプランにタグを追加して、トレーニングの検索に使用することができます。

カテゴリーとは異なり、タグは受講者には表示されません。そのため、トレーニングに様々なタグを追加して検索エクスペリエンスを向上させることができます。

ここではタグの作成、管理についてご説明します。


タグの作成

タグの作成はコースやトレーニングプランを作成(または編集)する際、コースおよびトレーニングプランの作成(編集)パネルの「基本情報」セクションで行います。

コースやトレーニングプランで作成されたタグは、タグを追加したコースやトレーニングプランと、現在のコースカタログのカタログ設定>タグに追加されます。コースカタログ管理者は、LMS365管理センター>カタログ>タグでそれらを管理します。

タグの管理

LMS365管理センターでは、コースカタログ管理者のみがタグページにアクセスできます。

タグを管理するには、LMS365管理センター>カタログ設定>タグに移動します。

現在のコースカタログのすべてのタグが一覧で表示されます。列名をクリックして昇順・降順で並び替えができます。
タグページには、以下の情報が表示されます。

名前:タグ。既定はアルファベット順です。

利用:タグを使用しているコースとトレーニングプランの合計数が表示されます。

検索:検索ワードでタグを検索できます。

capture1.png

タグの横にある______.pngアイコンを選択すると、タグを使用しているコースやトレーニングプランを確認できます。使用されていないタグには、このアイコンは表示されません。

capture2.png

「このタグを使用したコース」パネルには、このタグが使用されているコースやトレーニングプランが表示されます。

コースやトレーニングプランのタイトルを選択すると、コースまたはトレーニングプランのホームページにリダイレクトされます。

capture3.png


タグの編集

タグを編集するには、

1.LMS365管理センター>カタログ設定>タグに移動し、編集するタグを選択します。

2.開いた「タグの編集」パネルで必要な変更を行います。

3.保存して変更を適用します。

タグ名は、そのタグが使用されているすべてのコースとトレーニングプランで更新されます。コース・トレーニングプランの作成(編集)パネルで更新を確認できます。

capture4.png


タグの削除

タグはコースカタログ、またはコース・トレーニングプランから削除することができます。

a)コース・トレーニングプランから削除するには、トレーニング編集パネルの「基本情報」セクションのタグフィールドに追加されているタグを削除します。

b)コースカタログからタグを削除するには、次の手順で削除します。

コースやトレーニングプランで使用されているタグは、コースカタログから削除することはできません。
コースカタログからこれらのタグを削除するためには、先にコースやトレーニングプランからタグを削除する必要があります。コースまたはトレーニングプラン編集パネルの「基本情報」セクション>タグフィールドからタグを削除してください。

コースカタログからタグを削除した場合、コースやトレーニングプランの作成(編集)時にタグフィールドのドロップダウンメニューには表示されません。

1.LMS365管理センター>カタログ設定>タグに移動して、削除するタグを選択します。

2.開いたタグの編集パネルで「タグ削除」を選択します。

3.確認メッセージが表示されます。「削除」でタグを削除します。この操作は元に戻すことはできません。

capture5.png

タグに変更があった場合、コースカタログに自動的に反映されます。