コンピテンシーの管理

  • 更新

LMS365では受講者にコンピテンシーを付与することができます。ここでは、新しいコンピテンシーの作成や既存のコンピテンシーの編集、削除、検索の方法、スケールセットの管理について説明します。

コンピテンシー管理は以下の場合でご利用が可能です。

  • 「コンピテンシーフレームワーク」オプションが選択(追加購入)されている場合
  • トライアル版ライセンスでご利用期間中の場合

次のメッセージが表示された場合は、LMS365サポートにお問い合わせください。
mceclip0.png
このメッセージはダッシュボードのコンピテンシータブにも表示されます。
mceclip1.png

コンピテンシーの管理は、管理画面の、設定>コンピテンシー>「コンピテンシー管理」で行います。
mceclip1.png
注記:コースカタログ管理者のみが、コンピテンシーの追加、編集、削除を行うことができます。
コンピテンシーは、コースカタログベースのアイテムです。

列のタイトルをクリックするとその列の昇順・降順で並べ替えができます。検索フィールドにキーワードを入力して検索できます。
mceclip0.png
表示ボタンmceclip2.pngをクリックすると、コンピテンシーが設定されているコース・トレーニングプランが表示されます。

コンピテンシーの追加

新しいコンピテンシーの作成は以下の手順で行います。

  1. [+コンピテンシーの追加]をクリックします。
    mceclip0.png
  2. 表示されたパネルに必要事項を入力します。スケールセットはドロップダウンリストから選択します。
    mceclip1.png
  3. [保存]をクリックします。

コンピテンシーの編集

  1. 編集するコンピテンシーを選択します。
  2. 開いたパネルで必要な変更を行います。
  3. [保存]ボタンで変更を保存します。

コンピテンシーの削除

コース・トレーニングプランからコンピテンシーを削除する

コース・トレーニングプランからコンピテンシーを削除するには、以下の手順で行います。

  1. 表示ボタンmceclip2.pngでコンピテンシーを設定しているトレーニングを表示します。
  2. コンピテンシーを削除するトレーニングの削除ボタン ✕ をクリックします。
    mceclip1.png
  3. 確認メッセージが表示されます。
    mceclip2.png
  4. [OK]ボタンをクリックして削除します。

注記:コース・トレーニングプランから削除しても、受講者に既に付与されているコンピテンシーは削除されません。すべての有効なコンピテンシーは手動で失効することができます。

コースカタログからコンピテンシーを削除する

コースカタログからコンピテンシーを削除するには、以下の手順で行います。

  1. 削除するコンピテンシーを選択し、「コンピテンシーの削除」をクリックします。
    mceclip0.png
  2. 確認メッセージが表示されます。
    mceclip2.png
  3. [OK]ボタンをクリックして削除します。

注記:コンピテンシーが既に受講者に付与されたことがある場合(失効ステータスを含む)、コースカタログからそのコンピテンシーを削除することはできません。削除ボタンは使用できません。

スケールセットの管理

コンピテンシーの管理は、管理画面の、設定>コンピテンシー>「スケールセット管理」で行います。
mceclip3.png

列のタイトルをクリックするとその列の昇順・降順で並べ替えができます。検索フィールドにキーワードを入力して検索できます。
mceclip4.png

スケールセットの追加

新しいスケールセットを追加するには、以下の手順で行います。

  1. [+スケールセットの追加]ボタンをクリックします。
    mceclip4.png
  2. 開いたパネルの必要な項目に入力します。このスケールを既定値にする場合は、既定値オプションをONにします。
    mceclip5.png
  3. [保存]ボタンをクリックします。新しいスケールセットが追加されます。

スケールセットの編集

編集するスケールセットを選択し、開いたパネルで必要な変更を行い保存します。

スケールセットの削除

削除するスケールセットを選択し、開いたパネルの[スケールセットの削除]をクリックします。
mceclip5.png
確認メッセージが表示されます。
mceclip0.png
[OK]ボタンをクリックして削除します。

注記:
● スケールセットが、既に受講者に付与されたことのあるコンピテンシー(取り消されたコンピテンシーを含む)に使用されている場合、そのスケールセットを削除することはできません。削除ボタンは使用できません。
● 既定値に設定されたスケールセットを削除する場合は、他のスケールセットを既定値に設定後に削除することができます。