スキルとスキルレベルセット:作成・管理・削除

  • 更新

MS365スキルフレームワークは、完了したコース、トレーニングプランに応じて受講者にスキルを付与することができます。

スキルフレームワークが設定されている場合、コース、トレーニングプランを完了した受講者に、一定レベルのスキルを1つまたは複数与えることができます。

受講者は、受講前に、コース、トレーニングプランで取得できるスキルを確認することができます。

管理者は、ユーザーが持つスキルを確認しながら、学習の内容やステップを計画することができます。

ここでは、スキルとスキルレベルセットの概要、スキルとスキルレベルセットの作成と管理についてご説明します。

LMS365 スキルフレームワークを使用するには、スキル管理アドオンのサブスクリプションが必要です(フリーミアムサブスクリプションには含まれています)。
該当するサブスクリプションをお持ちでない場合は、株式会社ソフィアまたはサポートにお問い合わせください。

目次

スキルとスキルレベルの仕組み

必要なロール:カタログ管理者(コース管理者は。コースが作成された後、コースのスキルを設定することができます。)

コースやトレーニングプランの作成(または編集)で、スキルオプションを有効にすると、完了した受講者に、特定のレベルのスキルを付与することができます。

例:

組織では、LMS365の使用を開始するにあたり、プラットフォームの使い方を学ぶため、「LMS365入門」というコース作成し、全従業員がこれを受講します。

このコースを完了した従業員には、「LMS365ユーザー(初級)」というスキルが与えられます。

次に、LMS365でコースを作成、管理する方法を学ぶため、「LMS365のトレーニング作成と管理」というコースを作成し、特定の従業員がこのコースを受講します。

このコースを完了した従業員には、「LMS365ユーザー(上級)」というスキルが与えられます。

各コース、トレーニングプランでは、ユーザーに複数のスキルを付与することができます。
ただし、各スキル1つのレベルのみです。

例えば、「LMS365入門」コースで、2つの異なるスキルを付与する場合、 「LMS365ユーザー(初級)」と「Online Learning (中級)」は設定できますが、「LMS365ユーザー(初級)」と「LMS365ユーザー(上級)」では設定できません。同じスキルの異なるレベルは同時に選択できません。

付与するスキルには有効期間を設定することができます。また、ユーザーに付与したスキルを取り消すこともできます。

コースにスキルを設定する方法については、こちらの記事をご覧ください。トレーニングプランにスキルを設定する方法については、こちらの記事をご覧ください。

スキルの管理

必要なロール:カタログ管理者

スキルはカタログレベルで設定されます。

LMS365 管理センターで、カタログ設定>スキルフレームワーク >「スキル管理」に移動します。

Skills and skill level sets1.png

スキルフレームワークにアイコンが表示されている場合、ご利用のサブスクリプションには「スキル管理アドオン」が含まれていません。

Skills and skill level sets2.png

スキルの作成

必要なロール:カタログ管理者

新しいスキルの作成は、以下の手順で行います。

1.スキル管理ページで「+スキルの追加」を選択します。スキルの追加パネルが開きます。

Skills and skill level sets3.png

2.フィールドに入力します。

  • 名前:スキル名を設定します。このフィールドは入力必須です。スキル名は、コース、トレーニングプランホームページの「スキル」ブロックと、トレーニング ダッシュボードの「認定証とスキル」セクションに表示されます。

Skills and skill level sets4.png

  • スキルレベルセット:既定のスキルレベルセットが自動的に選択されています。別のスキルレベルセットを設定する場合は、ドロップダウンリストから選択します。
    ここから新しいスキルレベルセットを作成することはできません。

  • カテゴリー・タグ:検索に利用する、カテゴリーとタグを設定できます。

3.「保存」します。

並べ替えと検索

スキル管理ページでは、次のことができます。

「名前」または「スキルレベルセット」の列名を選択してスキルの並べ替えができます。既定では、スキル名のアルファベット順で表示されています。

検索フィールドに、スキル名、カテゴリ、またはタグを入力して、スキルをフィルタリングできます。

各スキルの右端にある 表示アイコン.pngアイコンを選択すると、そのスキルが設定されているコースやトレーニング プランを確認できます。

Skills and skill level sets5.png

スキルに 表示アイコン.png アイコンがない場合、次の理由が考えられます。

  • このスキルはコース、トレーニングプランで使用されていないか、ユーザーに付与されていない。
  • コース/トレーニングプランで使用され、ユーザーに付与されたが、コース/トレーニングプランが削除された。この場合、ユーザーの受講履歴で付与されたスキルを確認できます。
  • ユーザーは特定のコース/トレーニングプラン登録されず、カタログ管理者が手動でユーザーにスキルを付与した。

スキルの削除

コースカタログからスキルを削除するには、以下の手順で行います。

1.スキル管理ページで、スキルを選択します。スキルの編集パネルが開きます。

2.アクションの下にある「 削除アイコン.png スキルの削除」を選択します。

3.確認ダイアログで「削除」を選択します。

次の場合、スキルは削除できません。(削除アクションは無効になります)

  • 公開または未公開のコース/トレーニングプランで使用されている場合、または受講者がそれらを受講中の場合。
  • 公開、未公開、または削除されたコース/トレーニングプランで使用され、ユーザーにこのスキルが付与されている場合(スキルが取り消された場合も同様)。
  • 特定のコース/トレーニングプランに登録されていないユーザーに付与された、または取り消された場合。

コース・トレーニングプランからスキルを削除する

コース/トレーニングプランからスキルを削除するには、次の2つの方法があります。

a)各コース/トレーニングプランを編集してスキルを削除します。

1. トレーニング管理ページで、コース/トレーニングプランを選択します。

2.管理パネルの「コース設定管理/トレーニングプラン設定管理」を選択します。

3.スキルセクションの「スキル」フィールドで、スキルの「✖」を選択し削除します。

「スキル」オプションが ON の場合、このフィールド入力必須です。
フィールドのすべてのスキルを削除した場合は、別のスキルを選択するか、「スキル」オプションのトグルを OFF にして、このコース/トレーニングプランでのスキルの付与を停止することができます。

Skills and skill level sets6.png

b)スキルフレームワーク>スキル管理で、コースまたはトレーニングプランからスキルを削除します。

1.スキルフレームワーク>「スキル管理」に移動します。

2.スキル管理ページで、該当のスキルの横にある 表示アイコン.pngアイコンを選択し、このスキルを使用しているコース/トレーニングプランを表示します。

3.表示されたコース/トレーニングプラン名の右にある ✖ アイコンを選択します。

4.確認ダイアログで「OK」を選択してスキルを削除します。

コースからスキルが削除された時点で、ユーザーがすでにコース/トレーニングプランに登録されていても(ステータスが「未開始・受講中」) 、スキルを削除すると完了時にスキルは付与されません。
ただし、このコース/トレーニングプランで既に付与されたスキルは、ユーザーの受講履歴に記録されます。

スキルの付与と失効

コース/トレーニングプランの「スキル」オプションが有効になっている場合、完了した受講者には自動的にスキルが付与されます。

スキルの失効日は、コース/トレーニングプランの作成または編集で、スキルの失効日(有効期限)を設定できます。
特定の日付、または受講者がコース/トレーニングプランを完了してからの経過日数で指定します。

また、以下の方法で、特定のユーザーにスキルを付与したり、スキルを取り消しすることもできます。

ユーザーページ

必要なロール:カタログ管理者

  • コース/トレーニングプランに登録されていないユーザーにスキルを付与することができます。
  • ユーザーが持つスキル(コース/トレーニングプランの完了で付与されたスキルを含む)を取り消すことができます。
  • 「受講の進捗を閲覧」から、ユーザーが登録されているコース/トレーニングプランを、手動で完了とすることができます。これにより、コース/トレーニングプランで「スキル」オプションが有効になっている場合、ユーザーには関連するスキルが自動的に付与されます。
  • 「受講の進捗を閲覧」から、受講者の進捗を手動で削除します。これにより、このトレーニングで付与されたスキルのステータスは「有効」から「予定」に変更されます。

ライン管理者ダッシュボード

必要なロール:ライン管理者

  • コース/トレーニングプランに登録されていないユーザーにスキルを付与することができます。
  • ユーザーが持つスキル(コース/トレーニングプランの完了で付与されたスキルを含む)を取り消すことができます。

コース/トレーニングプラン進捗パネル

必要なロール:カタログ管理者、またはコース管理者

  • 「スキル」オプションが有効になっているコース/トレーニングプランで、受講者を手動で完了にすると、関連するスキルが自動的に付与されます。
  • 受講者の進捗を手動で削除した場合、このコース/トレーニングプランで付与されたスキルのステータスは「有効」から「予定」に変更されます。

スキルレベルセットの管理

必要なロール:カタログ管理者

スキルレベルセットはカタログレベルで設定されます。

スキルレベルセットは、初級、中級、上級など、ユーザーに付与するスキルのレベルを定義します。

スキルレベルセットでは、スキルに割り当てるレベルセットを作成、管理します。

スキルレベルセットの作成

カタログには複数のスキルレベルセットを作成できます。ただし、既定のスキルレベルセットとして設定できるのは 1 つです。

1.LMS365 管理センターで、カタログ設定>スキルフレームワーク >「スキルレベルセット管理」に移動します。

2.スキルレベルセット管理ページで「+スキルレベルセットの追加」を選択します。スキルの追加パネルが開きます。

3.フィールドに入力します。

  • 名前:スキルレベルセット名を設定します。このフィールドは入力必須です。設定したスキルレベルセット名は、スキルレベルセットの管理、またはスキルにスキルレベルセットを追加するときに、LMS365管理センターで表示されます。
  • 既定値:スキルレベルセットを現在のカタログの既定のセットとして設定します。この設定は、カタログ内の1つのスキルレベルセットでのみ ON にできます。
  • レベル:レベルを定義します。既定では3つのレベルを入力するフィールドがあります。フィールドを追加、または削除して、必要なレベルを設定します。定義できるレベルの最小数は 1 つです。例えば、スキルレベルセットに3つのレベル「level Ⅰ」、「level Ⅱ」、「level Ⅲ」を設定します。
    プレゼンテーションスキルにこのレベルセットを割り当てます。コースでは、完了した受講者にプレゼンテーションスキルの「levelⅠ」の付与を設定します。
    受講者は、コースホームページ、またはトレーニングダッシュボードの「認定証とスキル」セクションでこの情報を見ることができます。

Skills and skill level sets4.png

ドラッグ&ドロップでレベルの順番を変更できます。
コース/トレーニングプランにスキルを設定する場合、ドロップダウンリストには、ここで設定されたレベルの順序で表示されます。

Skills and skill level sets7.png

4.「保存」でスキルレベルセットの作成を保存します。破棄する場合は、パネル右上の閉じるアイコンを選択します。

スキルレベルセットの編集

1.スキルレベルセット管理 ページで、編集するスキルレベルセットを選択します。

2.スキルレベルセットの編集パネルで、必要な変更を行います。

3.「保存」を選択します。

次の場合、スキルレベルセットのレベルの編集、削除、並べ替えはできません。(削除アクションは無効になります)

  • 公開または未公開のコース/トレーニングプランで使用されている場合、または受講者がそれらを受講中の場合。
  • 公開、未公開、または削除されたコース/トレーニングプランで使用され、ユーザーにこのスキルが付与されている場合(スキルが取り消された場合も同様)。
  • 特定のコース/トレーニングプランに登録されていないユーザーに付与された、または取り消された場合。

Skills and skill level sets8.png

スキルレベルセットの削除

1.スキルレベルセット管理ページで、スキルレベル セットを選択します。スキルレベルセットの編集パネルが開きます。

2.アクションの下にある「 削除アイコン.png スキルレベルセットの削除」を選択します。

3.確認ダイアログで「削除」を選択します。

次の場合、スキルレベルセットは削除できません。(削除アクションは無効になります)

  • スキルレベルセットが、現在のカタログの既定値である場合。既定値のスキルレベルセットを削除するには、先に別のスキルレベルセットを既定値として設定する必要があります。
  • スキルレベルセットが、コース/トレーニングプラン(公開または未公開)で使用されるスキルに割り当てられており、受講者がそれをすでに開始、または完了している場合。
  • スキルレベルセットが、コース/トレーニングプラン (公開、未公開、削除) で使用されているスキルに割り当てられている。
  • スキルレベルセットが、特定のコース/トレーニングプランに登録されていないユーザーに付与された、または取り消されたスキルに割り当てられている。

Skills and skill level sets9.png

 

スキルの追跡とレポート

管理者

管理者は、以下の方法でユーザー(受講者)のスキルを追跡し、レポートをダウンロードすることができます。

Microsoft365グローバル管理者と、カタログ管理者

  • LMS365管理センターの「ユーザー」ページでユーザーを選択し、「受講の履歴を閲覧」でスキルを確認できます。詳細については、「ユーザー:コースカタログのユーザーを管理する>3.ユーザーを管理する>受講の履歴を閲覧」をご参照ください。

  • 「ユーザー」ページのスキルフィルターを使用して、特定のスキルを持つユーザーをフィルタリングし、結果をローカルデバイスにダウンロードできます。詳細については、「ユーザー:表示の設定、フィルタ、エクスポート>スキルによるフィルタリング」をご参照ください。

ライン管理者

ライン管理者は、ライン管理者ダッシュボードから以下のことができます。

  • 特定のユーザーのスキルを確認し、レポートをPDF形式でダウンロードできます。

  • コースフィルターを使用して、特定のスキルを持つユーザーをフィルタリングし、結果をローカルデバイスにダウンロードできます。

ライン管理者ダッシュボードの詳細については「ライン管理者ダッシュボードの概要と機能」をご参照ください。

ユーザー(受講者)

ユーザー(受講者)は、以下の方法で付与が予定されているスキル、獲得した(有効)スキル、取り消された(失効)スキルを確認できます。