LMS365ロードマップについて

  • 更新

LMS365は、お客様に最高の学習管理システムをご提供するために、常に製品の改善に取り組んでいます。
これは、製品にどのような変更を加えるかを徹底的に分析し、優先順位をつけて設計、開発、実装することで実現されます。

製品の改善が決まると、その内容をロードマップに掲載します。

ロードマップはWebサイトで公開されており、今後予定されている製品の変更・改善とその優先順位をお知らせしています。

また、製品の具体的な変更点を「Later」「Next」「Now」の3つの段階で掲載することで、進行の過程をお伝えしています。

ここでは、各段階と、そこに掲載された項目が何を意味しているかについてご説明します。

the_roadmap.png


Later の段階

製品変更が「Later」の段階に記載されている場合、改善が妥当と判断されていることを示します。

しかしながら、その改善についてはまだ十分に検討されておらず、こちらに掲載されている時点では、LMS365の製品管理チームやエンジニアリングチームは積極的に取り組んでいません。

Next の段階

製品変更が「Next」の段階に移った時点で、LMS365製品管理チームは改善内容の分析と範囲の設定を開始しています。

Now の段階にある項目がリリースされると同時に、「Next」 に記載されている改善点の開発が開始される見込みです。

Now の段階

「Now」は製品変更が反映される前の最終段階です。

ここに記載された改善点は、LMS365のエンジニアリングチームによって作業が進められており、次のリリースに組み込まれる可能性があります。

リリース直後にこの欄から削除された項目は、改善が完了し、先のリリースで製品に実装されています。

しかしながら、場合によっては改善が広範囲にわたることもあり、ここにある項目の実装が、数回のリリースによって行われることもあります。

 

ロードマップの項目が後方の段階へ移動することはありますか?

まれに、ロードマップの項目が後方の段階へ移動することがあります。

一般的には、LMS365以外のテクノロジーの変化により、製品変更の戦略を再考する必要が生じたり、改善の開発を一時停止する必要があるような場合です。

 

ロードマップにない改善が実施されることはありますか?

ロードマップはできる限り透明性を保つように努めています。
しかしながら、製品の改善がロードマップに記載されることなく実施されることもあります。

これは、その改善がエンジニアリングチームにとって実装するのがそれほど難しくなく、且つ、ロードマップの優先順位の妨げにならない場合において行われます。

 

ロードマップに掲載された製品の変更は確約されるものですか?

LMS365 ロードマップに記載されている情報や優先順位は、いかなるものも責任、お約束、法的義務を担うものではありません。

世の中は絶えず進化しており、状況が変わる可能性もあります。
LMS365 はロードマップに記載されたプランの実行に最大限努めて参りますが、ロードマップに記載された内容やリリースの時期は 弊社の裁量によって変更される可能性があることに留意ください。

また、「Later」「Next」「Now」の段階は、製品の改善がどの程度進んでいるかを示していますが、提供に当たり、特定の時期をお約束するものではないことをご了承ください。