LMS365の監査証跡レポートの作成

  • 更新

ユーザーにトレーニングを提供するためには、多くのアクションとイベントが実行されます。

監査証跡機能は、コースやコースコンテンツの変更、コースやトレーニングプランに対するユーザーのやり取りなど、LMS365でユーザーが実行した主要なアクションを記録することで、これらのアクティビティとその所有者(帰属)の追跡をサポートします。

記録された情報は、これらのアクションを証明するものとなり、法規制の遵守やトラブルシューティングに役立つだけでなく、受講の記録をさらに詳しく確認することもできます。
監査証跡機能の活用については、「LMS365監査証跡でシステムアクティビティをドキュメント化する」でご紹介しています。

ここでは、監査証跡の使い方、記録のエクスポート、およびダウンロードしたレポートの概要についてご説明します。

注記:

  • LMS365の監査証跡機能はプレビュー版としてリリースされています。より多くのイベントをキャプチャし、より優れた監査ログのための機能を提供するために、シグナルの構造と内容は継続てきに強化されます。
  • 監査証跡機能は、LMS365プロフェッショナルサブスクリプションに含まれます。スタンダードサブスクリプションのお客様はご利用できません。
  • イベントログが監査証跡ログのリストに表示されるまで、最大で5分かかることがあります。

監査証跡

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者、またはLMS管理者

監査証跡は、LMS365のグローバル設定からアクセスすることができます。

監査証跡では、派生ログを直接表示し、詳細なアクティビティ情報にアクセスできるので、外部アプリケーションに頼らずに監査データにアクセスできます。

audit

監査ログは時系列で新しいものから順に表示されます。最も新しいものはリストの先頭、最も古いものはリストの末尾になります。列の見出し「日時」の選択して、順序を変更することができます。

「活動」列には、イベントの説明を表示します。

「開始者」列には、誰が、または何によってイベントが開始されたかを表示します。

ユーザー名が表示されるケース:

  • ユーザーがイベントをトリガーした場合。
  • コースカタログの作成時のプロモーションコースのインポートイベントは、これを実行したユーザー名を表示します。
  • Go1/LinkedInトレーニングのインポートイベントは、これらのトレーニングをコースカタログにインポートしたユーザー名を表示します。

LMS365システムと表示されるケース:

  • LMS365Webjob によって実行されるイベント:例えば、認定証の有効期限切れ、スキルの取り消しなど。
  • Microsoft Entra(Azure Active Directory)グループの更新によってトリガーされるイベント:例えば、ユーザーがコースやトレーニングプランに登録または登録解除された、セッションに登録または登録解除されたなど。

APIキーが表示されるケース:

  • APIキーを使って実行されたイベントでは、ユーザーがイベントを開始するために使用したAPIキー名を表示します。例:APIキー:PowerBI用
  • APIキーに名前がない場合は、代わりにマスクされたキーが表示されます。例: APIキー: ********-****-****-****-4fd39eb32b99.

 

関連する監査ログを選択するとアクティビティの詳細パネルが開き、関連情報がJSON形式で表示されます。

  • 日時:イベントの日付と正確な時間
  • コースまたはトレーニングプラン:イベントに関連するコースまたはトレーニングプラン名
  • 活動:イベントの内容
  • カタログ:イベントに関連するカタログ名
  • 開始者:イベントを開始したユーザー
  • 詳細:イベントの詳細情報(JSON形式)

audit

フィルター・オプション

日時カラムに基づいてログをソートする他に、フィルターを使用して抽出したいログを絞り込むことができます。

フィルターは、以下に基づいて行うことができます。

  • アクティビティの日付と時間
  • アクティビティの種類
  • トレーニング名
  • コースカタログ
  • 開始者:ユーザー,LMS365システム,APIキー

日時でフィルタリングするには、監査ログリストの上に表示される日付範囲オプションを選択します。これにより、監査ログレポートの開始日時と終了日時を設定できる日付範囲パネルが開きます。

audit

  • 開始日時:監査ログレポートの開始日時を設定します。時間フォーマットは、ユーザーのブラウザ設定のタイムゾーンを継承します。指定可能な開始日時の最早値は、2023年4月3日です。
    既定では、このフィールドには、「監査証跡」ページを開いた時点から24時間前の日付と時刻が設定されています。

  • 終了日時:監査ログレポートの終了日時を設定します。時間フォーマットは、ユーザーのブラウザ設定のタイムゾーンを引き継ぎます。既定では、このフィールドには、「監査証跡」ページを開いた時点の日付と時刻が設定されています。

左側のプリセットの中から選択すると、選択したプリセットに従って、デフォルトの日付と時間の範囲を設定することができます。
ただし、カレンダーの日付を手動で変更すると、自動的に「カスタム」プリセットが適用され、日付と時間の範囲を自分で設定できるようになります。

「適用」を選択し、選択した日時範囲に一致する監査ログを表示します。画面の右下に一致した監査ログの数で表示されます。

適用した日時範囲やフィルタに一致する監査ログがない場合は、「選択した日付およびフィルタのレコードが見つかりません。」というメッセージが表示されます。

「キャンセル」を選択すると、パネルが閉じ、日時範囲が既定の設定に戻ります。

ダウンロードしたレポートは、選択した日付と時間の範囲内でログに記録されたすべてのアクティビティを含みます。

このほか、フィルターを使用して、選択した日時範囲内の監査証跡ページに表示するログの一覧を絞り込むことができます。フィルターを選択すると、フィルターパラメータを選択するパネルが開きます。

注記:

  • 複数のフィルター(活動とカタログなど)が適用されている場合、ANDロジックが使用されるため、表示されるイベントには、選択されたすべてのフィルターの値が含まれている必要があります。
  • 1つのフィルターに複数の値が適用された場合、ORロジックが使用されるため、表示されるイベントには、選択されたフィルター値の1つ以上が含まれている必要があります。

audit

  • 活動:利用可能なすべてのイベントのドロップダウンリストが表示され、そこからイベントを選択できます。空欄の場合、すべてのログが表示されます。

  • カタログ:ドロップダウンリストから、イベントを表示するカタログを選択できます。空欄の場合、すべてのカタログのログが表示されます。削除されたカタログには、[削除] ラベルが付いています。

  • コースまたはトレーニングプラン:特定のコースとトレーニングプランを選択することができます。空欄の場合、すべてのコースとトレーニングプランのログが表示されます。削除されたカタログには、[削除] ラベルが付いています。インポート機能でインポートされたコースには、ラベルは付きません。

  • 開始者:表示するアクティビティのトリガーを選択します。
    • ユーザー:指定したユーザーによって開始されたイベントのみを表示します。
    • APIキー:ドロップダウンリストから、関連するAPIキーを選択してイベントをフィルタリングします。
    • 開始者 LMS365システム:LMS365 Webjobによって実行されるイベント(認定証の有効期限、コースレコードのインポートなど)をフィルタリングするには、このチェックボックスをオンにします

これらのフィルターはオプションであり、空のままにすると、ユーザー、APIキー、およびLMS365システムによって開始されたすべてのログを表示します。

audit

各フィールドの横にある「✖クリア」や、パネルの右下にある「すべてクリア」で適用したフィルターをクリアできます。

フィルターの設定が完了したら、「適用」を選択し、選択したフィルターと設定した日時の範囲の、監ログのリストが表示されます。画面右下隅にフィルターに一致する監査ログの数が表示されます。

フィルタが適用されると、フィルターを変更、または削除するまで「適用」ボタンは無効になります。

適用されているすべてのフィルターを削除するには、トップバーのフィルターの横にある ✖ を選択します。

audit

監査ログをエクスポートする

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者、またはLMS管理者

監査ログのエクスポートは、次の手順で行います。

1.LMS365 管理センター>グローバル設定に移動し、監査証跡を選択します。

2.既定では24時間以内のすべてのカタログにおけるすべてのログが表示されます。

「エクスポート」は、現在ページに表示されている監査ログレコードに対して実行されます。

日付と時間の範囲を指定し、その他のフィルターを適用すると、必要な情報のみをレポートに含めることができます。ダウンロードされた JSON ファイルには、選択された日付と時間の範囲内で、指定されたカタログの、指定したコースとトレーニングプランの、指定されたアクティビティの監査ログレコードが含まれます。

データを収集するために使用されるタイムゾーンはUTC(協定世界時)です。

3.「エクスポート」で監査ログレポートを書き出します。

通知センターに、レポートをダウンロードできるリンクが表示されます。このリンクはレポートが出力されてから1時間のみ利用できます。

また、組み込まれたMicrosoft Entra ID(Azure Active Directory)の設定により、レポートが書き出されるフォルダは毎日自動的に整理されているため、前日に作成されたレポートは利用できなくなります。

audit

4.通知センターのリンクを選択すると、監査ログレポートを JSONファイル形式でダウンロードします。

ファイル名は "audit-trail-{startDateTime}-{endDateTime}" で、{startDateTime}と{endDateTime}はフィールドに設定された日付に置き換えられます。

監査証跡レポート

ダウンロードした JSON ファイルには、指定した日時と適用したフィルターの監査ログレコードが含まれます。データを収集するために使用されるタイムゾーンはUTC(協定世界時)です。

レポート内のイベントは、LMS365で受講者と管理者が実行した関連アクションに相当するものです。

LMS365 監査証跡機能で現在記録されるイベントの情報については「監査証跡レポートに記録されるイベント」をご参照ください。