LMS365 監査証跡レポートの作成

  • 更新

目次

はじめに

受講者にトレーニングを提供するためには、多くのアクションとイベントが実行されます。

監査証跡機能は、コースやコース コンテンツの変更、コースやトレーニング プランに対する受講者のやり取りなど、LMS365 で受講者や管理者が実行した主要なアクションを記録することで、これらのアクティビティとその所有者の追跡をサポートします。

記録された情報は、これらのアクションを証明するものとなり、法規制の遵守やトラブルシューティングに役立つだけでなく、受講の記録をさらに詳しく確認することもできます。監査証跡機能の活用については、 こちらを参照してください。

ここでは、監査証跡機能の使い方、記録された情報のエクスポート、およびダウンロードしたレポートの概要について説明します。

 

注記:

  • LMS365 の監査証跡機能はプレビュー版としてリリースされています。より多くのイベントをキャプチャし、より優れた監査ログのための機能を提供するために、シグナルの構造と内容は継続的に強化されます。
  • LMS365 監査証跡機能は、LMS365 プロフェッショナル サブスクリプションに含まれています。LMS365 スタンダード サブスクリプションのお客様はご利用できません。
  • イベント ログが監査証跡ログのリストに表示されるまで、最大で 5 分かかることがあります。

 

監査証跡ページ

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者または LMS 管理者

監査証跡オプションには、LMS365 のグローバル設定からアクセスできます。

「監査証跡」ページでは、派生ログを直接表示し、詳細なアクティビティ情報にアクセスできるため、外部アプリケーションに頼らずに監査データにアクセスできます。

audit

 

監査ログは時系列で新しいものから順に表示されます。最も新しいものはリストの先頭、最も古いものはリストの末尾になります。右下には、現在の日付範囲の監査ログ数が表示されます。

列見出し「日時」を選択して、順序を変更することができます。

「活動」列には、イベントの説明が表示されます。

「開始者」列には、イベントが誰または何によって開始されたかが表示されます。

  • ユーザー名が表示されるケース:
    • ユーザーがイベントをトリガーした場合。
    • プロモーション コースの場合。これは、コース カタログを作成し、結果としてコース インポートをトリガーしたユーザーの名前になります。
    • インポートされた Go1/LinkedIn ラーニング トレーニングの場合。これは、トレーニングをコース カタログにインポートしたユーザーの名前になります。
  • LMS365 システムと表示されるケース:
    • LMS365 Webjob によって実行されるイベント:たとえば、認定証の有効期限切れ、スキルの取り消しなど。
    • Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループの更新によってトリガーされるイベント:たとえば、ユーザーがコースやトレーニング プランに登録または登録解除された、セッションに登録または登録解除されたなど。
  • API キーが表示されるケース:
    API キーを使って実行されたイベントでは、ユーザーがイベントを開始するために使用した API キー名が表示されます。例:API キー:フル アクセス
    API キーに名前がない場合は、代わりにマスクされたキーが表示されます。
    例:API キー:********-****-****-****-4fd39eb32b99

該当する監査ログを選択すると「アクティビティの詳細」パネルが開き、関連情報が JSON 形式で表示されます。

  • 日時:イベントの日付と正確な時間
  • コースまたはトレーニング プラン:イベントに関連するコースまたはトレーニングプラン名
  • 活動:イベントの内容
  • カタログ:イベントに関連するカタログ名
  • 開始者:イベントを開始したユーザー、API キー、または LMS365 システム
  • 詳細:イベントの詳細情報 (JSON形式)

audit

 

フィルター オプション

「日時」列に基づいてログをソートする他に、さまざまなフィルターを使用して抽出したいログを絞り込むことができます。

以下を基準にフィルタリングすることができます。

  • 活動の日付と正確な時間
  • 活動の種類
  • コース カタログ
  • トレーニング名
  • イベントを開始した以下のいずれか:
    • ユーザー
    • API キー
    • LMS365 システム

日時でフィルタリングするには、「監査証跡」ページの監査ログリストの上に表示される日付範囲オプションを選択します。これにより、監査ログレポートの開始日時と終了日時を設定できる日付範囲パネルが開きます。

audit

  • 開始日時:監査ログレポートの開始日時を設定します。指定可能な開始日時の最早値は、2023 年 4 月 3 日です。時間フォーマットは、ユーザーのブラウザー設定のタイムゾーンを継承します。既定では、このフィールドには、「監査証跡」ページを開いた時点から 24 時間前の日付と時刻が設定されています。

  • 終了日時:監査ログレポートの終了日時を設定します。時間フォーマットは、ユーザーのブラウザー設定のタイムゾーンを継承します。既定では、このフィールドには、「監査証跡」ページを開いた時点の日付と時刻が設定されています。

左側のプリセットの中から選択すると、選択したプリセットに従って、既定の日時範囲を設定することができます。ただし、カレンダーの日付を手動で変更すると、自動的に「カスタム」プリセットが適用され、日付と時間の範囲を自分で設定できるようになります。

「適用」を選択すると、選択した日時範囲に一致する監査ログが表示されます。「キャンセル」を選択するとパネルが閉じ、日時範囲が既定の設定に戻ります。

設定した日時範囲に一致する監査ログの数が、画面の右下に表示されます。

適用した日付やフィルターに一致する監査ログがない場合は、「選択された日付とフィルターでは記録がありません。」というメッセージが表示されます。

ダウンロードしたレポートには、選択した日時範囲内でログに記録されたすべての活動が含まれます。

 

また、フィルターを使用して、「監査証跡」ページに表示するログの一覧を、選択した日時範囲内のログに絞り込むことができます。「フィルター」を選択すると、フィルター パラメーターを選択するパネルが開きます。

 

注記:

  • 複数のフィルターが適用されている場合、AND ロジックが使用されるため、選択されたすべてのフィルターの値を含むイベントが表示されます。
  • 1 つのフィルターに複数の値が適用されている場合、OR ロジックが使用されるため、選択されたフィルター値の 1 つ以上を含むイベントが表示されます。

 

audit

  • 活動:このフィールド選択すると、利用可能なすべてのイベントのドロップダウン リストが表示され、そこから「監査証跡」ページに表示するイベントを選択できます。このフィールドはオプションであり、空のままにするとすべてのログが表示されます。

  • カタログ:ドロップダウン リストから、イベントを表示するカタログを選択できます。このフィールドはオプションであり、空のままにすると、すべてのカタログのログが表示されます。削除されたカタログには、「削除」ラベルが付いています。

  • コースまたはトレーニング プラン:「監査証跡」ページに表示する特定のコースとトレーニング プランのイベントを選択できます。このフィールドはオプションであり、空のままにするとすべてのコースとトレーニング プランのログが表示されます。削除されたコースとトレーニング プランには、「削除」ラベルが付いています。インポート機能でインポートされたコースには、ラベルは付きません。

  • 開始者:表示する活動のトリガーを以下から選択します。
    • ユーザー:指定したユーザーによって開始されたイベントのみを表示するには、このフィールドを使用して一覧を絞り込みます。
    • API キー:ドロップダウンリストから、該当する API キーを選択してイベントをフィルタリングします。
    • 開始者: LMS365 システム:LMS365 Webjob によって実行されたイベント (認定証の有効期限、コース レコードのインポートなど) をフィルタリングするには、このチェックボックスをオンにします。

「開始者」フィルターの結果には、いずれかのフィルターによって開始されたすべての活動が表示されます。このフィルターはオプションであり、空のままにすると、ユーザー、API キー、LMS365 システムによって開始されたすべてのログが表示されます。

audit

 

各フィールドの横にある「✖クリア」や、パネルの右下にある「すべてクリア」を選択して、適用したフィルターをクリアできます。

フィルターの設定後、「適用」を選択すると、選択したフィルターと設定した日時範囲のログの一覧が「監査証跡」ページに表示されます。フィルターが適用されると、フィルターを変更するまで「適用」オプションは無効になります。フィルターに一致する監査ログの数が、画面の右下に表示されます。

audit

 

適用されているすべてのフィルターを削除するには、トップ バーの「フィルター」の横にある ✖ を選択します。

 

監査ログをエクスポートする

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者または LMS 管理者

監査ログ レコードをエクスポートするには:

1.LMS365 管理センター>グローバル設定 に移動し、「監査証跡」を選択します。「監査証跡」ページが開きます。

2.「監査証跡」ページには、既定では 24 時間以内のすべてのカタログのすべてのログが表示されます。

「エクスポート」オプションは、現在ページに表示されている監査ログ レコードに対して実行されます。日時範囲を指定してフィルターを適用すると、必要な情報のみをレポートに含めることができます。ダウンロードした JSON ファイルには、選択した日時範囲内の特定のカタログの、選択したコースとトレーニング プランの、指定した活動の監査ログ レコードが含まれます。

データ収集に使用されるタイム ゾーンはUTC (協定世界時) です。

3.「エクスポート」を選択して、監査ログ レポートをエクスポートします。

通知センターに、レポートをダウンロードできるリンクが表示されます。このリンクはレポートが生成されてから 1 時間のみ有効です。

また、組み込まれた Microsoft Entra ID (Azure Active Directory) の設定により、レポートがエクスポートされるフォルダは毎日自動的に整理されているため、前日に生成されたレポートは利用できなくなります。

audit

 

4.通知センターのリンクを選択して、監査ログ レポートを JSON ファイル形式でダウンロードします。

ファイル名は、「audit-trail-{startDateTime}-{endDateTime}」です。{startDateTime} と {endDateTime} は、フィールドに設定された日付に置き換えられます。

 

監査証跡レポート

ダウンロードした JSON ファイルには、指定した日付範囲と適用したフィルターに一致する監査ログ レコードが含まれます。データ収集に使用されるタイム ゾーンはUTC (協定世界時) です。

レポート内のイベントは、LMS365 で受講者と管理者が実行した該当するアクションに相当するものです。LMS365 監査証跡機能で現在記録されるイベントについては、こちらを参照してください。