SharePoint Onlineに必要なLMS365アプリ

  • 更新

カタログ、コース、トレーニングプランの作成時、それらの SharePoint ページの設定時、SharePoint グループにユーザーを追加する時に問題が発生する場合、SharePoint Online でLMS365が正しく動作するために必要な次のアプリケーションを確認することをお勧めします。

これらのアプリケーションを確認し、必要に応じて削除、再インストールすることで、発生する問題を解決できる場合があります。

ここでは、これらのアプリケーションの確認と、再インストールの手順についてご説明します。

  • LMS365 は、特定のサイトコレクション(コースカタログ)において、SharePoint Online Site Collection App Catalogs 機能の利用をサポートします。この機能は、サイトコレクションアプリカタログに展開されたアプリをどのようにインストールできるか(特定のサイトコレクション:LMS365コースカタログのみ、またはテナントの全サイトにインストール)を決定します。
    この機能が展開されたアプリが特定のサイトコレクションにのみインストールされるように設定されている場合、サイトコレクションのアプリカタログごとにLMS365.AccessAppとLMS365 SPFXパッケージの確認と再インストールが必要です。
    サイトコレクションのアプリカタログを使ったLMS365 Webパーツの管理については、「サイトコレクションのアプリカタログでLMS365のWebパーツを管理する」で詳しくご説明しています。
  • SharePoint管理センターのクラシックエクスペリエンスを使用する場合、ビューは若干異なります。ここで使用されている画像は、モダンエクスペリエンスです。

 

The LMS365 Application Manager app (LMS365.AccessApp)

アプリがインストールされ、有効になっていることを確認します

コースカタログを作成する前に、LMS365 Application Manager App(LMS365.AccessApp)をインストールし、有効にする必要があります。
このアプリは、作成されたカタログの SharePoint サイトコンテンツに追加され、コースで使用するSharePoint サイトやページ、ドキュメントの作成と編集に必要な権限をユーザーに付与します。

以下の手順にしたがって、SharePointのアプリカタログで、LMS365.AccessApp を確認します。

1.SharePoint 管理センターに移動し、アプリカタログのサイトを開きます。

lms365app1.png

2.アプリカタログサイトで、SharePoint 用アプリを選択し、LMS365.AccessApp を見つけます。このアプリケーションがない場合は、ここからダウンロードできます

lms365app2.png

3. アプリの一覧に LMS365.AccessApp が表示され、有効になっていることを確認します。アプリケーションが有効になっている場合、有効列に「はい」と表示されます。

有効列に「いいえ」と表示されている場合は、そのアプリケーションを有効にする必要があります。
これを行うには、LMS365.AccessApp の横にある3点メニューを開き、「プロパティ」を選択します。
開いたページの一番下までスクロールして、「有効」チェックボックスを選択して保存します。

lms365app3.png

4.LMS365.AccessApp がチェックアウトされていないことを確認します。
 LMS365.AccessApp アイコンに、緑色の矢印が表示されている場合は、アプリがチェックアウトされていることを示します。
アプリをチェックインするには、アプリの横にある3点メニューを開き、詳細>「チェックイン」を選択します。

lms365app9.png

5.LMS365.AccessApp が存在し、有効であるにもかかわらず問題が発生する場合は、問題が発生するカタログの SharePoint サイトコレクションに LMS365.AccessApp が存在し、有効になっているか確認します。

これを確認するには、問題のカタログの SharePoint ページに移動します。歯車アイコン(設定)>サイトコンテンツを選択し、コンテンツで「LMS365(これが、LMS365.AccessAppです)」を見つけます。

lms365app5.png

LMS365.AccessApp が、SharePoint の特定のカタログに対してインストールされていない場合、それを追加する必要があります。
これを行うには、アプリを確認した同じページで、左上の「+新規」を選択>ドロップダウンリストから「アプリ」を選択 して開いたぺージに表示された「LMS365アプリ」カードにある追加ボタンで、カタログの SharePoint サイトコレクションに追加します。

lms365app6.png

LMS365.AccessApp がインストールされ、有効になっているにもかかわらず、カタログ、そのコースやトレーニングプラン、およびそれらのページを作成または管理する際に問題がある場合は、このアプリの再インストールをお試しください。

アプリを再インストールする

LMS365.AccessApp の再インストールは次の手順で行います。

1.SharePoint 管理センターで、アプリカタログサイトに移動し、SharePoint 用アプリを選択し、LMS365.AccessApp を見つけます。アプリの横にある3点メニューから「削除」を選択します。

lms365app13.png

2.LMS365.AccessApp を削除したら、キャッシュと Cookie をクリアし、シークレットウィンドウまたは通常のブラウザで、Microsoft 365 グローバル アカウントでLMS365管理センターにアクセスします。

LMS365は、LMS365.AccessApp が存在するかどうかを自動的にチェックし、不足しているアプリを展開するオプションを提供します。

不足しているアプリを展開することを示唆するウィンドウが表示されない場合は、キャッシュとCookieが完全にクリアされていることを確認してください。

lms365app7.png

3.LMS365.AccessApp が展開されると、SharePoint のアプリカタログに追加されます。

 

The LMS365 SPFx パッケージ (LMS365 Modern Experience app)

アプリがインストールされ、有効になっていることを確認します

SharePoint Framework (SPFx) パッケージは、 SharePointのモダンな環境を提供するため、クライアント側のプロジェクトに必要なもので、グローバルおよびお客様のプロジェクト内にインストールされたnpm(Node Package Manager)パッケージが含まれています。

SPFx パッケージは、SharePoint サイトコレクションのコースカタログページ、トレーニングダッシュボードページ、およびトレーニングのホームページに追加する必要があります。

これは、LMS365 SPFx パッケージ(LMS365 Modern Experience app)をインストールし、有効にすることで行います。

時間の経過とともに、インストールした LMS365 SPFx パッケージは古くなる可能性があるため、Microsoft では、最新の変更と修正にアクセスできるように、定期的に更新することを推奨しています。

以下の手順にしたがって、SharePoint のアプリカタログで、LMS365 SPFx パッケージを確認します。

1.SharePoint 管理センターに移動し、アプリカタログのサイトを開きます。

lms365app1.png

2.アプリカタログサイトで、SharePoint 用アプリを選択し、LMS365(これは、LMS365 SPFxパッケージの略)を見つけます。
このアプリケーションがない場合、手動でアップロードするか、LMS365に処理を任せます。

lms365app2.png

3.LMS365 SPFx パッケージのバージョンが最新であることを確認します。バージョンが古い場合は、手動で更新するか、再インストールする必要があります。

4.LMS365 が有効になっていることを確認します。アプリケーションが有効になっている場合、有効列に「はい」と表示されます。

有効列に「いいえ」と表示されている場合は、そのアプリケーションを有効にする必要があります。
これを行うには、LMS365 の横にある3点メニューを開き、「プロパティ」を選択します。
開いたページの一番下までスクロールして、「有効」チェックボックスを選択して保存します。

lms365app8.png

5.LMS365 がチェックアウトされていないことを確認します。
LMS365 アイコンに緑色の矢印が表示されている場合は、アプリがチェックアウトされていることを示します。

アプリをチェックインするには、アプリの横にある3点メニューを開き、詳細>「チェックイン」を選択します。

lms365App4.png

 

LMS365がインストールされ、有効になっているにもかかわらず、カタログ、そのコースとトレーニングプラン、およびそれらのページを作成または管理する際に問題がある場合は、パッケージの更新またはアプリの再インストールをお試しください。

LMS365 SPFxのパッケージを手動で更新する

お使いのLMS365 SPFxパッケージのバージョンが古い場合、最新のものをダウンロードすることができます。

パッケージの更新は、次の手順で行います。

1.SharePoint 管理センターに移動し、アプリカタログのサイトを開きます。

2.アプリカタログサイトで、SharePoint 用アプリを選択し、LMS365(これは、LMS365 SPFxパッケージの略)を見つけます。

3.LMS365 SPFxのパッケージを更新する場合は、こちらから最新版をダウンロードします。

4.最新版をダウンロードしたら、SharePoint 用アプリ画面で、Uploadを選択します。

5.開いたウィンドウで、ダウンロードしたファイルを選択し「OK」を選択します。

lms365app10.png

6.開いたウィンドウで「このソリューションを組織のすべてのサイトで使用できるようにする」チェックボックスを選択し、組織のすべてのサイトとページでLMS365 SPFxパッケージが適切に動作するようにします。

lms365app14.png

7.「展開」 を選択してアプリを展開します。アップロードされたLMS365 SPFx パッケージは、既存のパッケージを上書きします。

アプリを再インストールする

LMS365の再インストールは、次の手順で行います。

1.SharePoint 管理センターで、アプリカタログサイトに移動し、SharePoint 用アプリを選択し、LMS365 を見つけます。アプリの横にある3点メニューから「削除」を選択します。

lms365app12.png

2.LMS365 を削除したら、キャッシュと Cookie をクリアし、シークレットウィンドウまたは通常のブラウザで、Microsoft 365 グローバル アカウントでLMS365管理センターにアクセスします。

LMS365は、LMS365 が存在するかどうかを自動的にチェックし、不足しているアプリを展開するオプションを提供します。

不足しているアプリを展開することを示唆するウィンドウが表示されない場合は、キャッシュとCookieが完全にクリアされていることを確認してください。

lms365app7.png

3.LMS365 が展開されると、SharePoint アプリカタログに追加されます。