ラーニングモジュールに関する問題

  • 更新

ファイルに関する問題

ラーニングモジュールに追加されたファイルがダウンロードできる。

 

原因:LMS365でコースが作成されると、受講者を含む SharePointグループが作成されます。
既定では、このグループには「閲覧」権限が付与されています。
この既定の SharePoint 権限により、受講者は LMS365 のラーニングモジュールに追加されたファイルをダウンロードすることができます。

対処:ラーニングモジュール内のファイルのダウンロードを禁止する」で説明している手順に従って、ラーニングモジュール内のファイルのダウンロードを禁止します。

 

ラーニングモジュールに追加されたPDFファイルが、LMS365コースプレイヤーで開くことができず「Microsoft Word がファイルを開けません」というエラーメッセージが表示される。

 

原因1:既定では、LMS365コースプレイヤーは標準の SharePointビューア(Word Online)を使用してPDFファイルを開きます。

対処: 既定のビューアを Adobe Reader に変更することができます。
変更をご希望の場合は、LMS365 サポートにご連絡ください。

原因2:ブラウザの「サードパーティのCookieをブロックする」が有効の場合、LMS365コースプレイヤーでPDF ファイルを開くことを妨げます。

対処: 「サードパーティのCookieをブロックする」を無効にします。

 

PDF ファイルが、 PDF ビューアではなく Word Online で開かれる。

 

原因:既定では、LMS365コースプレイヤーは標準の SharePointビューア(Word Online)を使用してPDFファイルを開きます。

対処:既定のビューアを Adobe Reader に変更することができます。

変更をご希望の場合は、LMS365 サポートにご連絡ください。

既定のビューアを変更した後も、PDFファイルが Adobe Reader ビューアではなく、Word Onlineビューアで開かれる場合は、PDFファイルが当該コースのLearning Module Documents ライブラリフォルダーにあるか確認してください。
PDFファイルが適切なフォルダー内に置かれておらず、ファイルへのリンクのみを使用している場合、セキュリティ上の理由により、Adobe ReaderビューアはPDFファイルを開くことができません。

 

Adobe Reader ビューアで開いた PDF ファイルがダウンロードできない。

 

原因:SharePoint内の Adobe Readerビューアは、PDFファイルのダウンロードをサポートしていません。

対処: PDF ファイルをダウンロードするには、標準の SharePoint ビューアとして Word Online を有効にする必要があります。
変更をご希望の場合は、LMS365 サポートにご連絡ください。

 

Microsoft Teams デスクトップ版ではLMS365コースプレーヤーでPDFファイルが開けるが、Microsoft Teamsモバイルアプリでは開けない。

 

原因:

対処:現在のところ、この問題の解決策や回避策はありません。解決策が見つかり次第、こちらに掲載します。

 

PDFファイル内の画像上のテキストがスクリーンリーダーで読み取れない。(他のテキストは読み取れる)

 

原因:PDFファイルの画像の質により、読み取りができないことがあります。

対処:既定では、LMS365コースプレイヤーは標準の SharePointビューア(Word Online)を使用してPDFファイルを開きます。ビューアをAdobe Reader に変更することで、LMS365コースプレイヤーで表示されるPDFファイルの画像の質が向上する可能性があります。
変更をご希望の場合は、LMS365 サポートにご連絡ください。

 

文字サイズに関する問題

ラーニングモジュールのコンテンツエディターで、コンテンツフィールドにおけるテキストのフォントサイズが、既定のフォントサイズになっていません。

 

原因:テキストがコピー&ペーストされ、コピー元のテキストフォーマットが保持されています。

対処:テキストを選択し、「書式をクリア」で既定の書式に戻します。

または、リッチテキストエディタツールバーの「ソースコード」でテキストの書式を表示し、不要な書式を削除して保存します。

trouble_Learningmodule1.png

trouble_Learningmodule1-2.png

 

Web サイトリンクに関する問題

ラーニングモジュールエディタの「Webサイトリンク」で外部のウェブサイトへのリンクが追加された場合、ウェブサイトが埋め込みウィンドウ(LMS365プレイヤー内)で開きません。

 

原因:ウェブサイトの所有者によって、埋め込みウィンドウ内(ここではLMS365プレイヤー内のiframeを示します)でのウェブサイトの使用が禁止されています。この設定はウェブサイト固有の設定であり、ウェブサイトの所有者だけがアクセス権を持ちます。

対処: 以下の iframe チェックサイト(無料)で、リンク先のウェブサイトが iframe に対応しているかどうかを確認できます。

Webサイトが iframe 対応でない場合は、その旨をウェブサイトの所有者へ連絡してみてください。

 

外部 WebサイトのリンクがLMS365 プレーヤーに埋め込まれていない場合、リンクをたどるかどうかにかかわらず、 [次のアイテム]ボタンで次の教材に移動できます。

 

「次のアイテム」ボタンは、ユーザーがリンクにアクセスするかどうかに関わらず、埋め込み以外の外部Webサイトのリンクに対して利用することができます。

これは、ユーザーがコースを進める(次の教材に移動する)タイミングを、LMS365 がコントロールできないため、ユーザーが「次のアイテム」を選択し、コースを進める必要があるためです。
したがって、「次のアイテム」ボタンを無効にすることはできません。

 

ラーニングモジュールドキュメントのフォルダ名

ラーニングモジュールのドキュメントライブラリに作成されるフォルダ名が暗号化(例:47eae5928d7342fd994a3d5f7b652bc9)され、簡単に識別できない。

 

これは意図的に行われるものであり、ラーニングモジュール ドキュメントライブラリ内でのエラーや競合を回避します。これらの固有のフォルダ名は、ファイルをアップロードするときに起こりうる問題や、 不正アクセスの防止にも役立っています。

trouble_Learningmodule2.png

 

Microsoft Officeアプリに関する問題

Microsoft Sway;ラーニングモジュールに追加した Microsoft Sway プレゼンテーションがLMS365コースプレイヤーで直接開かれず、SharePointにリダイレクトされる。

 

原因:これは、Microsoft Swayプレゼンテーションが、埋め込みコードではなく、SharePointのリンクを使用してラーニングモジュールに追加されていることに因るものです。

対処:Microsoft SwayプレゼンテーションをLMS365コースプレイヤーで直接開くためには、埋め込みコードを使用します。

1.Microsoft Swayプレゼンテーションで、共有>「リンクを知っている人は誰でも」を選択します。

2.「招待した人に次の操作を許可する」で表示、または編集を選択し、「埋め込みコードの入手」を選択してこのSwayのコードをコピーします。

trouble_Learningmodule3.png

3.ラーニングモジュールエディターで「埋め込みコード」を選択します。
埋め込みコードパネルが開きます。名前フィールドに入力し、埋め込みコードフィールドに、コピーしたコードを貼り付けます。

trouble_Learningmodule4.png

4.保存します。

 

Microsoft Stream:Microsoft Stream ビデオを埋め込んだ場合、受講者がビデオを視聴したかどうか、またはビデオをすべて視聴したかどうかに関わらず完了となります。

 

原因:LMS365は、受講者による Microsoft Streamビデオの視聴をコントロールすることができないため、LMS365のコースプレイヤーでビデオが開かれると、自動的に完了としてマークされます。

対処:この問題を対処するため、以下の方法をお勧めします。

  • Microsoft Stream ビデオの後に、「読み、理解しましたの確認を作成」で確認のステップを追加します。
    例えば、チェックボックス横のメッセージを「すべて視聴し、その内容を理解しました」とすることで、受講者自身により、ビデオを視聴したことを保証します。
  • Microsoft Stream ビデオの後にクイズを追加し、受講者がビデオの内容を理解したかどうかを確認します。
  • ビデオをSCORMファイルにパッケージし、アップロードします。ビデオをSCORMファイルにパッケージするには、SCORMオーサリングツールを使用するか、コンテンツパッケージプロバイダに依頼する必要があります。

 

Microsoft Stream:LMS365モバイルアプリ、またはMicrosoft Teamsアプリから、LMS365プレイヤー内でMicrosoft Stream ビデオを視聴する際、Microsoft Stream へのサインインが要求され、認証情報を入力するとユーザーはLMS365にリダイレクトされますが、サインインオプションとともにMicrosoft Stream から「このコンテンツを見るにはサインインしてください」というメッセージが表示され、このメッセージが消えない。

 

対処:この問題を解決するには、LMS365 管理センター>グローバル設定>モバイル設定>コンテンツの表示設定で、「ブラウザでコンテンツを表示する」オプションをON(有効)にします。

このオプションを有効にしてから、ユーザーは再度モバイルアプリからMicrosoft Streamビデオにアクセスします。

ユーザーが Safariブラウザを使用している場合、問題が解消されない可能性があるため、Safari の設定で「サイト越えトラッキングを防ぐ」と「すべてのCookieをブロック」オプションを無効にする必要があります。また、Safari の設定で、履歴とWebサイトデータを消去します。

trouble_Learningmodule5.png

 

クイズに関する問題

クイズの領域選択問題を出題した際、一部のユーザーに画像が正しく表示されず画像の選択ができません。

 

この事象が起こる原因はいくつかあります。

原因1:ユーザーがカタログのユーザ一覧に追加されていない。

対処:ユーザーをカタログに追加します。これにより、コースのラーニングモジュールライブラリフォルダに必要な許可が付与され、領域選択問題の画像を保存することができます。

原因2:ユーザーはカタログに追加されているが、画像へのアクセス権を持っていない。

対処:必要なアクセス権を手動で付与します。

SharePoint の 設定(歯車アイコン)>サイトコンテンツ>サイトのリソースファイル>該当するフォルダを選択> HotSpotImages フォルダ> 該当する画像の3点メニューから「アクセス許可の管理」を選択します。
該当するユーザーのアクセス権を設定します。

trouble_Learningmodule7.png