ティーチングバブルについて

  • 更新

ティーチングバブルとは

ティーチングバブルは、LMS365のインターフェイスの一部にある対話型の機能で、新機能を紹介し、ユーザーがその機能を操作する手助けをします。

ティーチングバブルは、LMS365のアップデートが行われた後、または管理者がそれを初めて利用するまでのどちらか早い方の日から起算して最長4週間、LMS365 Admin Centerで利用できます。

ティーチングバブルの操作方法

必要なロール:カタログ管理者、またはコース管理者

1.LMS365のアップグレード後、管理者ユーザーが初めてLMS365管理センターを開くと、新しく導入された機能の近くにティーチングバブルが表示されます。

この例は、2023年6月のリリースの新機能、「コース/トレーニングプランのコピーの作成」です。

Teaching

2.バブルを選択すると、新しい機能の概要が表示されます。

「閉じる」 を選択すると、ティーチングバブルは停止します。以降、LMS365 管理センター にバブルが表示されることはありません。

ティーチングバブルを閉じずに、そのまま「コース/トレーニングプランのコピーの作成」を進めた場合、再度この操作を選択したときには、バブルが表示されます。

Teaching

3.トレーニング設定パネルの「トレーニングの基本情報」の側に表示されるティーチングバブルでは、次に行う操作の説明と、「閉じる」ボタンと「詳細」ボタンが表示されます。

機能によっては、次の図に示すように、ティーチング バブルに「閉じる」ボタンに加えて「詳細情報」ボタンが含まれる場合があります。「詳細」 を選択すると、LMS365 ヘルプセンターの関連記事(英語版)にリダイレクトされます。「詳細」を選択しても、ティーチングバブルが閉じることはありません。

Teaching

トレーニングの基本情報の側に表示されたティーチングバブルを閉じると、次のティーチングバブルが「作成」ボタンの側に表示されます。

Teaching

3. ティーチングバブルを閉じるには、「閉じる」を選択します。