LMS365 と LinkedIn Learning の統合を設定する

  • 更新

重要!

LMS365 と LinkedIn Learningの統合は、LMS365プロフェッショナルサブスクリプションをお持ちのお客様が利用できます。LMS365スタンダードサブスクリプションをお持ちのお客様はご利用いただけません。プロフェッショナルサブスクリプションへのアップグレードをご希望のお客様は、サポートまでご連絡いただくか、営業担当者にお申し付けください。

LMS365 で LinkedIn Learning コースを利用するには、各ユーザー(受講者)に「LinkedIn Learningプレミアムライセンス」が必要です。

LMS365 を LinkedIn Learning と統合するには「LinkedIn Learning エンタープライズライセンス」が必要です。LinkedIn Learning ライセンスは、LinkedIn Learning 管理ポータルを通じて管理されます。
詳細については、こちらの LinkedIn Learning 「個々の学習者をラーニングアカウントに追加する」をご参照ください。

ユーザーへの LinkedIn Learning ライセンスの自動プロビジョニングを構成できます。
詳細については、マイクロソフトのドキュメント「チュートリアル: Azure AD を使用した LinkedIn Learnig の自動ユーザー管理を構成する」をご参照ください。

LinkedIn へのユーザーのシングルサインオンを構成する場合は、マイクロソフトのドキュメント「チュートリアル: Microsoft Entra SSO と LinkedIn Learning の統合」をご参照ください。

組織は、LinkedIn Learning プレミアムライセンスの自動プロビジョニングでシングルサインオンの設定を選択することができ、これにより、ライセンスを先着順で発行することができます。このケースでは、インポートした LinkedIn Learningコースに、LMS365の対象者オプションを設定し、限定公開機能を使用することで、必要なユーザーだけにライセンスを発行し、このコースを利用できるようにすることができます。
トレーニングの限定公開については「トレーニングを特定のユーザーに公開するには」をご参照ください。

LMS365 と LinkedIn Learning を統合して、LinkedIn Learning コースを LMS365 にインポートすることができます。

LMS365 にインポートした LinkedIn Learning コースは、他のコースと同様に、LMS365 のトレーニング管理ページで表示、管理することができます。

注記:LMS365 は LinkedIn Learning のリセラーではありません。LinkedIn Learning コンテンツは、クライアントがアクティブな LinkedIn Learning サブスクリプションを持っている場合にのみ、この統合を通じて提供されます。LinkedIn Learning コンテンツの価格についてのご質問は、LinkedIn Learning に直接お問い合わせください。

LMS365とLinkedIn Learningを統合する

必要なロール: LMS管理者

1.LMS365管理センター>グローバル設定>LMS設定に移動し「統合コネクタ」を選択します。統合コネクタパネルが開きます。

2.「LinkedIn Learning」タイルの「接続」を選択します。

ご契約のサブスクリプションプランにLinkedIn Learningの統合が含まれていない場合、「接続」ボタンはグレーアウトしています。ページの上部には黄色のバナーが表示され、サブスクリプションプランへのアップグレードをご案内します。

Set up LinkedIn Learning1.png

LinkedIn Learningパネルが開きます。

Set up LinkedIn Learning2.png

既存の LinkedIn Learning サブスクリプションに接続するには、LinkedIn Learning 管理ポータルで LinkedIn Learning REST APIアプリケーションの設定が必要です。

以下で、手順の概要をご説明します。詳細についてはマイクロソフトのドキュメント「Provision API Keys(API キーのプロビジョニング)」をご参照ください。

2.LinkedIn Learning 管理ポータルで、管理者へ移動し、プロフィール>「統合」を選択します。

3.左側のナビゲーションメニューから「API経由でコンテンツとレポートにアクセス」>LinkedIn Learnig REST API アプリケーションの生成を展開します。

4.「アプリケーションの追加」を選択します。

5.開いた LinkedIn Learnig API アプリケーションの追加 ダイアログで、Application Nameフィールドに名前を入力します。

6.Application descriptionフィールドに。簡単な説明を入力します。

7.Choose keys(キーの選択)で「Content (コンテンツ)」を選択します。

8.「Next(次へ)」 を選択し、利用規約に同意します。

Set up LinkedIn Learning3.png
※LinkedIn Learnigは、クライアントIDとクライアントシークレットを生成します。これらの資格情報を安全な場所にコピーします。

9.生成されたクライアント ID をコピーし、LMS365 の LinkedIn Learning パネルのアプリケーションキーフィールドに貼り付けます。

10.生成されたクライアントシークレットをコピーし、LMS365 の LinkedIn Learning パネルのシークレットキーフィールドに貼り付けます。

11.接続を選択します。

Set up LinkedIn Learning4.png

12.LMS365は AICC と xAPI の両方のレポートをサポートしています。既定では、AICCレポートが選択されています。

どちらの方法でレポートを作成する場合でも、LinkedIn Learning の管理ポータルで関連するオプションを有効にする必要があります。
また、xAPI レポートを作成するには、Azure で追加のセットアップが必要です。レポート設定の詳細と、AICC と xAPI レポートの比較については、「LinkedIn Learning 統合のレポートオプション」をご参照ください。

13.コースのインポート中に LinkedIn Learning コースから LMS365コースにスキルを同期するには、管理セクションでスキルの同期を選択し、スキルの同期オプションをオンにします。

スキルを同期する方法については、この記事の「コースのインポートによるスキルの同期」をご参照ください。

スキル同期オプションは、お客様のサブスクリプションに「スキル管理」アドオンが含まれている場合にのみ使用できます。

14.既定では、インポートされたLinkedIn Learningコースは公開されないため、各コースを手動で公開する必要があります。インポートしたLinkedIn Learningコースを自動的に公開するには「インポートされたコースを自動的に公開する」オプションをオンに切り替えます。このオプションをオンにすると、インポートされたコースはインポート時の日付と時刻で公開されますが、終了日は指定されません。

Set up LinkedIn Learning5.png

これで統合の設定が完了し、LMS365 に LinkedIn Learning コースをインポートして管理することができます。

LinkedIn Learningの接続を確認する

必要なロール:LMS365管理者

LinkedIn Learningの接続状態は、次の手順で確認します。

1.LMS365管理センター>グローバル設定>LMS設定に移動し「統合コネクタ」を選択します。統合コネクタパネルが開きます。

2.「LinkedIn Learning」タイルに表示された接続を確認します。

  • 接続: 緑色のテキストで表示され、LMS365 がLinkedIn Learningに接続されていることを意味します。
  • 接続エラー:赤いテキストで表示され、LMS365 がLinkedIn Learningに接続できないことを意味します。エラーの詳細を見るには「管理」を選択します。
  • 接続中:グレーテキストで表示され、LMS365がLinkedIn Learningとの接続を確認していることを意味します。

Set up LinkedIn Learning6.png

 

LinkedIn Learning コースをLMS365にインポートする

必要なロール:カタログ管理者

LMS365とLinkedIn Learningの統合が設定されると、LinkedIn Learning コースをLMS365にインポートすることができます。

コースは「eラーニングコース」としてLMS365にインポートされます。一度に最大30 の LinkedIn Learning コースをインポートできます。

1.LMS365管理センター>トレーニング管理>「コースのインポート>LinkedIn Learning」を選択します。

2.「LinkedIn Learningコースのインポート」パネルが開きます。

開いたパネルには、サブスクリプションプランで利用できるすべての LinkedIn Learning コースが「タイトル」「コース完了時に取得できるスキル」「言語」「講師」情報とともに表示されます。

Set up LinkedIn Learning7.png

検索フィールドを使用して、LinkedIn Learnigコースを検索できます。検索は、コース名、トピック、スキル、講師など、さまざまなフィールドで実行されます。

検索フィールドにキーワードを入力し、Enter キーを押すと、キーワードに一致する LinkedIn Learnig コースが一覧で表示されます。

「並べ替えの基準」ドロップダウンリスト:選択した方法でコースの並べ替えができます。既定は「一致する順」ですが、「新しい順」または「閲覧数順」に変更することができます。

既定の表示は、既定の言語で利用できるすべての LinkedIn Learning コースを表示します。
このブラウザセッション内で「LinkedIn Learning コースのインポート」パネルに戻った場合でも、設定したフィルタは保持されます。

Set up LinkedIn Learning12.png

このパネルには次のフィルタリングオプションがあります。

言語:LinkedIn Learnig コースが提供している言語でフィルタリングします。既定では、お使いのブラウザの言語と同じ言語に設定されます。お使いのブラウザの言語が LinkedIn Learning でサポートされていない場合、既定値は英語になります。
組織の LinkedIn Learning ライセンスによっては、複数の言語のコースにアクセスできる場合があります。詳細については、この LinkedIn Learning のFAQ「LinkedInラーニングコースの動画の対応言語について」をご参照ください。

ドロップダウンから言語を選択します。フィルタが適用されると、選択した言語がドロップダウンに表示されます。

主題とトピック:利用できるLinkedIn Learnig コースの主題とトピックでフィルタリングします。複数の選択が可能です。

LinkedIn Learningコースをインポートした場合、LinkedIn Learning の主題とトピックはLMS365のカテゴリーに変換されます。カテゴリーはコースホームページに表示され、カタログ内のトレーニングのフィルタリングに使用されます。

ドロップダウンから該当する項目を選択しフィルタを適用します。適用したフィルタを解除するには「すべてクリア」を選択するか、「すべて選択」を使用してすべての件名とトピックの選択をオンにした後、オフを切り替えます。

フィルタが適用されると、適用した主題とトピックの数がドロップダウンに表示されます。

スキル:利用可能なLinkedIn Learningのコースに関連付けられたスキルでフィルタリングします。複数の選択が可能です。

ドロップダウンから関連するスキルを選択しフィルタを適用します。適用したフィルタを解除するには「すべてクリア」を選択します。

フィルタが適用されると、適用したスキルの数がドロップダウンに表示されます。

レベル: 利用できるLinkedIn Learnig コースに関連付けられたレベルによってフィルタリングします。複数の選択が可能です。

ドロップダウンから目的のレベルを選択しフィルタを適用します。適用したフィルタを解除するには「すべてクリア」を選択するか、「すべて選択」を使用してすべてのレベルの選択をオンにした後、オフを切り替えます。

フィルタが適用されると、適用したレベルの数がドロップダウンに表示されます。

コース名を選択すると、そのコースの詳細情報を表示するパネルが開きます。このパネルから、このコースをインポートすることもできます。

Set up LinkedIn Learning8.png

このパネルを閉じるには ✖ を選択します。

3.「LinkedIn Learningコースのインポート」パネルでインポートするコースを選択します。一度に最大30のコースをインポートできます。

4.コースを選択したら「インポート」ボタンを選択します。コースのインポートが開始されます。インポートは、バックグラウンドで行われます。

インポートにかかる時間は、インポートするコースの数によって異なります。インポートの完了については管理センターの通知に表示されます。コースがインポートに失敗した場合、通知にある詳細をご覧ください。
LMS365 管理センター> ツールバーのベルアイコンを選択すると、通知を確認できます。

5.インポートが完了すると、トレーニング管理ページに表示されます。
インポートされたLinkedIn Learningコースが自動的に公開されない場合は「ステータス」 は未公開  非公開アイコン.png です。

カテゴリ列にはコースに割り当てられたカテゴリが表示されます。

LinkedIn Learning からインポートされたコンテンツパッケージを含むコースには、「Cloudアイコン.pngコンテンツパッケージのインポート元」列にLinkedIn Learningのロゴが表示されます。この列は外部プロバイダからインポートされたコースが少なくとも1つある場合のみ表示されます。

Set up LinkedIn Learning13.png

コース設定パネルのコンテンツセクションでは、インポートした LinkedIn Learning コースに含まれるコンテンツパッケージには、「Cloudアイコン.pngコンテンツパッケージのインポート元」列に LinkedIn Learning のロゴが表示されます。

この列は、外部プロバイダからインポートされたコンテンツパッケージが少なくとも1つある場合にのみ表示されます。

Set up LinkedIn Learning9.png

トレーニングプランの場合、LinkedIn Learning からインポートされたコンテンツパッケージを含むコースが含まれていると、「Cloudアイコン.pngコンテンツパッケージのインポート元」列にLinkedIn Learningのロゴが表示されます。

この列は、トレーニング プランに外部プロバイダからインポートされたコースが少なくとも 1 つ含まれている場合にのみ表示されます。

トレーニングプラン内のコースの変更については、「トレーニングプランの作成」をご参照ください。

Set up LinkedIn Learning10.png

コンテンツパッケージストレージページでは、インポートした LinkedIn Learnigコースに含まれるコンテンツパッケージは、「Cloudアイコン.pngコンテンツパッケージのインポート元」列にLinkedIn Learningのロゴが表示されます。この列は、外部プロバイダからインポートされたコンテンツ パッケージが少なくとも 1 つある場合にのみ表示されます。

インポートされた、LinkedIn Learning のコンテンツ パッケージは他のコースやカタログと共有できます。

Set up LinkedIn Learning11.png

 

コースのインポートによるスキルの同期

LinkedIn LearningコースをLMS365にインポートする際、LinkedIn Learningコースのスキルは現在のカタログのスキルフレームワークと同期されます。

同じタイトルのスキルが現在のカタログに存在しない場合、インポート時に作成されます。

インポートされたスキルは、既定のスキルレベルセットの最も下位のレベルに関連付けられます。

 

LinkedIn LearningメタデータとLMS365のマッピング

LinkedIn Learning コースが LMS365 にインポートされると、LinkedIn Learning コースメタデータはLMS365 のコースプロパティにマッピングされます。

LinkedIn Learning field LMS365 field
Course ID

コースID

Course Title

コースの名前

primary asset image

サムネイル画像

Skills スキル
Topics & Subjects

カテゴリ

Description 概要説明
Description incl. HTML 詳細説明
timeToComplete 所要時間 (標準形式)

LinkedIn Learningコースがインポートされると、

  • LinkedIn Learningコース画像はLMS365コースのサムネイル画像として表示されます。
  • バナー画像にはコースカタログの既定のバナー画像が表示されます。
  • コンテンツパッケージがコースのコンテンツセクションに追加されます。

インポートした LinkedIn Learning コースの既定の設定:

  • 受講者と管理者は割り当てられません。
  • 既定ではコースは未公開に設定されます。LinkedIn Learningの管理を設定して自動的に公開することができます。
  • インポートされたコンテンツパッケージはコース完了に必須として設定されます。
  • LMS365のコースのWebアドレスでサポートされていない文字 (例 " # % & * : < > ? \ / { | } ~ [ ] ` ' ^ およびスペース) は、インポート処理中にアンダースコアに置換されます。

インポートしたコースの準備と公開

必要なロール:カタログ管理者、またはコース管理者

関連するLinkedIn Learningコースをインポートしたら、通常の方法でコースの設定を行い、公開することができます。
LMS365 でeラーニングコースの設定については「eラーニングコースの作成」をご参照ください。

注記:LinkedIn Learning からインポートされたコースのコンテンツパッケージは、新しいブラウザウィンドウで開きます。LinkedIn Learning は iframe をサポートしていないため、コンテンツパッケージを同じウィンドウで開くことはできません。


インポートしたLinkedIn Learningコースの更新

毎週日曜日の午前0時(現地時間)に、LMS365はインポート済みの LinkedIn Learningコースの更新をチェックします。

インポートした LinkedIn Learning コースの更新が検出されると、変更が同期されます。

以下のいずれかの LinkedIn Learning プロパティ(括弧内はLMS365フィールド名)に変更があると、インポートした LinkedIn Learningコースが更新されます。

  • Course ID(ID)
  • Course Title(コース名)
  • primary asset image(サムネイル画像)
  • Skills(スキル)
  • Topics & Subjects(カテゴリ)
  • Description(概要説明)
  • Description incl. HTML(詳細説明)
  • timeToComplete(所要時間 (標準形式))
  • AICC package updates

これらのコースの更新は、すでにLMS365にインポートしたコースの公開ステータス、登録、コースの進捗には影響しません。

LMS365がインポートした LinkedIn Learning の更新をチェックする際、これまでにインポートされたコースがアーカイブされているかどうかもチェックします。

前回の同期以降にLinkedIn Learningがアーカイブしたコースは、トレーニング管理ページで確認できます。

リスト内の少なくとも1つのLinkedIn Learningコースが廃止されると、情報アイコン.png 廃止された列が表示されます。

廃止されたコースは、トレーニング管理ページで 情報アイコン.png アイコンがあることで識別できます。

廃止の列は、コンテンツパッケージストレージページの廃止されたコースに含まれるコンテンツパッケージにも表示されます。

受講者は、廃止されたコースを引き続き利用することができるため、コース管理者の責任において、コースの公開を取り消すか、削除するかを選択してください。

注記:コースの更新プロセスでは、お客様がインポートしたコースのフィールドに適用したカスタマイズは上書きされません。コースのインポート後に変更されていないフィールドのみが更新されます。


LMS365フリーミアムでLinkedIn Learningを統合した場合

  • LinkedIn Learningからインポートしたコースは、コースとトレーニングプランの上限である8件にはカウントされます。
  • LinkedIn Learningコースへの登録は、月間の新規登録者数 100 の制限にカウントされます。
  • インポートしたLinkedIn Learning コースは、通常の方法で削除できます。

LinkedIn Learningとの接続を解除する

必要なロール:LMS 管理者

LinkedIn Learningとの接続を解除すると、インポートしたコースを LMS365 と LinkedIn Learning の間で同期させることができなくなります。

また、LMS365 に LinkedIn Learning コースをインポートできなくなり、トレーニング管理ページの「コースのインポート」オプションに「LinkedIn Learning」は表示されません。

接続の解除は、以下の手順で行います。

1.LMS365管理センター>グローバル設定>LMS設定に移動し「統合コネクタ」を選択します。統合コネクタパネルが開きます。

2.「LinkedIn Learning」タイルの「管理」を選択します。LinkedIn Learningパネルが開きます。

3.LinkedIn Learningパネルで「切断する」を選択します。

4.確認メッセージで「OK] を選択し切断します。