LMS365 AI チャットボット

  • 更新

目次

はじめに

AI チャットボット

AI チャットボットを有効にする

AI チャットボットでトレーニングを探す

コース カタログからトレーニングを検索する

受講者の学習の進捗に基づいてトレーニングを検索する

コース カタログを切り替える

AI チャットボットの対応言語

AI チャットボットのコンテキスト履歴を消去する

ご意見・ご質問について

はじめに

LMS365 では、カタログ管理者が、AI 拡張機能のプレビュー版を有効にすることができます。現在、LMS365 の AI チャットボットは、統合した Teams の「チャット」タブを通じて利用できるようになっています。この AI によるアシスタントは、LMS365 ユーザーがコース カタログ内で目的に合ったトレーニングを見つけることをお手伝いします。

ここでは、LMS365 の AI チャットボットの機能とそれを有効にする方法、およびユーザーが学習目標を達成するための AI チャットボットの活用方法について説明します。

AI 機能におけるデータ管理、プライバシー確保、セキュリティ維持のために LMS365 で採用している対策や方法については、こちらを参照してください。

 

注記:

  • AI チャットボットは、プレビュー版としてリリースされています。この初期段階では、LMS365 はいつでもこのサービスを中止する権利を留保します。
  • 現在、LMS365 はすべてのお客様に無償で AI 機能への先行アクセスをご提供しています。今後の AI のビジネス モデルは、ここから収集された知見とフィードバックに基づいて決定されます。

 

AI チャットボット

Microsoft Teams の AI チャットボットは、ユーザーの要件に沿って該当するトレーニングを検索して見つけだすために、特別に設計されたアシスタントです。

AI チャットボットは、大規模言語モデル (LLM) 上に構築され、自然言語処理 (NLP) モデルを使用しており、ユーザーはより自然で直感的な形でトレーニングと対話できます。ユーザーは、特定のコマンドやプロンプトを使用する代わりに、日常の言葉でリクエストを入力するだけで、チャットボットがそれを理解します。ユーザーとチャットボットの間の流動的なコミュニケーションは、結果として、より自然な会話に近いやり取りとなり、ユーザー エクスペリエンスをより迅速で優れたものにします。

この AI チャットボットは、複雑な問い合わせにも対応でき、さまざまな状況に応じて、より正確でパーソナライズした応答を返すことができます。

 

注記:

AI チャットボットは人工知能によって駆動されるため、予期せぬ結果やエラーが発生する可能性があります。問題が発生した場合は、フィードバックを送信し、機能改善にご協力ください。

 

AI チャットボットは、日常的な言葉を理解することができますが、その主な機能は、LMS365 でユーザーが学習目標を達成するための支援をすることです。そのため、「お元気ですか」といった一般的な会話や、天気予報に関する質問などには応答しません。

このような一般的な質問をした場合、会話の結果は次のようになります。

LMS365 AI-powered chatbot1.png

 

AI チャットボットを有効にする

必要なロール:LMS 管理者またはMicrosoft 365 グローバル管理者

AI チャットボットはプレビュー版としてリリースされているため、ユーザーが学習環境で利用できるように、この機能を有効にしておく必要があります。

LMS365 Microsoft Teams アプリでは、通常のチャットボットが既定のチャットボット オプションとなっており、ユーザーは「チャット」タブを通じて利用できます。ただし、AI チャットボットを有効にすると、すべてのユーザーが AI チャットボットのみを利用することになります。

 

LMS365 AI チャットボットを有効にするには:

1.LMS365 管理センター>グローバル設定>LMS 設定 に移動し、「新機能」を選択します。

2.「新機能」パネルが開きます。

  • 生成 AI 機能:トグルをオンにして有効にします。ユーザーは LMS365 の AI 機能へのアクセスが可能になります。
  • Learn365 利用規約に同意する:規約に同意することを確認し、チェックボックスをオンにします。AI 機能におけるデータ管理、プライバシー確保、セキュリティ維持のために LMS365 で採用している対策や方法については、こちらを参照してください。
  • Microsoft Teams チャットボット:トグルをオンにして有効にします。

LMS365 AI-powered chatbot2.png

 

3.「保存」を選択します。操作をキャンセルするには、「キャンセル」を選択します。

 

AI チャットボットでトレーニングを探す

AI チャットボットは、Microsoft Teams の LMS365 の「チャット」タブから利用できます。

現在、AI チャットボットは次のことをお手伝いします。

  • コース カタログからユーザーの要件に合ったコースやトレーニング プランを検索し提供、そこからさらに会話することで詳細な結果を提供する。
  • ユーザーの学習の進捗に基づいてトレーニングを検索し提供する。
  • コース カタログを切り替える。

 

コース カタログからトレーニングを検索する

AI チャットボットを使って、ユーザーは希望する学習や将来のキャリア プランに沿ったコースやトレーニング プランを検索することができます。

検索は、選択したコース カタログ内で次のパラメータを使用して実行されます。

  • Training title (トレーニング タイトル)
  • Description (説明)
  • Categories (カテゴリー)
  • Tags (タグ)
  • Type of course (コースのタイプ)
  • The user has access to (ユーザーがアクセス権を持つ)
  • The user isn't enrolled in this training (ユーザーはこのトレーニングに登録されていない)

結果として、ユーザーがリクエストしたコースやトレーニング プランのリストが提供されます。

例:

ユーザーは、チャットボットに AI に関するトレーニングを探す手助けをしてほしいと望んでいます。そのため、ユーザーは次のように会話でリクエストを入力します。

「AIについてのコースを探しています」

これがチャットボットとの最初の会話となります。検索がカタログ レベルで実行されている場合、チャットボットは検索を行うカタログの選択をユーザーに求めることがあります。この場合、ユーザーはチャットボットから提供されたカードから該当するコース カタログを選択します。

LMS365 AI-powered chatbot3.png

ユーザーは会話で自分のリクエストを続けます。その結果、リクエストに関連するトレーニングが提供されます (該当するトレーニングがある場合)。次のように、ユーザーは AI をテーマとしたトレーニングを取得することができます。

LMS365 AI-powered chatbot4.png

 

受講者の学習の進捗に基づいてトレーニングを検索する

ユーザーは、LMS365 の学習の進捗に基づいてトレーニングを検索することができます。これにより、ユーザーは各自の教材の進捗に基づいてトレーニングを取得することができます。

検索はテナント レベルで実行されるため、ユーザーはすべてのコース カタログから自分の学習に関する情報を受け取ることができます。検索は次のパラメータを使用して実行されます。

  • Training IDs (トレーニング ID)
  • Training title (トレーニング タイトル)
  • Training type (トレーニング タイプ)
  • Statuses (ステータス)
  • Progress (進捗)

例:

ユーザーはまだ開始していないトレーニングのリストを必要としています。そのため、ユーザーは次のように質問を入力します。

「まだ開始していないコースはありますか?」

その結果、ユーザーは、すべてのコース カタログの中からまだ開始していないすべてのトレーニングのリストを取得することができます。

LMS365 AI-powered chatbot5.png

必要に応じて、さらに会話を進め、まだ開始していないトレーニングの検索をさらに絞り込むことができます。たとえば、追加で次のリクエストを入力します。

「e‐ラーニング コースのみを表示してください」

LMS365 AI-powered chatbot6.png

 

コース カタログを切り替える

ユーザーは、トレーニングを検索するカタログを簡単に切り替えることができます。

ユーザーは、次の方法でカタログを切り替えることができます。

  • カタログのタイトルがわかっている場合は、次のようにリクエストを入力することができます。
    例:「○○カタログに切り替えてください」、「代わりに○○カタログで検索できますか?」など
    チャットボットは、リクエストされたカタログに切り替えます。

LMS365 AI-powered chatbot8.png

 

  • コース カタログのタイトルが不明な場合は、次のようにリクエストを入力することができます。
    例:「別のカタログで検索したいです。」

この場合、チャットボットは、ユーザーがドロップダウン リストから該当するカタログを選択できるカードを提供します。ドロップダウン リストには、ユーザーがアクセスできるカタログのみが表示されます。

LMS365 AI-powered chatbot7.png

 

AI チャットボットの対応言語

LMS365 の AI チャットボットは、主に英語でコミュニケーションします。ただし、マイクロソフトがサポートするその他の言語も理解することができます。

ユーザーは AI チャットボットにリクエストを送信する際、入力するリクエストの言語と、検索する情報の言語が一致するように留意する必要があります。たとえば、検索するコースが日本語であれば、ユーザーはコース タイトルを日本語で入力することで、チャットボットがコースを見つけやすくする必要があります。

 

AI チャットボットのコンテキスト履歴を消去する

チャットボットは人工知能によって駆動されるため、正しくない結果や予期せぬ結果を返すことがあります。そのような場合、ユーザーはチャットボットに会話の履歴を消去するようリクエストして、現在の会話を終了させることができます。
例:「コンテキスト履歴を消去してください」、「会話を終了してください」など

これにより、チャットボットはリセットされ、現在の会話におけるそれまでの応答をすべて忘れます。ユーザーは、これまでの会話を引き続き閲覧できます。

チャットボットから履歴の消去の応答が返されたら、ユーザーは新しい会話を始めることができます。

LMS365 AI-powered chatbot9.png

 

ご意見・ご質問について

AI チャットボットを利用する際のご質問やご意見、コンプライアンスやプライバシーに関するご質問がございましたら、dataprotection@zensai.com (英語) または株式会社ソフィア サポート support@lms365.jp にご連絡ください。

AI チャットボットの強化に関するご提言、ご提案、ご意見がございましたら、担当のカスタマー サクセス マネージャーに直接ご連絡いただくか、カスタマー サクセス チーム customersuccess@zensai.com (英語) にメールでご連絡ください。

LMS365 で AI チャットボットに関する問題が発生した場合は、Zensai プロダクト サポート (英語) にリクエストを送信してください。