API経由でクイズの回答を取得する

  • 更新

LMS365 API では、受講者のクイズの回答を取得し、ダウンロードすることができます。

ここでは、その方法についてご説明します。

1. https://api.365.systems/ にアクセスし、APIキーで認証します。

2.QuizAttempts セクションを展開し、GET/odata/v2/QuizAttempts Returns list of Quiz Attempts  を選択し、開いた画面で右上の「Try it out」を選択します。

quiz answers via API1.png

クエリオプションパラメータを使用すると、フィルターを設定してResponseを制御できます。

テナントで試行されたすべてのクイズの回答を取得したい場合、フィールドは空のまま次のステップに進みます。

回答を絞り込みたい場合は、クエリフィールドにクエリパラメータを指定します。レスポンスデータには、絞り込まれたデータのみが含まれます。

例えば、特定のクイズに関するすべての受講者の回答を取得する場合:

$filterフィールドに「QuizId eq 'quiz id'」で特定のクイズを指定します。クイズIDの取得方法は「APIでクイズIDを取得する」をご参照ください。'quiz id'を取得したクイズIDに置き換えます。

$selectフィールドに「QuizId,EnrollmentId,State」を入力します。この場合、レスポンスには指定したクイズの受講者の回答が含まれ、その他のクイズの試行に関する情報は含まれません。

quiz answers via API2.png

3.「Execute」を選択してリクエストを実行します。

4.Responses ブロックで結果を確認します。

  • Codeの下にある2XX(例:200)という数字は、リクエストが正しく動作したことを示します。
  • Downloadオプションを使用すると、APIリクエストの結果を JSON 形式でローカルデバイスに保存できます。
  • クエリオプションパラメータが設定されていない場合、すべての試行と受講者の回答を含む、テナント上のすべてのクイズを表示します。クイズの回答は「State」パラメータに表示されます。
  • Stateには、.JSON形式で記述された設問と回答が表示されます。これについては、QuizAttempts 「State」データの解説、またはAPIドキュメント「Quiz Attempt State」セクションをご参照ください。

quiz answers via API3.png