QuizAttempts 「State」データの解説

  • 更新

LMS365 API では、QuizAttempts セクションで受講者のクイズの回答を取得し、ダウンロードできます。QuizAttempts セクションのリクエストのResponse bodyに表示される「State」には、クイズの設問および受講者の回答に関するデータが含まれます。データは.JSONフォーマットで記述されます。

ここでは、LMS365 APIのQuizAttemptsセクションで行われたリクエストのResponse bodyにある「State」に表示されるデータを読み取る方法についてご説明します。

「State」文字列の説明

Response bodyの「State」文字列には以下の情報が含まれます。

  • 各クイズ内にある設問は次の画像に示すように、クイズの設問IDで始まります。
    設問IDについては「Quizzes 「Questions」データの解説」をご参照ください。

    State string1.png

  • 「Percent」プロパティには、この試行の受講者の回答率が表示されます。

    State string2.png

  • QuestionTypeプロパティには設問タイプが番号で記述されます。
    設問タイプの定義はAPIドキュメンテーションページの Quiz Attempt State > QuestionType セクションに記載されています。

    State string3.png

  • AnswerResult には、設問のタイプに応じて、受講者の回答または回答 IDを表示します。
    クイズ回答とそのIDについては、こちらの記事をご覧ください。

単一選択問題・複数選択問題:回答 ID が表示されます。

State string4.png

並び替え問題:受講者が選択した順番で回答IDが表示されます。

State string5.png

正誤問題:受講者の回答を「True」または「false」」で表示します。

State string6.png

自由記述、記述問題、穴埋め問題:受講者の回答を表示します。

State string7.png

組み合わせ問題:角括弧の中に受講者がマッチングとして選択した回答 ID が表示されます。各マッチングペアはカンマで区切られています。

State string8.png

領域選択問題:受講者が画面上で選択した範囲を位置情報(XとY)で表示します。

State string9.png