LMS365で生成AI機能を使う

  • 更新

LMS365では、AIによる拡張機能のプレビュー版を試用いただけます。
現在、LMS365管理センターでは、クイズの作成、クイズと設問プールでの問題の作成、eラーニングコースの作成においてAI駆動アシスタント(AI-driven assistance)を有効にできます。

ここでは、LMS365でAI駆動アシスタント機能を有効にする方法についてご説明します。

AI駆動アシスタント機能における、LMS365のデータ管理、プライバシー、セキュリティについては「LMS365と人工知能(AI):データ・プライバシー・セキュリティ」をご参照ください。

AI駆動アシスタント機能を有効にする

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者、または LMS 管理者

AI駆動アシスタント機能を使ってクイズ、クイズと設問プールの問題、eラーニングコースを作成するには、LMS365管理センターでAI機能を有効にする必要があります。既定では、この機能はオフになっています。

この機能を有効にしても、通常の方法でクイズ、設問、eラーニングコースを作成できます。

AI駆動アシスタント機能の有効化は以下の手順で行います。

1.LMS365 管理センター>グローバル設定 > LMS 設定 に移動し、「新機能」を選択します。

2. 開いたパネルで

  • 生成AI機能:トグルをオンにします。これにより、LMS365のAI機能にアクセスが可能となります。
  • LMS365の規約に同意する:規約に同意することを確認し、チェックボックスを選択します。
    AI駆動アシスタント機能における、LMS365のデータ管理、プライバシー、セキュリティについては「LMS365と人工知能(AI):データ・プライバシー・セキュリティ」をご参照ください。
  • LMS365 管理センターの AI:トグルをオンにします。これで、コンテンツ生成機能が有効になります。

Enable generative AI1.png

3.設定を「保存」します。

 

AI駆動アシスタント機能でコンテンツを作成する

LMS365でAI駆動アシスタント機能を有効にすると、管理者はAIを活用したコンテンツ作成を開始することができます。

AIを使ったクイズや設問の作成については「AIでクイズ、設問を作成する」をご参照ください。

AIを使ったeラーニングコースの作成については「AIでeラーニングコースを作成する」をご参照ください。

 

AIがサポートする言語

LMS365のAIアシスタントはマイクロソフトがサポートする言語を理解します。
つまり、生成されるコースやクイズ、設問はコンテンツフィールドで提供された言語と同じになります。

例えば、提出されたコンテンツがドイツ語の場合、生成されるコースやクイズ、設問もドイツ語になります。

 

ご意見・ご質問について

AI駆動アシスタント機能を利用する際のご質問やご意見、コンプライアンスやプライバシーに関するご質問がございましたら、dataprotection@elearningforce.com(英語)または、株式会社ソフィアサポートsupport@lms365.jp にご連絡ください。