LMS365 で生成 AI 機能を有効にする

  • 更新

目次

はじめに

LMS365 では、Microsoft 365 グローバル管理者と LMS 管理者が、AI 拡張機能のプレビュー版を有効にすることができます。現在、LMS365 管理センターでは、LMS365 でのコンテンツの作成において  AI アシスタンスを利用できます。

ここでは、LMS365 で AI アシスタンス機能を有効にする方法について説明します。

AI 機能におけるデータ管理、プライバシー確保、セキュリティ維持のために LMS365 で採用している対策や方法については、こちらを参照してください。

 

AI アシスタンスを有効にする

必要なロール:LMS 管理者またはMicrosoft 365 グローバル管理者

AI アシスタンスでコンテンツを作成するには、AI 拡張機能のプレビュー版を有効にする必要があります。

管理者は、AI アシスタンス機能が有効になっていても、通常の方法で (AI 機能を使わずに) コンテンツを作成できます。

1.LMS365 管理センター>グローバル設定>LMS 設定に移動し、「新機能」を選択します。

2.「新機能」パネルが開きます。

  • 生成 AI 機能:トグルをオンにして有効にします。これにより、LMS365 の AI 機能にアクセスが可能となり、「新機能」パネルで追加設定が行えるようになります。
  • LMS365 利用規約に同意する:規約に同意することを確認し、チェックボックスをオンにします。AI 機能におけるデータ管理、プライバシー確保、セキュリティ維持のために LMS365 で採用している対策や方法については、こちらを参照してください。
  • コンテンツの生成:トグルをオンにして有効にします。これにより、LMS365 で AI をしてコンテンツを生成できるようになります。
  • 「コンテンツの生成」機能を有効にすると、「ビデオから生成」のトグルをオンにすることで、ビデオからのコンテンツ生成が有効になります。

Enable generative AI1.png

 

3.「保存」を選択します。操作をキャンセルするには、「キャンセル」を選択します。

 

AI アシスタンスでコンテンツを作成する

LMS365 で AI アシスタンス機能を有効にすると、管理者は AI を活用したコンテンツ作成を開始することができます。詳細については、こちらを参照してください。

 

AI がサポートする言語

AI アシスタントは、マイクロソフトがサポートする言語を理解します。 生成されるコンテンツは、提供したコンテンツと同じ言語にも、異なる言語にもなります。

複数の言語のコンテンツを提供した場合や、コンテンツの提供が不十分な場合、AI は予期しない言語でコンテンツを生成することがあります。

 

ご意見・ご質問について

AI 機能を利用する際のご質問やご意見、コンプライアンスやプライバシーに関するご質問がございましたら、dataprotection@zensai.com (英語) または株式会社ソフィア サポート support@lms365.jp にご連絡ください。

AI 機能拡充に関するご提言、ご提案、ご意見がございましたら、担当のカスタマー サクセス マネージャーに直接ご連絡いただくか、カスタマー サクセスチーム customersuccess@zensai.com (英語) にメールでご連絡ください。

LMS365 で AI 機能に関する問題が発生した場合は、Zensai プロダクト サポート (英語) にリクエストを送信してください。