フリーミアム:Learn365 環境のセットアップ

  • 更新

目次

はじめに

ここでは、フリーミアム サブスクリプションで組織の Learn365 環境をセットアップするための 7 つのステップを説明します。

Learn365 フリーミアムで利用できる機能については、こちらを参照してください。

 

ステップ 1:Learn365 をインストールして有効化する

Learn365 フリーミアムにサインアップしたら、次にそれを Microsoft テナントにインストールします。

Learn365 のインストールは簡単なプロセスですが、インストールを行うには Microsoft 365 グローバル管理者ロールが必要です。組織内の誰にこのロールが割り当てられているかを確認する方法は特にありませんが、通常は Microsoft 365 のインストールを担当する IT 部門のユーザーです。

Microsoft 365 グローバル管理者ロールを持つユーザーは、https://lms.365.systems にアクセスしてインストールを開始することができます。ここから、インストール ガイドの手順に従って、Learn365 をインストールします。

Learn365 のインストールに関する詳細については、 こちらを参照してください。

Learn365 のインストールが完了すると、会社情報ページが表示されます。ここで、フリーミアム サブスクリプションを有効化する必要があります。

フォームに必要事項を入力し、「サブスクリプション タイプの選択」で「使用制限のある Learn365 フリーミアム サブスクリプション プランを使用する」を選択します。

詳細については、こちらを参照してください。

 

ステップ 2:コース カタログを作成する

インストール後、フリーミアム サブスクリプションを有効化したら、次はコースを保存し管理する場所tとなる「コースカタログ」を作成する必要があります。

 

注記:  

この手順には Microsoft 365 グローバル管理者アカウントが必要です。Learn365 アプリをインストールしてフリーミアム サブスクリプションを有効化した直後、このアカウントでログインしている間に、この手順を完了してください。

 

Learn365 管理者センター>グローバル設定 から、「+コース カタログの追加」を選択し、「コース カタログ タイトル」を入力し、「保存」を選択します。

詳細については、こちらを参照してください。

 

Freemium-1.gif

 

ステップ 3:トレーニングの通知、会議室の予約、Microsoft Teams 会議によるセッションを有効にする

新しいコースカタログにアカウントを接続すると、コースが開催される場所や学習イベントに関連するメッセージを、確実に受講者に送信することができます。このアカウントは、すべてのトレーニングの通知、会議室の予約確認、および Microsoft Teams 会議の情報を送信するために使用されます。

これを行うには、Learn365 管理センターから、通知を設定するコース カタログに移動し、カタログ設定>通知>「Microsoft 365 接続設定」を選択します。
次に、「Learn365 によるメール通知送信、会議室の予約、会議の招待状の作成を有効にする」トグルをオンにして、「接続」を選択します。

Eメール通知、会議室の予約確認、Microsoft Teams 会議の情報の送信に使用するアカウントのメール アドレスを入力します。要求されたアクセス許可を承諾し、設定を保存します。

詳細については、こちらを参照してください。

 

Freemium-2.gif

 

ステップ 4:スキルと認定証を設定する

トレーニングを完了した受講者に特定のスキルや認定証を付与する場合は、先に、認定証の作成やトレーニングのスキル フレームワークの設定が必要となります。

これを行うには、Learn365 管理センターからコース カタログ に移動し、カタログ設定 > 「認定証テンプレート / スキル フレームワーク」 を選択し、トレーニングの完了時に付与する認定証とスキルを作成します。

認定証テンプレートの作成方法については、こちらを参照してください。

スキルの設定方法については、こちらを参照してください。

 

Freemium-3.gif

 

ステップ 5:カテゴリーを設定する

カテゴリーやサブカテゴリーをコースやトレーニング プランに関連付けておくと、受講者が検索やフィルター機能を使用して、トレーニングをすばやく簡単に見つけることができます。

独自のカテゴリーおよびサブカテゴリーを作成するには、Learn365 管理センターからコース カタログに移動し、カタログ設定>カテゴリー>「+カテゴリーの追加」を選択します。ここから、カテゴリーとサブ カテゴリーを作成することができます。作成すると、カテゴリーとサブ カテゴリーをトレーニングに関連付けるフレームワークができます。

詳細については、こちらを参照してください。

 

ステップ 6:コース カタログに受講者を追加する

トレーニングをユーザーに提供する前に、コース カタログにユーザーを追加する必要があります。

これを行うには、Learn365 管理センターからコース カタログに移動し、ユーザー>「+ユーザーの追加または招待」を選択します。
次に、コース カタログへのアクセス権を付与するユーザーの名前、またはメール アドレスを入力します。個々のユーザーを追加するか、Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループを追加して一度に複数のユーザーを追加することもできます。

詳細については、こちらを参照してください。

注記:  

組織内のユーザーはコース カタログに追加されても通知を受け取りません。外部ユーザーはコース カタログへの招待を受け取り、これを承諾しないと追加されません。組織外のユーザーを招待するには、SharePoint Microsoft Entra ID(Azure Active Directory)の設定で外部共有を有効にする必要があります。

 

Freemium-4.gif

 

ステップ 7:コース / トレーニング プランを作成する

ここまでで、コース カタログにコースとトレーニング プランを作成する準備ができました。

Learn365 管理センターからトレーニング管理 >「+トレーニングの作成」を選択し、作成するトレーニングのタイプを選びます。

  • e-ラーニング:ビデオ、テキスト、画像などオンデマンドのコンテンツで構成されるコースを作成します。

  • 講師によるトレーニング:セッションとオンデマンドのコンテンツで構成されるコースを作成します。

  • トレーニング プラン: 複数のコースを組み合わせたトレーニング プログラムを作成します。

コンテンツの追加、詳細な設定から、トレーニングの公開そしてユーザーの登録まで、トレーニングの作成手順をご案内します。

 

注記:  

ユーザーをトレーニングに登録する前に、必ずコース カタログにユーザーを追加してください。
これにより、ユーザーはコース カタログのすべてのトレーニングにアクセスすることができ、アクセス拒否のメッセージが表示されるのを防ぐことができます。

 

Learn365 は、受講者の関心を引きつけるコンテンツを作成するために、最適な環境を用意しています。

ビデオ、音声、PDF、画像など、さまざまな学習コンテンツを含むラーニング モジュールを追加できます。また、コースの中で、実践的な課題、クイズ、ワークショップ、バーチャル リアリティ、特定の場所でのセッション、バーチャル セッションを行うこともできます。

お手持ちの SCORM または AICC コンテンツ パッケージをコースに追加することもできます。

Freemium-5.gif

 

これで、組織にトレーニングを提供する準備は整いました。目的にかなった学習を展開しください!