LMS365 で利用できる AI 機能

  • 更新

目次

はじめに

LMS365 管理センターでは、AI アシスタンスを利用できます。

ここでは、LMS365 でコンテンツを効率的かつ効果的に作成するために、あるいはユーザーが目的に合ったトレーニングを見つけるために、AI 機能をどのように活用できるかについての概要を説明します。また、生成 AI 機能を有効にする方法も紹介します。

 

注記:

  • AI アシスタンス機能は、プレビュー版としてリリースされています。この初期段階では、LMS365 はいつでもこのサービスを中止する権利を留保します。
  • 現在、すべてのお客様に無償で AI 機能への先行アクセスをご提供しています。今後の AI のビジネス モデルは、ここから収集された知見とフィードバックに基づいて決定されます。
  • AI サービスには、有害、攻撃的、または潜在的に危険なコンテンツの生成を防止する内部制限があります。そのようなコンテンツが検出された場合、AI サービスはそのコンテンツの生成を拒否し、管理者に通知します。
  • 技術の性質上、AI によって生成されるコンテンツには誤りがある場合があります。AI 関連の機能を継続的に開発し、生成されるコンテンツの品質向上を図っております。

 

LMS365 で生成 AI 機能を有効にする

必要なロール:LMS 管理者またはMicrosoft 365 グローバル管理者

AI アシスタンスでコンテンツを作成するには、AI 拡張機能のプレビュー版を有効にする必要があります。

AI アシスタンス機能を有効にする方法については、こちらを参照してください。

 

注記:

管理者は、AI アシスタンス機能が有効になっていても、通常の方法で (AI 機能を使わずに) コンテンツを作成できます。

 

AI でクイズ、クイズの設問、設問プールの設問を作成する

必要なロール:カタログ管理者またはコース管理者

 AI アシスタンスでクイズ、クイズの設問、設問プールの設問を作成する方法については、こちらを参照してください。

クイズや設問は、テキストまたはアップロードしたビデオから生成することができます。

 

AI で eラーニング コースを作成する

必要なロール:カタログ管理者

AI アシスタンスで eラーニング コースを作成し、必要に応じて関連するクイズを作成する方法については、こちらを参照してください。

eラーニング コースは、テキストまたはアップロードしたビデオから生成することができます。

コース管理者は、作成されたコースを編集、管理することができます。

 

AI でスキルを生成する

必要なロール:カタログ管理者

AI アシスタンスでスキルを生成する方法については、こちらを参照してください。

 

AI チャットボット

現在、AI チャットボットは、統合した Teams の「チャット」タブを通じて利用できるようになっています。この AI によるアシスタントは、ユーザーがコース カタログ内で目的に合ったトレーニングを見つけることをお手伝いします。

既定では、通常のチャットボットをすべてのユーザーが「チャット」タブを通じて利用できます。AI チャットボットを有効にすると、すべてのユーザーがAI チャットボットのみを利用することになります。

AI チャットボットの機能とそれを有効にする方法、およびユーザーが学習目標を達成するための AI チャットボットの活用方法については、こちらを参照してください。

 

AI がサポートする言語

AI アシスタントは、マイクロソフトがサポートする言語を理解します。 生成されるコンテンツは、提供したコンテンツと同じ言語にも、異なる言語にもなります。

複数の言語のコンテンツを提供した場合や、コンテンツの提供が不十分な場合、AI は予期しない言語でコンテンツを生成することがあります。

 

LMS365 と人工知能 (AI):データ、プライバシー、セキュリティ

AI 機能におけるデータ管理、プライバシー確保、セキュリティ維持については、こちらを参照してください。

 

ご意見・ご質問について

AI 機能を利用する際のご質問やご意見、コンプライアンスやプライバシーに関するご質問がございましたら、株式会社ソフィア サポート support@lms365.jp にご連絡ください。

また、AI 機能拡充に関するご提言、ご提案、ご意見がございましたら、株式会社ソフィア サポート support@lms365.jp にお寄せください。

LMS365 で AI 機能に関する問題が発生した場合は、株式会社ソフィア サポート support@lms365.jp にご連絡ください。