AI でスキルを生成する

  • 更新

目次

はじめに

現在、LMS365 管理センターでは、LMS365 でのコンテンツの作成において AI アシスタンスを利用できます。

ここでは、カタログ管理者が LMS365 の AI アシスタンス機能を使ってスキルを生成する方法を説明します。

カタログ管理者は、AI アシスタンス機能が有効になっていても、通常の方法で (AI 機能を使わずに) スキルを作成できます。

AI 機能におけるデータ管理、プライバシー確保、セキュリティ維持のために LMS365 で採用している対策や方法については、こちらを参照してください。

 

注記:

  • AI アシスタンス機能は、プレビュー版としてリリースされています。この初期段階では、LMS365 はいつでもこのサービスを中止する権利を留保します。
  • 現在、すべてのお客様に無償で AI 機能への先行アクセスをご提供しています。今後の AI のビジネス モデルは、ここから収集された知見とフィードバックに基づいて決定されます。
  • AI サービスには、有害、攻撃的、または潜在的に危険なコンテンツの生成を防止する内部制限があります。そのようなコンテンツが検出された場合、AI サービスはそのコンテンツの生成を拒否し、管理者に通知します。
  • 技術の性質上、AI によって生成されるコンテンツには誤りがある場合があります。AI 関連の機能を継続的に開発し、生成されるコンテンツの品質向上を図っております。

 

スキルを生成するために AI アシスタンスを有効にする

必要なロール:LMS 管理者またはMicrosoft 365 グローバル管理者

AI アシスタンスでスキルを生成するには、AI 拡張機能のプレビュー版を有効にする必要があります。

LMS365 の AI アシスタンス機能を有効にする方法については、こちらを参照してください。

 

AI でスキルを生成する

必要なロール:カタログ管理者

このセクションでは、「スキルの生成」パネルからスキルを生成する方法について説明します。

1.LMS365 管理センター>カタログ設定 に移動し、スキル フレームワーク>スキル管理>AI でスキルを生成 を選択します。「スキルの生成」パネルが開きます。

2.開いた「スキルの生成」パネルで、該当する定義済みのキーワードを選択するか、新しいキーワードを入力します。AI はそのキーワードを使用してスキルを生成します。キーワードとは、スキルの対象領域です。

3.該当するスキル レベル セットをドロップダウン リストから選択します。既定のスキル レベル セットが自動的に選択されます。このスキル レベル セットには、「割り当てなし」、「苦手」、「平均以下」、「平均」、「平均以上」、「優秀」のレベルが含まれています。

4.生成するスキルの数を定義します。スキルは 50 個まで定義できます。提供した情報により、生成されたスキルの数が定義した数よりも少ない場合があります。

5.「出力言語」ドロップダウン リストから、生成するスキルの言語を選択します。

既定の設定 (入力言語) のままにしてソース コンテンツと同じ言語でスキルを生成するか、ドロップダウンからマイクロソフトがサポートする言語を選択します。

詳細については、「AI がサポートする言語」を参照してください。

6.さらにスキル カテゴリーやスキル タグを生成するには、「スキル カテゴリーの生成」および「スキル タグの生成」トグルをオンにします。カテゴリーやタグを追加することで、受講者の検索環境を向上させることができます。受講者は、トレーニング ダッシュボードでカテゴリーによってスキルをフィルタリングすることができます。これらのトグルをオンにした場合、スキルが生成されると 1 つのカテゴリーと最大 3 つのタグが作成されることになります。

 

7.「生成」を選択して、スキルを生成します。操作をキャンセルするには、「閉じる」を選択します。

スキルの生成にかかる時間は、指定した内容によって異なります。

スキルが生成されると、「追加するスキルの選択」パネルの「スキル」タブが開きます。ここで、保存する前に、AI によって生成されたスキルをプレビューすることができます。

8.開いた「追加するスキルの選択」パネルの「スキル」タブには、AI が生成したすべてのスキルが表示されます。「検索」フィールドを使用して、該当するスキルを検索できます。検索は、「追加するスキルの選択」パネル上の各列名で実行されます。

該当する列見出しを選択して、情報を並べ替えることができます。

パネルの右下にある「生成されたスキル」のカウンターは、AI によって生成されたスキルの数を示しています。

AI によって生成されたスキルのタイトルが、現在のカタログにすでに登録されているスキルと完全に一致する場合、スキル名の横に三角形の警告アイコンが表示され、「追加するスキルの選択」パネルの上部に 2 つのフィルター アイコンが表示されます。ここで、重複のないスキルのみを表示するか (グレーのチェック アイコン)、LMS365 にすでに名前が存在するスキルのみを表示するか (グレーの感嘆符アイコン) を選択できます。

 

9.スキルを保存する前に編集する場合、または重複したスキルを調べる場合は、該当する編集アイコン Edit_icon.png を選択します。「スキルの編集」パネルが開きます。

これは特に、保存する前にスキルに小さな変更を加える場合に役立ちます。たとえば、スキル名を変更して重複の問題を解決できます。タイトルの編集、別のスキル レベル セットの選択、カテゴリーやタグの追加または削除ができます。

 

10.「保存」を選択してスキルを保存するか、「キャンセル」を選択します。

変更を加えたことで重複の問題が解決された場合、フィルター アイコンの横の数字が更新されます。すべての重複が解決されると、フィルターは表示されなくなります。

11.LMS365 に保存するスキルのチェックボックスをオンにします。すべてのスキルを選択するには、「タイトル」列見出しの横にあるチェックボックスをオンにします。「選択中」タブには、選択したスキルのみが表示されます。選択したスキルの数がタブ見出しに表示されます。

重複としてマークされたスキルは保存できません。選択を解除しなかったスキルは失われます。

12.「保存」を選択して、選択したスキルを保存するか、「破棄」を選択します。AI によって生成されたスキルを破棄した場合、これらのスキルは失われます。この操作を元に戻すことはできません。

重複としてマークされたスキル (三角形の警告アイコンが表示されているスキル) を保存しようとすると、「追加するスキルの選択」パネルの上部に、「同じタイトルのスキルがこのカタログに既に存在しています。」という警告メッセージが表示されます。

 

結果:

  • スキルが生成されます。
  • AI によってタイトル、スキル レベル セット、(選択した場合は) カテゴリー、タグが入力され、スキルが生成されます。
  • 生成されたスキルは、通常の方法で管理できます。
  • 提供した情報により、生成されたスキルの数が定義した数よりも少ない場合があります。

AI がサポートする言語

AI アシスタントは、マイクロソフトがサポートする言語を理解します。 生成されるコンテンツは、提供したコンテンツと同じ言語にすることも、異なる言語にすることも可能です。

複数の言語のコンテンツを提供した場合や、コンテンツの提供が不十分な場合、AI は予期しない言語でコンテンツを生成することがあります。

 

ご意見・ご質問について

AI 機能を利用する際のご質問やご意見、コンプライアンスやプライバシーに関するご質問がございましたら、dataprotection@zensai.com (英語) または株式会社ソフィア サポート support@lms365.jp にご連絡ください。

AI 機能拡充に関するご提言、ご提案、ご意見がございましたら、担当のカスタマー サクセス マネージャーに直接ご連絡いただくか、カスタマー サクセス チーム customersuccess@zensai.com (英語) にメールでご連絡ください。

LMS365 で AI 機能に関する問題が発生した場合は、Zensai プロダクト サポート (英語) にリクエストを送信してください。