画面にLoginボタンが表示される場合

  • 更新

コースカタログにアクセスした際、青い「サインイン」ボタンが表示される:

 login4.gif

ユーザーは「Login」ボタンをクリックして、一度だけ要求された許可を受け入れる必要があります。以後、追加のアクションを必要とせず、Webパーツが表示されます。

コース、コースカタログ、ダッシュボードのページを開く際に問題が発生する場合:

mceclip0.png

お使いのブラウザをご確認ください。

Safariを使用している場合は、Prevent cross-site tracking(クロスサイトトラッキングの防止)の設定がオフになっていることを確認します。Safari>環境設定>プライバシーを開き、「クロスサイトトラッキングを防ぐ」のチェックを外します。

iPhoneまたはiPadでSafariを使用している場合は、「設定」>「Safari」を開き、「クロスサイトトラッキングの防止」オプションをオフにします。

Google Chromeをお使いの場合は、ブラウザの「サードパーティのCookieをブロックする」設定がオフになっていることを確認してください。Google Chromeの設定 > 詳細設定 > プライバシーとセキュリティ > サイト設定 > Cookieとサイトデータ > サードパーティのCookieをブロックの順にクリックします。

mceclip0.png

組織の設定でサードパーティのCookieをブロックすることが許可されていない場合は、login.microsoftonline.comを「常に Cookie を使用できるサイト」に追加してください。Google Chromeの設定>詳細設定>プライバシーとセキュリティ>サイト設定>クッキーとサイトデータ>常に Cookie を使用できるサイトの順に移動します。

mceclip2.png

 

管理者の場合は、ボタンをクリックして、必要な権限を承認します。これ以降、ウェブパーツがユーザーに読み込まれるようになり、追加の操作は必要ありません。

重要最初のアクセス時にLMS365 SPFX Webパーツをユーザーに自動的に表示する場合は、テナント管理者は次の手順を実行する必要があります。
AzureActive Directory管理センター>エンタープライズアプリケーション> LMS365 APIクライアント>権限に移動し、「管理者を許可 同意する」ボタンをクリックします。

mceclip0.png