LMS365Webパーツでユーザーにログインが要求される場合

  • 更新

ユーザーがトレーニングのホームページ、コースカタログページ、またはトレーニングダッシュボードにアクセスしたとき、ログインを要求される場合があります。

これは、ユーザーの所属する組織がユーザーに対する同意を設定していない場合に起こります。

この場合、ユーザは一度だけアクセス許可の承諾に同意することを要求され、以後追加のアクションを要求されることなくSharePoint Webパーツを読み込むことができます。

一方、組織は管理者同意を付与することで、ユーザーが初回アクセス時にログインを要求されることなくSharePoint Web パーツを利用できるようにすることができます。

ここでは、組織内のすべてのユーザーに対して、管理者の同意を付与する方法についてご説明します。

管理者の同意の付与は、以下の手順で行います。

必要なロール:、Microsoft 365 グローバル管理者

1. Microsoft Entra (Azure Active Directory) 管理センターで、「エンタープライズアプリケーション」ですべてのアプリケーションページを開きます。

requested to log in1.png

2.アプリの一覧で「LMS365 API Client」を選択します。

3.左側のナビゲーションメニューで「アクセス許可」を選択します。

requested to log in2.png

4.開いたページでは、Microsoft 365グローバル管理者がテナント内のすべてのユーザーに代わり同意を付与できます。これにより、組織のエンドユーザーがアプリケーションを使用する際に同意する必要はありません。

requested to log in3.png