LMS365の通知が届きません

  • 更新

LMS365の通知メールが届かない場合、Microsoft 365の接続設定に問題がある、通知が無効になっている、ユーザーへのメール配信に問題がある、などの原因が考えられます。

ここでは、これらの問題についての対処方法をご説明します。

1.Microsoft 365の接続設定

LMS365により自動で送信されるすべての通知がユーザーに送信されない場合、通知に設定しているアカウントがLMS365に正しく接続されていない可能性があります。

この場合、一度、現在接続しているアカウントを切断してリセットし、再度、Microsoft 365の接続設定を行い、アカウントとLMS365を適切に接続します。

LMS365の通知メールは、LMS365管理センター>設定>通知で管理します。

Microsoft 365 接続設定については、こちらの「LMS365の通知管理」をご参照ください。

2.通知が無効になっていないか確認する

通知が無効に設定されている場合、その通知はユーザーに送信されません。LMS365管理センター>設定>通知で、個々の通知が有効であることを確認します。※通知の設定はコースカタログレベルで適用されます。

詳細については、こちらの「LMS365の通知管理」をご参照ください。

3.Microsoft 365 Exchange 管理センターでメール配信の状況を確認する

Microsoft 365 接続設定が正しく設定され、通知が有効であるにも関わらず、ユーザーが通知を受信できない場合、Microsoft 365 Exchange 管理センターのメッセージ追跡でメール配信の状況を確認します。

メモ:Microsoft 365 Exchange 管理センターにアクセスするには、Microsoft 365 グローバル管理者である必要があります。

Microsoft 365 Exchange 管理センターを開きます。LMS365はMicrosoft 365を利用してメール通知を送信しているため、Microsoft 365 Exchange管理センターのメッセージ追跡で、通知の送信について状態を把握することができます。

  1. メールフロー>「メッセージ追跡」を選択します。

    ________.png

  2. 既定のトレースを選択するか、「+追跡を開始」を選択して新しいメッセージ追跡を設定します。LMS365の「Microsoft 365 接続設定」で接続されているアカウントから送信されたすべてのメールを追跡する場合は、送信者フィールドにこのアカウントを指定します。

    ________.png

  3. 準備ができたら「検索」ボタンをクリックします。
  4. 表示された結果をで送信状態を確認します。

メッセージ追跡検索結果の一例です。LMS365に接続しているアカウントから送信されたメッセージ、送信先(メールアカウント)、メッセージが正常に配信されたかどうかを確認することができます。

________.png

正常に配信されていないメッセージをクリックして、配信の状態、問題の修正方法などを確認できます。