LMS365でゲストのアクセスを許可するSharePoint Onlineの設定

  • 更新

外部ユーザーにコースカタログへのにアクセスを許可するには、Microsoft 365 グローバル管理者、または SharePoint管理者が、Microsoft Entra ID(Azure Active Directory)の外部連携が有効であることを確認し、組織(テナント)レベルとサイト(コースカタログ)レベルで SharePointの外部共有を設定します。

SharePointの外部共有については、マイクロソフトのドキュメント「Microsoft 365 の SharePoint と OneDrive での外部共有の概要」をご参照ください。

ここでは、各レベルにおけるSharePoint 外部共有の設定についてご説明します。


組織(テナント)レベルで設定する

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者、または SharePoint 管理者

組織(テナント)レベルの外部共有の設定は、SharePoint管理センター>ポリシー>共有で行います。

設定の詳細については、マイクロソフトのドキュメント「Microsoft 365 で SharePoint と OneDrive の共有設定を管理する」をご参照ください。

組織(テナント)レベルで外部共有を有効にしただけでは、コースカタログに招待された外部ユーザー(ゲスト)は、招待メールのリンクからアクセスすることはできません。

必ず、サイト(コースカタログ)レベルでの外部共有を設定してください。

外部共有1.png

サイト(コースカタログ)レベルで設定する

サイト(コースカタログ)レベルの外部共有の設定は、SharePoint管理センター>アクティブなサイトから行います。

アクティブなサイトのリストから外部共有を設定するサイト(コースカタログ)を選択し、開いたパネルで「設定」タブを開き、「その他の共有の設定」で設定します。

設定の詳細については、マイクロソフトのドキュメント「サイトの共有設定を変更する」をご参照ください。

外部共有2.png

後々、個々のサイトの外部共有を無効にすると、既存の外部ユーザーは、そのサイトのコンテンツにアクセスすることができなくなります。
一時的に外部ユーザーからのアクセスを制限したい場合は、代わりにテナントの設定で外部共有をオフにすることをお勧めします。