LMS365のロールと権限

  • 更新

LMS365でトレーニングを利用したり、トレーニングを作成・管理するには、適切な権限が必要です。

LMS365には、ロールと権限に対応した高度なマトリックスが用意されています。これにより、各ロールに必要な権限を適切に付与することができます。

LMS365 の権限は、LMS365の異なる6つのロールと、LMS365の権限にアクセス可能な Microsoft 365 の2つのロールに基づきます。

ここでは、LMS365のロールと権限の概要、ロールをユーザーに付与する方法、また、ロールが必要なユーザーについてご説明します。

LMS365の管理者が組織内で入れ替わる場合は、前任者または社内のIT管理者が新しい管理者に必要な権限を付与してください。LMS365はお客様のMicrosoft365環境でホストされているため、LMS365がお客様のインスタンスに変更を加えることはできません。

・LMS365のロール

現在、LMS365には、固有の権限を持つ以下の6つのロールがあります。

「コースカタログVisitor(閲覧者)」と「コースVisitor(閲覧者)」はLMS365のロールではなくSharePointのロールです。

1.LMS365管理者

LMS365管理者は、LMS365の中で最も幅広い権限を持つロールです。

LMS365がインストールされ、1つ以上のコースカタログが作成されると、LMS365グローバル設定を管理するために、LMS365管理者ロールが必要となります。

LMS365グローバル設定を管理するには、ユーザーにこのロールを付与する必要があります。

このロールを付与するには、Microsoft 365 グローバル管理者、SharePoint 管理者、またはLMS365管理者ロールを持つユーザーが、LMS365管理センター>グローバル設定>設定>LMS365管理者ページの「+LMS365管理者の追加」で、付与するユーザーを追加します。

ロールを解除するには、LMS365管理者ページでユーザーを選択し「割当ての解除」を選択します。

LMS365管理者には、次の権限があります。

  • コースカタログの削除
  • 他のLMS365管理者の追加と削除
  • コースカタログ管理者の割り当てと割り当て解除
  • LMS グローバル設定の構成
  • ライセンス情報の管理
  • 言語ファイルの設定
  • LMS365モバイルアプリの設定
  • API キーの管理
  • トレーニングのダッシュボード「設定」セクションの構成
LMS365管理者は個々のコースカタログを設定・管理することはできません。
コースカタログの設定・管理はコースカタログ管理者に与えられた権限であるためです。
LMS365管理者が各コースカタログを設定・管理するには、LMS365管理者がグローバル設定から、各コースカタログの管理者権限を付与します。

新しいコースカタログを作成するには、Microsoft365グローバル管理者または SharePoint管理者のいずれかのロールが必要です。これは、新しいコースカタログを作成するとSharePointサイトコレクションも作成されるため、そのSharePointサイトコレクションを作成するには、Microsoft 365グローバル管理者またはSharePoint管理者のロールが必要であるからです。

2.コースカタログ管理者

コースカタログ管理者ロールは、コースカタログに対してほぼすべての権限を持ちます。

コースカタログの設定・管理を行い、カタログ内のトレーニングや受講者を管理するには、コースカタログ管理者ロールが必要となります。したがって、これらの作業を行うユーザーにこのロールを付与します。

コースカタログ管理者ロールは、LMS365管理センターのグローバル設定から、Microsoft 365 グローバル管理者、SharePoint 管理者、または LMS365管理者が付与することができます。

既定では、Microsoft365グローバル管理が新しく作成されたコースカタログのコースカタログ管理者になります。

コースカタログ管理者には、次の権限があります。

  • コースカタログのタイトル、サイトURL、サイトテンプレートなど、コースカタログ設定や Web サイトの構成を設定することができます。
  • コースカタログのコースとトレーニングプランを作成、管理します。
  • コース管理者の設定(追加または削除)ができます。
  • カタログ内のすべての受講者とその受講者のトレーニングの受講を管理できます。(外部トレーニングの記録をインポートすることもできます。)
  • 受講の承認ワークフローとウエイトリストのユーザーを管理できます。
  • コンテンツとコースカタログのコンテンツライブラリを管理できます。例えば、当該コースカタログのクイズ、すべての設問プール、および当該コースカタログとこのコースカタログ内のコースと共有されているコンテンツパッケージなど。
  • 認定証テンプレート、コースカテゴリー、タグ、通知、およびスキルフレームワークの作成・管理。
  • コースカタログの構成(トレーニングの評価、セッション表示、地域の設定、既定のバナー画像など)の設定・管理。
コースカタログ管理者はLMS365管理センターにアクセスしてコースカタログを管理することができますが、LMS365グローバル設定にアクセスすることはできません。したがって、LMS365でコースカタログ管理者より上のロールを持っていない場合、LMS365管理センターのLMS365グローバル設定にアクセスしてもグローバル設定の管理項目は表示されません。

capture1.png

3.コース管理者

コース管理者ロールは、コースまたはトレーニングプランを管理することができます。特定のコースやトレーニングプランを管理する場合や、特定のコース・トレーニングプランに対してコンテンツを作成・管理するユーザーにはコース管理者ロールを付与します。

新しいコース・トレーニングプランを作成すると、既定では、コースカタログ管理者がコース管理者になります。他のユーザーにコース管理者ロールを付与するには、コースまたはトレーニングプランの作成(編集)時に、コースカタログ管理者が管理者に追加します。コース管理者であるユーザーは、他のユーザーにコース管理者ロールを付与することができます。

コース管理者には、次の権限があります。

  • 管理者であるコースやトレーニングプランを管理します。(コースのコンテンツ、全般的な設定と管理、期日や 完了要件、認定証、ウェイトリスト、承認フローなど)
  • 管理者であるコースやトレーニングプランのコース/トレーニングプラン管理者と、受講者の追加や削除ができます。
  • 管理者であるコースやトレーニングプランのコースカタログにおいて、クイズと設問プールを管理できます。また、このコースカタログから管理者であるコースと共有されているコンテンツパッケージにアクセスすることができます。

  • インストラクター主導型トレーニングのセッションを作成し、管理することができます。
  • 管理者であるコースやトレーニングプランの受講者の進捗や履歴を管理できます。
  • コースに関連するレポートを作成することができます。

4.ライン管理者

ライン管理者ロールは、従業員やチームを管理するユーザーに自動的に割り当てられます。この管理者と部下の関係は、Azure Active Directory 内で内部的に設定する必要があります。

ライン管理者には次の権限があります。

  • 部下のトレーニング活動の閲覧
  • 部下の受講申請の承認・却下
  • 部下をトレーニングに登録、または解除
  • スキルの付与と取消
  • 部下の受講履歴の閲覧と進捗の管理
  • 認定証のダウンロード
  • 外部トレーニングのインポート

5.インストラクター

インストラクターロールはインストラクター主導型コースのセッションのインストラクターとして割当てられたすべての(社内または社外)ユーザーに付与されます。

インストラクターには、次の権限があります。

  • インストラクターロールを持つセッションの出席管理
  • サインインシートの印刷
  • インストラクターロールを持つセッションの受講者にメッセージの送信

6.受講者

LMS365でトレーニングを受講するユーザーには、受講者ロールが必要です。ユーザーがトレーニングに正常に登録されると、受講者ロールが付与されます。ユーザーは、管理者によって特定のトレーニングに登録されるか、任意のコースやトレーニングプランに自分で登録することもできます。

受講者には、次の権限があります。

  • 登録されているコースやトレーニングプランにアクセスし、受講して完了します。
  • 利用可能なコース、トレーニングプランへの受講を申請することができます。
  • トレーニングダッシュボードを利用できます。
  • 自分の取得した認定証や、受講履歴をダウンロードすることができます。

各コースまたはトレーニングプランに登録する前に、すべてのユーザーをユーザ一覧に追加することをお勧めします。これにより、ユーザーはコースカタログ内のすべてのコース・トレーニングプランホームページの閲覧が可能になり、コースカタログ内を移動する際に、SharePointからアクセス拒否のメッセージが表示されるのを防ぐことができます。

コースカタログ管理者は、コースカタログの「ユーザー」ページから、ユーザーにコースカタログの受講者ロールを付与することができます。「+ユーザーを追加または招待 」で、特定のユーザーを追加するか、Azure Active Directory または Microsoft 365 グループを追加して、グループのすべてのメンバーを同時にコースカタログに追加します。

ユーザーに、特定のコースまたはトレーニングプランの受講者ロールを与えることもできます。この場合、ユーザーはこれらの特定のコース・トレーニングプランにアクセスすることができますが、コースカタログホームページや、コースカタログ内にある他の利用可能なトレーニングにアクセスすることはできません。

ユーザーに、特定のコースまたはトレーニングプランの受講者ロールを与えるには、コース・トレーニングプランの「トレーニング対象者」オプションとグローバル設定>LMS設定の「限定公開」オプションを使用します。


・LMS365におけるMicrosoft365のロール

現在、LMS365が把握していながらコントロールすることのできない固有の機能と権限を持つ Microsoft 365ロールとして「Microsoft365グローバル管理者」と「SharePoint管理者」の2つのロールがあります。

7.Microsoft365グローバル管理者

LMS365アプリをインストールするには、Microsoft 365グローバル管理者のロールが必要です。インストール後、Microsoft 365グローバル管理者は LMS365のグローバル設定にアクセスが可能となり、次のことを行うことができます。

  • コースカタログの作成と削除
  • コースカタログ管理者の割り当てと割り当て解除
  • 言語ファイルの設定
  • LMS365モバイルアプリの設定
  • ライセンスの有効化
  • LMS365管理者の追加と削除
  • LMSのグローバル設定
  • APIキーの管理
Microsoft 365グローバル管理者は、個々のコースカタログを設定・管理する権限を持っていません。この権限はコースカタログ管理者に与えられたものだからです。
Microsoft 365グローバル管理者が個々のコースカタログを設定・管理するには、LMS365のグローバル設定から自分自身にコースカタログ管理者ロールを付与することができます。

Microsoft 365 グローバル管理者ロールは、Microsoft 365管理センターを介して付与されます。

詳細については、こちらの管理者ロールについてをご参照ください。

8.SharePoint管理者

SharePointでSharePoint管理者の権限を付与されている場合、SharePoint管理者は、LMS365のグローバル設定にアクセスして、次のことを行うことができます。

  • コースカタログの作成と削除
  • コースカタログ管理者の割り当ておよび割り当て解除
  • 言語ファイルの設定
  • LMS365モバイルアプリの設定
  • ライセンスの有効化
  • LMS365管理者の追加と削除
  • LMSのグローバル設定
  • APIキーの管理
SharePoint管理者は、個々のコースカタログを設定・管理する権限を持っていません。この権限はコースカタログ管理者に与えられたものだからです。
SharePoint管理者が個々のコースカタログを設定・管理するには、LMS365のグローバル設定から自分自身にコースカタログ管理者ロールを付与することができます。

SharePoint管理者ロールの詳細については、こちらのMicrosoft 365での SharePoint管理者ロールについてをご参照ください。


・SharePointのグループとの同期

SharePointのグループと、LMS365のグループは同期されていません。

たとえば、コースカタログ、またはコースやトレーニングプランサイトの受講者グループにユーザーを追加しても、そのユーザーにLMS365の受講者権限を付与することはできません。
この操作では、サイトに対するSharePointの許可が付与されるだけで、LMS365の受講者権限は付与されません。

ユーザーに適切なロールを割り当てるには、LMS365の機能を使用してください。

また、逆の場合も同様です。SharePointの受講者グループからそのユーザーを削除しても、LMS365の受講者ロールを削除することはできません。この操作では、SharePointサイトの権限のみが削除されます 。LMS365の受講者ロールを削除するには、LMS365の機能を使ってユーザーの登録を解除します。

その他のロールについてもSharePointグループとの同期はされていませんのでご注意ください。