LMS365のロールと権限

  • 更新

LMS365には、ロールと権限のための洗練されたマトリックスがあり、特定の役目のユーザーに必要な権限を持つロールを委任することができます。

ここでは、LMS365のロールとそれぞれの権限について説明します。

1.LMS365でのロール

現在、LMS365には以下のロールがあります。

テナント管理者:Microsoft365テナントの管理権限を持つすべての人。テナント管理者は、LMS365 の最初のインストールと初期設定を行い、グローバル設定を管理することができます。

LMS365管理者:グローバル設定だけでなく、コースカタログやトレーニングダッシュボードの設定も管理できます。外部のユーザーにLMS365管理者のロールを割り当てることはできません。

コースカタログ管理者:自分が管理者となっているコースカタログのコースやトレーニングプラン、受講者、トレーニングの受講履歴、コンテンツ、通知、コンピテンシーフレームワークなどの設定を管理することができます。

コース管理者:自分が管理者であるコースとそのコンテンツを管理することができます。

ライン管理者:部下のトレーニング活動を追跡し、管理することができます。

インストラクター:自分がインストラクターであるセッションの出席率を管理し、出席者サインインシートを印刷することができます。

受講者:トレーニングダッシュボード、および利用可能なコースカタログから、自分が登録しているコースやトレーニングプランにアクセスしたり、トレーニングへの登録や受講申請を行うことができます。また、自分の受講履歴や認定証のダウンロードができます。受講者は「受講者一覧」に表示されます。

2.SharePointグループにユーザーを追加した場合の注意点

コースサイトのSharePoint受講者グループにユーザーを追加し、受講者ロールを割り当てた場合、LMS365の受講者権限は付与されません。このアクションは、ユーザーにSharePointサイト上のSharePoint権限を与えるだけで、LMS365の受講者権限は与えません。ユーザーに必要なロールを割り当てるには、LMS365の機能を使ってユーザーを追加します。(例えば、受講者一覧からコースに登録するか、コースホームページの「このコースを受講する」ボタンを使用します)。

同様に、LMS365の受講者ロールを削除するには、LMS365 の機能を使ってユーザーの登録を解除します。このアクションは、SharePoint サイト上のユーザーの権限も削除します。

注記:その他のロールについても、同じです。

3.各ロールの権限

テナント管理者(Officeグローバル管理者):Office 365テナントの管理権限を持つ人。テナント管理者にはすべての権限があります。

  • LMS365の初回インストールと初期設定
  • コースカタログの作成と管理
  • グローバル設定の管理
  • LMS365管理者とコースカタログ管理者の追加、削除

※コースカタログを作成できるのはテナント管理者(Officeグローバル管理者)のみです。グローバル設定>コースカタログ一覧画面に「+コースカタログを追加」ボタンが表示されます。Sharepoint管理者には権限がありません。

LMS365管理者テナント管理者または他のLMS管理者によってLMS管理者として追加された人。

  • グローバル設定の管理(言語とローカリゼーションの指定、LMSグローバル設定、コースカタログとモバイル設定オプションの定義、LMS365とコースカタログの管理者の追加・削除)
  • コースカタログの管理
  • ダッシュボードの表示の設定、管理

コースカタログ管理者:テナント管理者またはLMS365管理者によって、コースカタログ管理者として追加された人 (外部ユーザーも指定可)。既定値では、テナント管理者が、新しく作成されたカタログのカタログ管理者となります。管理者として追加されたコースカタログにおいて以下のことができます

  • コースカタログの設定
  • コース、トレーニングプランの作成、管理
  • コース管理者の割り当て
  • 受講者とトレーニング受講履歴の管理
  • 認定証テンプレート管理
  • クイズの作成、管理(カタログ内で作成されてクイズはテナントで共有されません。)
  • 設問アーカイブの管理
  • カタログの内のコースと共有されたコンテンツパッケージ管理
  • 通知メール設定
  • コンピテンシー管理

コース管理者:テナント管理者、LMS365管理者またはコースカタログ管理者によって、コース管理者として追加された人(外部ユーザーも指定可)。既定値ではコースカタログ管理者が、新規作成されたコースのコース管理者となります。管理者として追加されたたコースにおいて以下の権限があります。

  • コースの管理(コースの編集、コース完了設定、受講承認など)
  • コース管理者と受講者の追加、削除
  • クラスルームやウェビナーコースのセッションの作成、管理
  • 管理者するコースで作成されたクイズの管理、クイズの作成(ここで作成されたクイズはテナント内で共有されません)
  • 設問アーカイブの管理
  • コースカタログにあるコンテンツパッケージのうち、管理者するコースと共有されたコンテンツパッケージの管理
  • 管理するコースのすべての受講者の受講履歴の管理
  • コース固有のレポートの作成

ライン管理者:ライン管理者は、AD に登録されている情報に基づきます。ライン管理者はライン管理者ダッシュボードを介して以下のことができます。

  • 部下のトレーニング活動の追跡、管理
  • 部下の受講登録申請とレポートの管理
  • 部下の受講登録・解除の管理
  • コンピテンシーの付与・取消
  • 認定証のダウンロード
  • 外部トレーニングの取り込み

インストラクター:コース作成権限を持つ管理者によりコースセッション(教室、ウェビナー)を実施するインストラクターとして追加された人(社内、社外)。インストラクターとして割り当てられたコースセッションにおいて以下の権限があります。

  • 出席の管理
  • 出席者のサインインシートの印刷

受講者:学習ポータルにアクセスできる人(社内外問わず)。受講者には以下の権限があります。

  • 受講登録されたコース、トレーニングプランの受講
  • 利用可能なコース、トレーニングプランへの受講申請
  • マイトレーニングダッシュボードの利用
  • 個人の認定証、受講履歴のダウンロード