LMS365のロールと権限

  • 更新

目次


概要

LMS365でトレーニングを利用したり、トレーニングを作成・管理するには、適切な権限が必要です。

LMS365における権限は、LMS365 の7つのロールと、LMS365の一連の権限の設定を行うことができる Microsoft 365 の2のロールがあります。

LMS365 には、各ロールに必要な権限を的確に付与できるよう、ロールと許可のマトリクスが備わっています。

本記事の最後で、ロールと権限の一覧表をダウンロードできます。

ここでは、LMS365のロールと権限の概要、ロールをユーザーに付与する方法、また、各ユーザーに必要なロールについてご説明します。

注記:組織内でLMS365の管理者が入れ替わる場合は、前任者または社内のIT管理者が新しい管理者に必要な権限を付与してください。LMS365はお客様のMicrosoft365環境でホストされているため、LMS365がお客様のインスタンスに変更を加えることはできません。


LMS365におけるMicrosoft365のロール

現在、LMS365が把握しながらもコントロールできない、独自の機能と権限を持つ2つの Microsoft 365ロール「Microsoft 365 グローバル管理者」 と「 SharePoint 管理者 」があります。

Microsoft 365 グローバル 管理者

LMS365 アプリのインストールを行うには、Microsoft 365 グローバル管理者のロールが必要です。
インストール後、Microsoft 365 グローバル管理者は LMS365 のグローバル設定にアクセスできるようになり、次のような権限が付与されます。

  • コースカタログの作成と削除
  • カタログ管理者の割り当てと割り当て解除
  • 言語ファイルの設定
  • LMS365モバイルアプリの設定
  • サブスクリプションの有効化
  • LMS365管理者の追加と削除
  • LMSのグローバル設定
  • APIキーの管理
  • LMS365と Microsoft Viva Learning の統合

Microsoft 365グローバル管理者は、個々のコースカタログを設定・管理する権限を持っていません。
この権限は「カタログ管理者」に付与される権限です。

Microsoft 365 グローバル管理者がこの権限を必要とする場合、LMS365 のグローバル設定から自分自身に「カタログ管理者」ロールを割り当てることができます。

Microsoft 365 グローバル管理者ロールは、Microsoft 365 管理センター経由で内部ユーザーに付与されます。

詳細については、Microsoft のドキュメント「Microsoft 365 管理センターの管理者ロールについて」をご参照ください。

SharePoint 管理者

SharePoint で SharePoint 管理者の権限が付与されると、LMS365 のグローバル設定にアクセスできるようになり、次のような権限が付与されます。

  • コースカタログの作成と削除
  • カタログ管理者の割り当ておよび割り当て解除
  • 言語ファイルの設定
  • LMS365モバイルアプリの設定
  • サブスクリプションの有効化
  • LMS365管理者の追加と削除
  • LMSのグローバル設定
  • APIキーの管理

SharePoint 管理者は、個々のコースカタログを設定・管理する権限を持っていません。
この権限は「カタログ管理者」に付与される権限です。

SharePoint 管理者がこの権限を必要とする場合、LMS365 のグローバル設定から自分自身に「カタログ管理者」ロールを割り当てることができます。

SharePoint 管理者ロールの詳細については、Microsoft のドキュメント「Microsoft 365での SharePoint管理者ロールについて」をご参照ください。


LMS365のロール

LMS365 では、以下のロールがそれぞれの固有の機能と権限を持ちます。

LMS365管理者

LMS365管理者は、LMS365の中で最も幅広い権限を持つロールです。

LMS365 がインストールされ、1つ以上のコースカタログが作成されると、LMS365 グローバル設定を管理するためには、LMS365管理者ロールが必要となります。

組織内で LMS365 のグローバル設定を管理するユーザーには、このロールを付与する必要があります。

このロールは、社内のLMS365ユーザーのみに付与することができることに、注意してください。

ロールを解除するには、LMS365管理者ページでユーザーを選択し「割当ての解除」を選択します。

LMS365では、LMS365管理者は以下のことができます。

  • コースカタログの削除
  • カタログ管理者の割り当てと割り当て解除
  • 言語ファイルの設定
  • LMS365モバイルアプリの設定
  • サブスクリプション情報の管理
  • 他のLMS365管理者の追加と削除
  • LMS グローバル設定の構成
  • LMS365と Microsoft Viva Learning の統合
  • LMS365 と Go1 の統合
  • LMS365 と LinkedIn Learning の統合
  • API キーの管理
  • トレーニングダッシュボードの「設定」セクションの構成
  • トレーニングダッシュボードのライン管理者ダッシュボードリンクの有効化

LMS365 管理者は、個々のコースカタログを設定・管理する権限を持っていません。
この権限は「カタログ管理者」に付与される権限です。

LMS365 管理者 がこの権限を必要とする場合、LMS365 のグローバル設定から自分自身に「カタログ管理者」ロールを割り当てることができます。

新しいコースカタログを作成するには、Microsoft365グローバル管理者または SharePoint管理者のいずれかのロールが必要です。
新しいコースカタログを作成するとSharePointサイトコレクションも作成されます。SharePointサイトコレクションを作成するには、Microsoft 365グローバル管理者またはSharePoint管理者のロールが必要となります。

LMS365 管理者ロールは、LMS365 管理センター>グローバル設定>「LMS365 管理者 」で、 Microsoft 365 グローバル管理者、SharePoint 管理者、または他のLMS365 管理者によって付与することができます。

カタログ管理者

カタログ管理者ロールは、コースカタログに対してほぼすべての権限を持ちます。

コースカタログの設定・管理を行い、カタログ内のトレーニングや受講者を管理するには、カタログ管理者ロールが必要となります。従って、これらのタスクを実行する人々にこのロールを付与する必要があります。このロールは内部ユーザーおよび外部ユーザーの両方に付与することができます。

カタログ管理者は、自動的にコースカタログの SharePoint サイトの「所有者グループ」に追加されます。
これにより、SharePoint コースカタログサイトのフルコントロール権限が付与されます。

SharePoint の各権限レベルは、そのレベルに適した役割とタスクに基づいて、それに関連する権限を持っています。
そのため、カタログ管理者は SharePoint サイトコレクション上の、サイトコンテンツへのフルアクセスとフルコントロール権限持ち、サイトの権限、サイトの設定、外観などを管理することができます。

SharePoint サイト所有者グループのすべての権限は、Microsoftのドキュメント「概要:サイトガバナンス、アクセス許可、およびサイト所有者との共有」で確認できます。

カタログ管理者は以下のことができます。

  • コースカタログのタイトル、サイトURL、サイトテンプレートなど、コースカタログ設定や Web サイトの構成の設定
  • コースカタログのコースとトレーニングプランの作成と管理
  • 同一カタログ内でのコースとトレーニングプランのコピー
  • コース管理者の追加、または削除
  • 受講者の外部トレーニングの記録のアップロードを含む、すべての受講者とそのトレーニングレコードの管理
  • 受講の承認ワークフローとウエイトリストの管理
  • コンテンツ、コースカタログコンテンツライブラリ、自分が管理するコースカタログのクイズ、すべての設問プール、現在のコースカタログおよびこのコースカタログのコースと共有されるコンテンツパッケージの管理
  • 認定証テンプレート、コースカテゴリー、タグ、通知、およびスキルフレームワークの作成と管理
  • 評価、コースセッションの表示、地域設定、既定のトレーニングバナー画像など、コースカタログの設定と管理
注記:カタログ管理者は、LMS365管理センターにアクセスしてコースカタログを管理することができますが、グローバル設定にアクセスすることはできません。
したがって、LMS365でカタログ管理者より上のロールを持っていない場合、LMS365管理センターのLMS365グローバル設定にアクセスしてもグローバル設定のメニュー項目は表示されません。

カタログ管理者ロールは、LMS365管理センターのグローバル設定から、Microsoft 365グローバル管理者、SharePoint管理者、または LMS365管理者によって付与することができます。

コース管理者

コース管理者ロールは、コースまたはトレーニングプランを管理することができます。

このロールは1つまたは複数の特定のコースやトレーニングプランを管理、または作成するユーザーに付与します。
このロールは内部ユーザーおよび外部ユーザーの両方に付与することができます。

コースカタログまたはコースホームページへのアクセスは、コース管理者がコースカタログ(LMS365管理センター>ユーザー)に追加されているかどうかにより異なります。

  • コース管理者がLMS365 管理センター>ユーザーに追加されると、このコース管理者は自動的にコースカタログの SharePointサイトVisitor(閲覧者)グループと、SharePointのトレーニングページ(コースまたはトレーニングプラン)の管理者グループに追加されます。
    その結果、Visitors(閲覧者) グループはコースまたはトレーニングプラン管理者に SharePointコースカタログサイトの読み取り権限レベルを与え、このユーザーはコースカタログ全体のサイトコンテンツを閲覧することができます。
    管理者グループに属することで、コース/トレーニングプランのホームページに管理リンクが表示され、そこからトレーニングを管理できます。

SharePointサイトグループについては、Microsoft のドキュメント「概要:サイトガバナンス、アクセス許可、およびサイト所有者との共有」をご参照ください。

  • コース管理者がLMS365 管理センター>ユーザーに追加されていない場合、コースカタログのSharePointサイトVisitors(閲覧者)グループに追加されませんが、SharePointのトレーニングページ(コースまたはトレーニングプラン)の管理者グループに読み取り権限で追加されます。
    コース管理者はコースカタログ全体のコンテンツを閲覧することはできませんが、コース/トレーニングプランのホームページに管理リンクが表示され、そこからトレーニングを管理できます。

コース管理者は以下のことができます。

  • 自分が管理するコースやトレーニングプランの設定と管理(コースのコンテンツ、全般の構成、完了条件、登録のフロー、など)
  • 自分が管理するコースの削除
  • 自分が管理するコースやトレーニングプランの管理者と受講者の追加、削除
  • 自分が管理するコースやトレーニングプランがあるコースカタログの、クイズや設問プールの管理、およびこのコースカタログで自分が管理するコースと共有されているコンテンツパッケージへのアクセス。
  • インストラクター主導型コースのセッションとセッショングループの作成と管理
  • 自分が管理するコースやトレーニングプランの受講者の進捗や履歴の管理
  • コースに関連するレポートの作成

コース管理者のロールは、コースやトレーニングプランを作成・編集する際、そのコースまたはトレーニングプランの管理者、またはカタログ管理者によって付与することができます。

ライン管理者

ライン管理者ロールは、従業員やチームを管理するユーザーに自動的に割り当てられます。この管理者と部下の関係は、Microsoft Entra ID (Azure Active Directory)  内で内部的に設定する必要があります。

ライン管理者は以下のことができます。

  • 部下の全体の進捗閲覧とレポートのダウンロード
  • 部下の受講履歴の閲覧とダウンロード
  • 個々の部下の進捗閲覧とレポートのダウンロード
  • ライン管理者による承認登録について、申請の承認・却下
  • 部下をコース/トレーニングプランに登録および解除
  • スキルの付与と取消
  • 認定証のダウンロード
  • 外部トレーニングのインポート
  • 評価の承認(指導者の設定に依ります)

ライン管理者は、トレーニングダッシュボード「概要」セクションの「マイチームトレーニングステータス」から、部下の全体の進捗状況や、チームメンバー個々の進捗状況を把握することができます。

インストラクター

インストラクターロールは、インストラクター主導型コースのセッションのインストラクターとして割当てられたユーザーに付与されます。このロールは内部ユーザーおよび外部ユーザーの両方に付与することができます。

セッショングループにインストラクターを割り当てることはできません。

インストラクターは以下のことができます。

  • 自分がインストラクターであるセッションの出席管理
  • サインインシートの印刷
  • 自分がインストラクターであるセッションの受講者にメッセージの送信

コースカタログまたはコースホームページへのアクセスは、インストラクターがコースカタログ(LMS365管理センター>ユーザー)に追加されているかどうかにより異なります。

  • インストラクターがLMS365 管理センター>ユーザーに追加されると、このインストラクターは自動的にコースカタログの SharePointサイトVisitor(閲覧者)グループに追加されます。
    SharePointサイト Visitors (閲覧者)グループには、SharePoint コースカタログ サイトコレクションの閲覧権限があります。従って、このインストラクターはコースカタログ全体のサイトコンテンツを閲覧することができます。

SharePointサイトグループについては、Microsoft のドキュメント「概要:サイトガバナンス、アクセス許可、およびサイト所有者との共有」をご参照ください。

  • インストラクターがLMS365 管理センター>ユーザーに追加されておらず、特定のセッションのインストラクターとしてのみコースに追加されている場合、コースカタログの SharePoint サイトグループには追加されません。そのため、インストラクターがコースカタログやコースホームページにアクセスすると、アクセス拒否のメッセージが表示されることがあります。
    インストラクターとして追加する前に、そのユーザーをコースカタログ(LMS365管理センター>ユーザー)に追加することをお勧めします。

指導者

指導者ロールは、評価における受講者のパフォーマンスを評価する担当者に付与します。このロールは内部ユーザーおよび外部ユーザーの両方に付与することができます。

指導者ロールはコースを管理する権限は持ちません。

トレーニングダッシュボードの評価セクションに、評価するユーザーの一覧が表示されます。指導者はここから評価を承認することができます。指導者としてライン管理者が設定されている場合、ライン管理者ダッシュボードで評価の承認、管理を行うことができます。

評価とその指導者については「評価:作成と管理」をご参照ください。

コースカタログまたはコースホームページへのアクセスは、指導者がコースカタログ(LMS365管理センター>ユーザー)に追加されているかどうかにより異なります。

  • 指導者がLMS365 管理センター>ユーザーに追加されると、この指導者は自動的にコースカタログの SharePointサイトVisitor(閲覧者)グループに追加されます。
    SharePointサイト Visitors (閲覧者)グループには、SharePoint コースカタログ サイトコレクションの閲覧権限があります。従って、この指導者はコースカタログ全体のサイトコンテンツを閲覧することができます。

SharePointサイトグループについては、Microsoft のドキュメント「概要:サイトガバナンス、アクセス許可、およびサイト所有者との共有」をご参照ください。

  • 指導者がLMS365 管理センター>ユーザーに追加されておらず、指導者としてのみコースに追加されている場合、コースカタログの SharePoint サイトグループには追加されません。
    そのため、指導者がコースカタログやコースホームページにアクセスすると、アクセス拒否のメッセージが表示されることがあります。
    指導者として追加する前に、そのユーザーをコースカタログ(LMS365管理センター>ユーザー)に追加することをお勧めします。

受講者

LMS365でトレーニングを受講するユーザーには、受講者ロールが必要です。

受講者ロールは、管理者がユーザーをコースまたはトレーニングプランに登録するか、ユーザーが自己登録することで付与されます。このロールは内部ユーザーおよび外部ユーザーの両方に付与することができます。

受講者は以下のことができます。

  • 登録されているコースやトレーニングプランを受講して完了する
  • 利用可能なコース、トレーニングプランに受講を申請する
  • トレーニングダッシュボードの利用
  • 自分の取得した認定証や、受講履歴のダウンロード

ユーザーを特定のコースやトレーニングプランに登録して、受講者ロールを付与することができます。
この場合、ユーザーは登録されたコースやトレーニングプランにアクセスすることができますが、コースカタログホームページや、コースカタログ内にある他の利用可能なトレーニングにアクセスすることはできません。

コースやトレーニングプランにユーザーを登録する前に、すべてのユーザーをコースカタログ(LMS365管理センター>ユーザー)に追加することをお勧めします。
コースカタログ(LMS365 管理センター>ユーザー)に追加されたユーザーは、自動的にコースカタログの SharePointサイトVisitor(閲覧者)グループに追加されます。
SharePointサイト Visitors (閲覧者)グループには、SharePoint コースカタログ サイトコレクションの閲覧権限があります。従って、このユーザーはコースカタログ内のすべてのコースおよびトレーニング プランサイトへのアクセス許可を持ち、SharePoint からアクセス拒否のメッセージを受け取ることを回避できます。

コースカタログの特定のコースやトレーニングプランを、特定のユーザーのみに閲覧を許可する場合は、トレーニング対象者と限定公開オプションを利用することができます。

コースカタログ管理者は、コースカタログ(LMS365管理センター>ユーザー)に追加して、ユーザーに受講者ロールを付与することができます。
ユーザーページの「+ユーザーを追加または招待」で、個々のユーザー、 Azure Active Directory グループ、 Microsoft 365 グループをコースカタログに追加または招待します。これにより、すべてのユーザーに受講者ロールが付与されます。


SharePointのグループとの同期について

コースカタログ、またはコースやトレーニングプランサイトの SharePoint 受講者グループにユーザーを追加しても、そのユーザーに LMS365の受講者ロールを付与することはできません。

この操作は、ユーザーに SharePoint サイトでの SharePoint 権限が付与されるだけで、LMS365 の受講者ロールの権限は付与されません。

ユーザーに適切なロールを割り当てるには、LMS365で受講者登録を行ってください。

また、SharePoint 受講者グループからユーザーを削除しても、LMS365の受講者ロールを削除することはできません。この操作では、SharePointサイトの権限のみが削除されます 。LMS365の受講者ロールを削除するには、LMS365内でユーザーの登録を解除します。

注記:その他のロールについても SharePointグループとの同期はされません。


LMS365のロールと権限の一覧表

添付の一覧表をダウンロードしてください。