限定した受講者にトレーニングを公開するには

  • 更新

Microsoft365グローバル管理者とLMS365管理者は、コースとトレーニングプランを受講するユーザーを定義できます。

コースとトレーニングプランの「トレーニング対象者」オプションを使用すると、トレーニングサイトにアクセスできるユーザーを対象者に指定したユーザーに限定できます。
また、グローバル設定で「限定公開」オプション が有効になっている場合、 「トレーニング対象者」オプションは、コースカタログ内のユーザーに対して表示するコースとトレーニングプランもコントロールできます。

ここでは、2つのオプションと、それらが互いにどのように作用するかについて説明します。

______.jpg :コースの対象設定は、LMS365APIでも可能です。グローバルのターゲット設定が有効になっている場合、APIエンドポイント “GET/data/v 2/Courses “ では、現在ログインしているユーザーのアクセス権限(Bearer認証による認証)によって結果がフィルタリングされます。

1.「トレーニング対象者」オプション

トレーニング対象者オプションでは、コースとトレーニングプランを個人や特定のグループに対象を限定することができます。

コースやトレーニングプランの「トレーニング対象者」オプションを有効にし「対象者」フィールドに個々のユーザーやActive Directory/Microsoft365グループを指定すると、このサイトへのアクセスが制限されます。

この場合、以下のユーザーがコースやトレーニングプランのサイトにアクセスできます。

  • 「対象者」フィールドに追加されたユーザー(グループ)
  • コースやトレーニングプランに受講者として登録されているユーザー(グループ)
  • コース管理者
  • コースカタログ管理者(常にすべてのコースにアクセスできます。)

上記以外のその他のユーザーはこのトレーニングにアクセスすることはできません。

コースやトレーニングプランの「トレーニング対象者」オプションが設定されていない場合は、コースやトレーニングプランが提供されているコースカタログへのアクセス権を持つすべてのユーザーが、このトレーニングサイトにアクセスできます。

コースのトレーニング対象オプションについての詳細はこちら「コースの作成>トレーニング対象者」をご覧ください。トレーニングプランについては、こちら「トレーニングプランの作成>トレーニング対象者」をご覧ください。

2.「限定公開」オプション

グローバル設定の「限定公開」オプションは、トレーニング対象オプションを設定したコースやトレーニングプランのコースカタログへの表示をコントロールします。

既定では「限定公開」 オプションは無効になっています。したがって、コースやトレーニングプランの「トレーニング対象者」の設定に関係なく、コースカタログにアクセスできるすべてのユーザーのコースカタログに、すべてのコースとトレーニングプランが表示されます。

グローバル設定で 「限定公開」オプションを有効にすると、以下のユーザーのコースカタログにのみトレーニングを表示します。

  • コースまたはトレーニングプランの「対象者」フィールドに追加されたユーザー(グループ)
  • コースやトレーニングプランに受講者として登録されているユーザー(グループ)
  • コース管理者
  • コースカタログ管理者(常にすべてのコースにアクセスできます。)

3.設定の組合せの概要

_____.png