限定公開

  • 更新

Office 365 グローバル管理者または LMS 管理者が、コースカタログ内のコースおよびトレーニングプランの受講対象者を限定する場合、限定公開オプションを使用してコースカタログへの表示やトレーニングへのアクセスを制御することができます。

限定公開の設定には以下の2つがあります。

  • グローバル設定>限定公開:トレーニングのコースカタログへの表示を制御します。既定値では、このオプションはOFF(無効)になっています。
    mceclip0.png
    グローバル設定の限定公開は、コースカタログへのトレーニングの表示に影響します。ただし、トレーニングへのアクセスは、コース・トレーニングプランにの限定公開に
    指定された「対象者」に依存します。

  • コース・トレーニングプランの限定公開:トレーニングへのアクセスを制限します。
    コース・トレーニングプランの作成にて、個々のユーザーまたはAD グループ/ Office 365グループ(複数可)を「対象者」フィールドに追加します。

    mceclip0.png
    コース・トレーニングプランの限定公開の主な目的は、トレーニングの対象者を指定することです。既定値では、グローバル設定の限定公開オプションは無効になっています。つまり、コースカタログにアクセスできるすべてのユーザーに、コースカタログ内のすべてのトレーニングが表示されますが、コース・トレーニングプランへのアクセスは、コース・トレーニングプランに指定されている限定公開の対象者に依存します。(対象者が指定されていない場合は、コースカタログにアクセスできるすべてのユーザがトレーニングにアクセスし、登録することができます。)
    コース・トレーニングプランごとに限定公開を設定することができます。コース・トレーニングプランの作成過程で、限定公開オプションを有効にし、「対象者」欄に個々のユーザーやAD/Office 365グループ(複数可)を指定します。
    対象者に
    指定されたはユーザーは:
    ● 
    コースカタログで対象となるコースを表示することができます。
    ● 
    コースの「訪問者」グループに自動的に追加されます。
    つまり、対象ユーザーは「コースカタログ」から対象となるトレーニングにアクセスすることができます。また、このコースに受講者として登録されているユーザーも、このトレーニングにアクセスできます。

各設定における、コースカタログへの表示、トレーニングへのアクセスは次のようになります。

限定公開

コースカタログにコース/トレーニングプランが
表示されるユーザー

コース/トレーニングプランに
アクセスできるユーザ
  グローバル設定

コース/トレーニングプラン

1

on on コース・トレーニングプランの限定公開の対象者に追加されたユーザー/グループ コース・トレーニングプランの限定公開の対象者に追加されたユーザー/グループ
2 off on コースカタログサイトの訪問グループにいる
ユーザー
コース・トレーニングプランの限定公開の対象者に追加されたユーザー/グループ
3 on off すべてのユーザー コースカタログサイトの訪問グループにいる
ユーザー
4 off off すべてのユーザー すべてのユーザー
  1. トレーニングは限定公開の対象者のコースカタログにのみ表示されます。対象者はコースカタログからトレーニングにアクセスすることができます。
    また、このコース/トレーニングプランに受講者として登録されたユーザー
    も、このトレーニングにアクセスすることができます。
  2. トレーニングはコースカタログの訪問者グループにいるユーザーのコースカタログに表示されますが、トレーニングにアクセスできるのはトレーニングの限定公開の対象者に指定されたユーザーのみです。
    また、このコース/トレーニングプランに受講者として登録されたユーザーも、アクセスすることができます。
  3. トレーニングはすべてのユーザーのコースカタログに表示されますが、トレーニングにアクセスできるのはコースカタログサイトの訪問者グループにいるユーザーのみです。
  4. トレーニングはすべてのユーザーのコースカタログに表示され、すべてもユーザーがアクセスすることができます。 
注記: 1の場合、対象者はコース/トレーニングプランの受講を開始するには、受講登録をする必要があります。(ユーザーによる任意での受講となります。)
対象者となっているユーザーが受講登録することなくトレーニングを受講するには、このコース/トレーニングプランの受講者として登録(学習コース管理>「受講者を管理する」)する必要があります。