LMS365データを使用してPower BIでレポートを作成する

  • 更新

ODataを使用して、Power BIにLMS365の受講データを取り込みレポートを作成します。

レポートを作成するには、プラットフォーム用Power BIとテナントのAPIキーが必要です。

APIキーを取得するには、Office 365グローバル管理者が、LMS365管理センターのグローバル設定>設定> LMS設定>APIkey管理 に移動し、APIキーをコピーします。

API__.png

 レポートの作成は以下の手順で行います。

新しいレポートは、Power BI Desktopで作成します。
Power BI Desktopのダウンロードはこちらからできます。

  1. Power BI Desktopを開きます。
  2. [データを取得]→[ODataフィールド]を選択します。

    powerbi1.png
  3. [ODataフィード]ダイアログの[URL]ボックスに、https://api.365.systems/odata/v2と入力します。

    powerbi2.png
  4. ODataへのアクセス確認画面が表示されます。(「ユーザーは認証されていません」という警告が表示されます。)
    [基本]タブのユーザー名とパスワードのフィールドに、APIkey管理で取得したAPIキーを入力します。

    powerbi3.png
  5. APIキーによる認証をクリアすると、以下のLMS365データテーブルの一覧が表示されます。

    powerbi4.png
  6. 使用するテーブルを選択し、レポートを作成します。

 Power BIによるレポート作成・分析のチュートリアル

ODataサービスの技術的な詳細については、ページ下部の添付「LMS365_OData_OverviewV2_日本語版」
をご参照ください。


(参考)LMS365データテーブルのリレーションシップ

powerbi5.png