LMS365アクセシビリティ

  • 更新

現在、コースとトレーニングプランのホームページ、LMS365プレーヤーはスクリーンリーダー(例えばあご、キーボード)で利用できます。LMS365プレイヤーのデザインはAAレベルのカラーコントラストに準拠しています。

受講者は、スクリーンリーダーまたはキーボードを使用して、ホームページから簡単にトレーニングに登録できるようになりました。すでに登録済みの受講者は、ホームページからトレーニングを開始できます。

🛈トレーニグの課題・評価Webパーツのアクセシビリティはサポートされていません。
🛈Microsoft Edge Legacyは完全にはサポートされていません。

受講者がトレーニングに登録すると、スクリーンリーダーはコースのタイトル、登録通知、およびコース情報領域の下にあるその他のボタンやリンク(進捗、ウエイトリストなど)を認識します。

🛈スクリーンリーダーは、Internet Explorer 11のトレーニングホームページの「未開始」と「ロック」アイコンをアクティブリンクとして認識します。(非アクティブですが、アクティブリンクとして認識します。)
🛈クリーンリーダーは、説明やすべての学習アイテムとともに、展開または折りたたみボタンを認識する場合があります。

スクリーンリーダーがコンテンツをスムーズに認識するためには、すべての学習アイテム含む1つのラーニングモジュールを使用してeラーニングコースを作成することをお勧めします。

LMS365プレイヤーでアクセス可能な学習アイテムは以下の通りです。これらをで使用して、アクセシブルなコースを作成できます。

ラーニングモジュール:

•Microsoft Stream、•Microsoft Sway、•Microsoft Forms、•YouTube、•Officeビデオ、•コンテンツエディター、•クイズ

🛈ラーニングモジュール内のさまざまなタイプのコンテンツ(マルチメディア、コンテンツ、ファイルとWebサイト、またはその他の埋め込みコード)を操作する場合、スクリーンリーダーの動作が異なる場合があります。

🛈埋め込みドキュメント(Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint、PDFファイルなど)とコード(Vimeo、Flickrなど)のアクセシビリティは、埋め込みファイルに応じて異なる動作をする場合があります。

🛈コンテンツパッケージと外部アプリのアクセシビリティは、パッケージにも依存します。

 クイズ:

•単一選択問題、•複数回答、•〇✕問題、•穴埋め問題、•記述問題、•自由記述問題

🛈並び替え問題、画像内領域選択、組み合わせ問題のアクセシビリティはサポートしていません。

 

スクリーンリーダーが学習アイテムを認識する方法

受講者が学習アイテムを切り替えると、スクリーンリーダーはメインコンテンツに焦点を合わせます。

 Picture 142590161

ただし、スクリーンリーダーがコンテンツを認識する方法に一貫性がない場合があります。
学習アイテムを公開する前に、コンテンツの動作をご確認ください。