LMS365で「チームビュー」を使用するには

  • 更新

ダッシュボード機能にある「チームビュー」を利用するには、組織階層を設定します。
ダッシュボード機能では、Microsoft Graph APIを使用して組織管理者の設定情報を取得します。その為、Azure Active Directory上で「マネージャー」と呼ばれるプロパティ情報を設定する必要があります。

一般的な設定方法は、ローカルのActive Directory上で組織情報を設定し、Office365と同期させます。
その他の方法として、以下の2つがあります。

Office365ユーザーに対して上司を設定する:

  1. 管理者としてOffice365にログインし、[管理センター]>[Exchange]に移動します。
    mceclip0.png
  2. 左側のメニューの[受信者]>[メールボックス]をクリック>リストから管理対象となるユーザー(部下)を選択します。
  3. 開いたパネルにある[アカウント]タブをクリック、[組織情報の管理]をクリックします。
    mceclip2.png
  4. 開いたパネルの[マネージャー]フィールドに、上司にあたるユーザーを入力します。
    (フィールドに名前、またはメールアドレスを入力するとドロップダウンリストが表示されます)
  5. [保存]をクリックして設定を保存します。
    mceclip1.png

 

Azure Active Drectoryを使用して上司を設定する:

  1. 管理者としてOffice365にログインし、左側のメニューの[Azure ActiveDirectory]に移動します。
    mceclip7.png
  2. 左側のメニューの[Azure Active Directory]>[ユーザー]をクリック>リストから管理対象となるユーザー(部下)を選択します。
    mceclip8.png
  3. 開いた画面で[編集]をクリックします。
    mceclip9.png
  4. 開いた画面の「ジョブ情報」にある[管理者]フィールドの上にある変更をクリックします。
    mceclip10.png
  5. 開いたパネルで上司となるユーザーを選択します。
    mceclip0.png
    上司に選択できるのは1ユーザーのみです。
    mceclip12.png
    [選択]ボタンをクリックします。
  6. 戻った画面で[保存」をクリックして設定を保存します。
    mceclip14.png

一般的なケースは、ローカルActiveDirectoryをOffice365と同期します。その構成が適切に行われている場合は、ローカルActive Directoryに組織階層を設定し、同期中に変更がAzure ActiveDirectoryに反映されます。

Office 365のSharePoint管理センターのユーザープロファイルでマネージャーを設定しても、変更はAzure ActiveDirectoryに反映されません。 SharePoint Onlineは、Active Directory Import timer jobを使用して、ユーザーとグループをユーザープロファイルアプリケーションにインポートします。 AD Importは、SharePoint Online DirectoryStoreからユーザープロファイルアプリケーションへの変更を同期します。 詳細については、次の記事を確認してください。

SharePoint Online におけるユーザー プロファイルの同期に関する情報
SharePoint 管理センターから SharePoint Online ユーザー プロファイルを管理する

組織階層がAzureActive Directoryに設定されると、アプリケーションに同期されます。 既定値では、同期は1時間に1回実行されます。 その後、管理者のダッシュボードに部下が表示されます。 また、部下がダッシュボードアプリパーツを配置したサイトに、少なくとも訪問者の権限があることを確認してください。