LMS365にライン管理者を設定する

  • 更新

ライン管理者ダッシュボードを活用するためには、組織の階層を設定する必要があります。ライン管理者ダッシュボードはMicrosoft Graph APIを使用して管理関係を取得するため、Azure Active Directoryに管理者情報が設定されている必要があります。

組織の管理者を設定するには次の2つの方法があります。

1.Exchange 管理センターからユーザーの管理者を指定する

1.管理者としてMicrosoft365にログインし、「Exchange 管理センター」を開きます。

2.左側のメニューの 受信者>メールボックスの一覧で管理対象となるユーザー(部下)を選択します。開いたサイドバーで「アカウント」タブ >「組織情報の管理」をクリックします。

_________.png

3.「組織を編集する」パネルの、「マネージャー」フィールドにこのユーザーのライン管理者(上司)を設定します。

_________.png

4.[保存]をクリックして設定を保存します。

ご注意ください:Microsoft 365 Exchange の管理センターでユーザーの管理者を指定する場合、メールボックスの一覧に表示されているユーザーのみをライン管理者として割り当てることができます。

ライン管理者として割り当てられたユーザーは、LMS365管理センター>受講者管理>受講者一覧の管理者列に表示されます。

_________.png

2.Azure Active Directoryでユーザーの管理者を指定する

1.管理者としてMicrosoft365にログインし「Azure Active Directory」を開きます。

2.左側のメニューの ユーザー>ユーザー一覧で管理対象となるユーザー(部下)を選択します。

3.開いた画面で「編集」ボタンをクリックします。

_________.png

「ジョブ情報」セクションにある、「管理者」フィールドにユーザーのライン管理者(上司)を設定します。

_________.png

4.フィールド上部の「変更」をクリックすると「マネージャーの選択」パネルが開きます。検索またはリストから選択して「選択」ボタンをクリックします。

ご了承ください:

ライン管理者の更新には最大48時間かかることがあります。

その理由の一般的なケースとしては、ローカルのActive DirectoryをOffice 365と同期させることが挙げられます。このような設定がある場合は、ローカルのActive Directoryで組織階層をセットアップし、同期中に変更がAzure Active Directoryにプッシュされます。

Microsoft365のSharePoint 管理センターでユーザープロファイルに管理者を設定しても、Azure Active Directoryに変更がプッシュされることはありません。SharePoint Online は、Active Directory Import タイマージョブを使用して、ユーザーとグループをユーザープロファイルアプリケーションにインポートします。ADインポートは、SharePoint Onlineのディレクトリーストアからユーザープロファイルアプリケーションへの変更を同期します。詳細については、以下をご参照ください。

SharePoint Online におけるユーザー プロファイルの同期に関する情報
SharePoint 管理センターから SharePoint Online ユーザー プロファイルを管理する

組織階層がAzure Active Directoryに設定されると、それが本アプリケーションと同期されます。デフォルトでは、同期は1時間に1回実行されます。その後、ライン管理者ダッシュボードに部下が表示されるようになります。なお、ダッシュボードアプリパーツを配置したサイトでは、部下が最低でも訪問者権限を持っていることを確認してください。