LMS365の言語について

  • 更新

コースカタログ、ダッシュボード、およびコースWebパーツの表示言語は、SharePointサイトの言語と同じです。

注記:
各SharePointサイトにはデフォルトの言語(作成された言語)があり、それに加えて代替言語の選択でがきます。(サイトの設定>サイト管理ー言語設定)
サイトを閲覧する各ユーザーは、優先プロファイル言語を持つことができます。また、各ブラウザは優先言語を持つことができます。したがって、言語は、SharePointの代替言語、およびブラウザーの設定に依存する場合があります。
サイトの代替言語が選択されると、ユーザーにコンテンツを表示する言語(リファレンスを参照)を決定するため、次のルールのいずれかが使用されます。

  1. ユーザープロファイルに保存されている言語設定が使用されます。ユーザーの言語設定を変更してから適用されるまでには、しばらく時間がかかります。
  2. ユーザープロファイルで言語設定が定義されていない場合は、ブラウザの優先言語が使用されます。ブラウザの優先言語がSharePointの代替言語として指定されている場合、この言語でLMS365管理センターが表示されます。この言語は、ブラウザの設定リストの一番上(最上位)に配置する必要があります。ブラウザの言語設定を変更した場合は、ブラウザセッションも再度開く必要があります。
  3. ユーザーのプロファイルとWebブラウザーで言語設定が定義されていない場合は、デフォルトのサイト言語が使用されます。

コースの通知の言語は、通常、通知が属するSharePointサイトの地域設定で管理できます。コースの通知言語を変更するには、コースのサイトの設定>サイト管理ー地域設定>地域ーロケールに移動し、[ロケール]フィールドのドロップダウンリストから言語を選択します。 LMS365管理センターに移動すると、設定したロケールが適用されます。言語を変更するすべてのコースに対してこのアクションを実行します。

他のすべての通知の言語設定は、コースカタログ作成時の設定が適用されます。

言語設定の変更したが適用されるまでには時間が掛かります。