サイトコレクションアプリカタログでLMS365Webパーツを管理する

  • 更新

LMS365 は、SharePoint Online サイトコレクションアプリカタログ機能に対応しています。

この機能により、テナント管理者は特定のサイトでアプリカタログを有効にすることができます。

これを有効にすると、サイトコレクションアプリカタログに配備されたアプリを、テナントのすべてのサイトではなく、特定のサイトコレクション(LMS365コースカタログ)にインストールすることができ、LMS365アプリが追加されたサイトコレクション(コースカタログ)でのみ、LMS365 Webパーツを公開することができます。

SharePointでLMS365アプリとLMS365Webパーツを使用する

SharePoint テナントの既定では、すべてのアプリが SharePointテナントのアプリカタログにインストールされ、テナント内のすべてのサイトコレクションで、すべてのアプリにアクセスできるようになっています。

これは、お客様のSharePoint環境の他の領域でも活用できるよう、各アプリの SharePoint Webパーツの紹介も兼ねて公開されることも含まれています。

LMS365アプリは、コースカタログと呼ばれる特定のLMS365サイトコレクション内で使用することを前提として設計されています。

既定では、LMS365Webパーツ(LMS365コースカタログ、LMS365ダッシュボード、LMS365コースホームページ)は、以下の画像のように、他の SharePoint Webパーツと一緒に、任意の SharePointサイトに追加することができます。

SharePoint のページでのWebパーツの使い方については マイクロソフトのドキュメント「SharePoint ページで Web パーツを使用」をご参照ください。

adding

サイトコレクション(コースカタログ)以外で LMS365Webパーツを利用する場合、LMS365アプリがインストールされていない SharePointサイトではエラーになります。

このエラーはLMS365WebパーツがLMS365アプリがインストールされているSharePointサイトコレクションから相対情報を取得することにより起こります。

capture2.png

この問題を回避するため、サイトコレクションアプリカタログ機能を利用して、LMS365アプリがインストールされているサイトコレクション(コースカタログ)でのみ、 LMS365 Web パーツを公開(表示)することができます。

LMS 365アプリのインスタンスは、LMS 365アプリファイルがそれぞれのサイトコレクションアプリカタログに追加されたサイトコレクション (コースカタログ) 上でのみ使用可能となります。

つまり、LMS 365とそのWebパーツは、LMS 365アプリがインストールされている特定のサイトコレクションに対してのみ範囲が限定されます。

LMS365Webパーツの範囲を特定のサイトコレクションに限定する

必要なロール:Microsoft365 グローバル管理者

LMS365Webパーツの範囲をテナント内の特定のサイトコレクション(コースカタログ)に限定するには、以下の手順で設定を行います。

LMS365がサイトコレクション(コースカタログ)上で正しく機能するために、すべてのサイトコレクション(コースカタログ)でこの設定を行う必要があります。

Step1:SharePointテナントのアプリカタログでLMS365を無効にする

この手順は、LMS365が使用されていない時間帯に行ってください。 

LMS365アプリが新しく作成したサイトコレクションのアプリカタログに追加されるまで、LMS365インスタンス全体は使用できなくなります。

LMS365をSharePointにインストールすると、LMS365アプリはSharePointテナントアプリカタログに追加されます。

Step1 を実行すると、テナントでLMS365アプリが無効になり、SharePointサイトに追加できるWebパーツのリストに、LMS365Webパーツが表示されなくなります。

重要!

SharePoint テナントアプリカタログから 、LMS365アプリファイルを削除しないでください。
これらのファイルは、LMS365がテナントの特定のサイトコレクション(コースカタログ)で適切に機能するために、中央に保存されている必要があります。

次の手順でSharePointテナントのアプリカタログのLMS365を無効にします。

1.SharePoint管理センター>その他の機能>アプリの「開く」ボタンを選択します。

2.アプリを管理 画面で、その他の機能>テナント全体の拡張機能 の「開く」ボタンを選択します。

3.テナント全体の拡張機能 画面で、「SharePoint 用アプリ」を選択します。

4.SharePoint 用アプリ 画面で、「LMS365」の編集アイコンを選択します。

app‗catalog1.png

5.編集 画面を下までスクロールし、「有効:エンド ユーザーには、サイトに追加するオプションとしてこのアプリが表示されます。」のチェックを外します。

app‗catalog2.png

6.「保存」ボタンを選択して、変更を保存します。

7.次に、SharePoint 用アプリ 画面の「LMS365.AccessApp」にて、手順4~6を行います。

 

Step2:LMS365アプリファイルのコピーをダウンロードする

LMS365 は Microsoft 365 SharePoint Online 環境内で動作します。LMS365は、Azure、SQL、Graph APIなど、複数の技術を組み合わせています。

このことから、LMS365 Cloud Suiteのすべてのインストールは、まず中央にインストールし、サイトコレクションアプリのカタログサイトを通じてサイトコレクション単位でアクセスできるように構成する必要があります。

LMS365の標準インストールでは、Microsoft AppSource 経由でアプリをインストールし、テナントのアプリカタログにアプリをインストールする必要があるため、LMS365がインストールされている特定のサイトコレクションで使用するためには、LMS365アプリファイルのコピーをダウンロードする必要があります。

重要!

SharePoint テナントアプリカタログから 、LMS365アプリファイルを削除しないでください。
これらのファイルは、LMS365がテナントの特定のサイトコレクション(コースカタログ)で適切に機能するために、中央に保存されている必要があります。

LMS365アプリファイルのコピーをダウンロードは、次の手順で行います。

1.SharePoint管理センター>その他の機能>アプリの「開く」ボタンを選択します。

2.アプリを管理 画面で、その他の機能>テナント全体の拡張機能 の「開く」ボタンを選択します。

3.テナント全体の拡張機能 画面で、「SharePoint 用アプリ」を選択します。

4.SharePoint 用アプリ 画面で、LMS365 を選択します。

5.「ファイル」タブを選択し「コピーをダウンロード」を選択します。LMS365.sppkg ファイルが、ローカルデバイスにダウンロードされます。

6.次に、SharePoint 用アプリ画面で LMS365.AccessApp を選択し、手順5を実行します。LMS365.AccessApp. app ファイルがローカルデバイスにダウンロードされます。

この後、LMS365アプリを利用できるようにするために、これらのファイルを関連するサイトコレクションのアプリカタログにアップロードすることになります。

app‗catalog3.png

 

Step3:サイトコレクションアプリカタログを作成する

LMS365アプリの範囲を、特定のコースカタログ(サイトコレクション)に限定するためには、LMS365アプリを含めるサイトコレクション(コースカタログ)ごとに、サイトコレクションのアプリカタログを作成する必要があります。これは、今後作成するコースカタログについても同様です。

下記のスクリプトを実行すると、コースカタログ(サイトコレクション)に「Sharepoint用アプリ ライブラリ」が追加され、LMS365を導入することができます。

ここでは、SharePoint Online Management Shell を使用してサイトコレクションアプリカタログを作成します。

サイトコレクションアプリカタログの詳細については、マイクロソフトのドキュメント「サイト コレクションのアプリカタログを使用する」をご参照ください。

サイトコレクションアプリカタログの作成は、次の手順で行います。

1.SharePoint Online管理シェルで、SharePointテナント管理者として、次のコマンドを実行します。※ TENANT は、お客様のサブドメイン(テナントドメイン)に置き換えます。

Connect-SPOService -Url https://TENANT-admin.sharepoint.com

2. LMS365アプリが既にインストールされている各サイトコレクション(コースカタログ)に対して、次のコマンドを実行します。
※ TENANT はサブドメイン(テナントドメイン)、SITE はコースカタログのサイトに置き換えます。

$site = Get-SPOSite https://TENANT.sharepoint.com/sites/SITE
Add-SPOSiteCollectionAppCatalog -Site $site

 

Step4:LMS365ファイルをサイトコレクションのアプリカタログに追加する

1.Step3 を実行した後、作業中のコースカタログの「サイトコンテンツ」に移動します。
コンテンツタブに新しい「SharePoint用 アプリ(種類:リスト)」があります。これを選択すると、SharePoint用 アプリライブラリ が開きます。

app‗catalog4.png

2.SharePoint用アプリライブラリで、Step2 でダウンロードした LMS365.sppkg ファイルと LMS365.AccessApp.app ファイルをアップロードします。

アップロードを選択するか、デバイスからライブラリにファイルをドラッグ&ドロップして、1つずつアップロードしてください。

3.「このソリューションを組織のすべてのサイトで使用できるようにする」というプロンプトが表示されたら、必ずこのオプションをチェックして「展開」を選択します。

言葉の表現に違和感がありますが、このボックスをチェックすると、LMS365アプリファイルが追加されたサイトコレクション(コースカタログ)でのみ利用可能となります。

lms365app14.png

この場合、テナントのアプリカタログではなく、サイトコレクションアプリカタログにアップロードしているため、組織全体ではなくサイトコレクション(コースカタログ)のすべてのページから LMS365アプリにアクセスできるようになります。

LMS365のすべてのコースはコースカタログサイトコレクションのページとして作成されます。

この手順により、コースカタログ内で作成されたトレーニング(コース)が動作するために必要なWebパーツを確実に持つことができます。

展開すると、LMS365サイトが再び正しく動作するようになり、LMS365がインストールされていないサイトではLMS365のWebパーツが表示されなくなります。

新しく作成したコースカタログの設定

Step1~4 を行った後にテナントで新しいコースカタログ(サイトコレクション)を作成する場合、新しく作成したコースカタログでLMS365を適切に利用するためには、追加設定を行う必要があります。

理由は、LMS365管理センターが正常に機能するためには、テナントアプリカタログに集中して保存されている LMS365.sppkg ファイルに依拠しているからです。

サイトコレクションアプリカタログで使用するために、新しく作成したコースカタログを構成するには、2つの方法があります。

方法1:新しいコースカタログを作成する前に、テナントアプリカタログでLMS365アプリを一時的に有効にします。

この方法は、簡単で管理の負荷が少ないためお勧めの方法ですが、LMS365アプリが有効化されると、テナント全体にアプリが表示されるという影響があります。作業中、何らかの影響が出ることが予想されるため、計画的に行ってください。

次の手順で行います。

1.テナントアプリのカタログで LMS365アプリを一時的に有効にします。Step1 を参照し、テナントアプリのカタログで「有効:エンド ユーザーには、サイトに追加するオプションとしてこのアプリが表示されます。」チェックボックスを選択し、変更を保存します。

2.コースカタログを作成します。

3.新しく作成したサイトコレクション(コースカタログ)に対して、Step3Step4 を実行します。

4.Step1 を実行し、テナントアプリカタログの LMS365アプリを無効にします。

 

方法2:テナントアプリカタログでLMS365アプリを無効にしたまま、新しく作成したコースカタログとそのページでLMS365Webパーツを手動で設定します。

方法2は、Step1~4で行った設定を保持し、テナントアプリカタログに保存されている LMS365アプリを、無効にしたままできるという利点がありますが、その分、作業や設定にかかる管理者の負担が大きくなります。

次の手順で行います。

1.コースカタログを作成します。

2.新しく作成したサイトコレクション(コースカタログ)に対して、Step3Step4 を実行します。

3.コースカタログの「サイトコンテンツ」移動し、「+新規」>「アプリ」で LMS365アプリを新しいサイトコレクション(コースカタログ)に追加します。

capture10.png

4.開いた画面で、LMS365アプリの「追加」ボタンを選択します。

開いたウィンドウで、「信頼する」を選択して、アプリを信頼することを確認します。

lms365app6.png

5.コースカタログページとトレーニングダッシュボードページに LMS365Webパーツを追加します。これを行うには、各ページに移動し、SharePoint の編集(右上の「編集」)を選択し、それぞれのWebパーツを追加します。

コースカタログ:

app_catalog4.png

トレーニングダッシュボード:

app_catalog5.png

最後に

SharePoint 管理者が、ユーザーに提供する機能を制限したい場合、SharePoint Onlineのサイトコレクションアプリカタログ機能を使用することで、LMS365 のインストールをはじめとする SharePoint のサードパーティアプリの適用範囲をより簡単に設定することができます。

こちらで説明した手順を実行中に問題が発生した場合は、表示されたすべてのエラーを取得していただき(スクリーンショットでも可)、サポートにご連絡ください。