LMS365をサイトコレクションアプリカタログで使用するには(他のサイトでLMS365Webパーツを表示しない)

  • 更新

LMS365 は、SharePoint Online の新機能であるサイトコレクションアプリカタログの利用をサポートします。

本機能は、2018年5月に Microsoft が利用を開始したものです。

SharePoint管理者は、SharePoint アプリをテナント内のすべてのサイトでグローバルに利用できないよう、サイトコレクション固有のアプリカタログを構成して分散化と利用範囲の限定を行うことができます。

この機能を組み込むことで、LMS365 が設定されているサイトコレクションのみで、その Webパーツ を明確に表示するように設定することができます。

サイトコレクションアプリカタログの構成と使用については以下をご参照ください。

サイトコレクションのアプリカタログを使用する 


はじめに

LMS365 は、コース カタログと呼ばれる特定の LMS サイトコレクション内で使用されることを意図して設計されているため、、LMS365 コースカタログ Webパーツ、LMS365 トレーニングダッシュボード Webパーツ、LMS365 コースホームページ Webパーツ などの LMS365 固有の Web パーツにアクセスできる SharePoint 環境ではユーザーの混乱を招く可能性があります。

capture1.png

Office 365 テナンシーの SharePoint アプリ の標準的な構成は、中央の アプリカタログ サイト にアプリをインストールし、SharePoint テナンシーのすべてのサイトですべてのアプリにアクセスできるようにすることです。
また、SharePoint 環境の他の領域で使用できるように、アプリの各 SharePoint Web パーツを紹介することも兼ねています。

しかしながら、LMS365 がインストールされているサイト コレクション以外で LMS365 Web パーツを使用することは、これらの Web パーツが属しているサイト コレクションまたはサブサイトから相対的に情報を取得するため、サポートされていません。

そのため、LMS365 アプリがインストールされていないサイトでこれらのWebパーツを利用しようとすると、エラーになります。

capture2.png

このような状況を避けるため、サイトコレクションアプリカタログ機能を利用して、LMS365アプリがインストールされているサイトコレクションでのみ Webパーツ を表示するように LMS365 を構成することができます。

これは事実上、アプリのインスタンスが LMS365 アプリファイルが追加された各サイトコレクションのみで使用できることを意味します。つまり、アプリとそのWeb パーツは、LMS365 がインストールされている特定のサイトコレクションのみを対象範囲とします。

構成手順

特定のサイトコレクションのみを対象範囲とするようにLMSを構成するには、以下の手順で行います。

正しく機能するために、これらの手順は LMS365 がインストールされているすべてのサイトコレクションで実行する必要があります。

ステップ1:グローバルアプリカタログサイトのLMS365を無効にする

LMS365を標準の中央のアプリカタログに適切にインストールした後、アプリを使用不可にする必要があります。

この変更を行うと、新しく作成されたサイトコレクションのアプリカタログにアプリが追加されるまで、LMS365インスタンスすべてが使用できなくなります。
そのため、この変更は LMS365 が使用されていない時間帯に行ってください。

1.SharePoint管理センター>その他の機能>アプリの「開く」ボタンを選択します。
開いた画面で「クラシック エクスペリエンス 」に移動します。

capture3.png

2.LMS365アプリの編集ボタンを選択します。

capture4.png

3.「エンドユーザーには、サイトに追加するオプションとしてこのアプリが表示されます。」のチェックボックスを外し、保存します。

capture5.png

4.LMS365 Webパーツは表示されなくなり、アプリは一般的に使用できなくなります。

capture6.png

ステップ2:新しいサイトコレクション・アプリカタログで使用するためのLMS365のコピーのダウンロード

LMS365 は SharePoint 環境上にある単体のアプリではなく、Azure、SQL、Graph API など、複数のテクノロジーを組み合わせて構成されています。
そのため、LMS365 Cloud Suite のすべてのインストールは、まず中央にインストールし、サイトコレクションのアプリカタログサイトを介してサイトコレクション単位でアクセスできるように構成する必要があります。

LMS365の標準インストールでは、アプリをMicrosoft App Source 経由でインストールする必要があるため、中央のアプリカタログサイトにインストールされます。
LMS365 を特定のサイトコレクションにインストールするには、アプリファイルのコピーをダウンロードする必要があります。

1.中央のアプリカタログサイトコレクションで Sharepoint 用アプリに移動し、LMS365 App を選択します。リボンメニューで「ファイル」>「コピーをダウンロード」の順に選択します。
同様に、LMS365 Access Appも「コピーのダウンロード」を行います。

capture7.png

2.LMS 365.sppkg ファイルのダウンロードプロンプトが表示されます。
ファイルをダウンロードし、コンピュータに保存します。アプリを表示する特定のサイトコレクションのアプリカタログにファイルをアップロードします。

3.今後作成するサイトコレクションにファイルをアップロードできるように、 LMS 365.sppkg ファイルを安全な場所に保存することをお勧めします。
また、LMS365 が正しく機能するためには、引き続きファイルを中央に保存する必要があるため、中央の アプリカタログサイトの sppkg ファイルは削除しないでください。

ステップ3:各コースカタログ(サイトコレクション)のサイトコレクションアプリカタログを作成し、LMS365.sppkgファイルを追加する

LMS365アプリの範囲を、 LMSがインストールされている特定のサイトコレクションに限定するには、LMSアプリを含める各サイトコレクションに「サイトコレクションアプリカタログ」を作成する必要があります。

サイトコレクションのアプリカタログの構成と管理については、以下をご参照ください。

サイト コレクションのアプリ カタログを使用する

SharePointアプリを特定のサイトコレクションに範囲を限定するように構成したため、この手順は、LMSをインストールして利用する各サイトコレクションで実行する必要があります。
これは、今後作成するコースカタログサイトにおいても同様です。新しく作成した各コースカタログサイトでこの手順を行った後、新しく作成したコースカタログでステップ4を行います。

1.SharePoint Online管理シェルで、管理者として次のコマンドを実行し、テナントをサブドメイン名に置き換えます。

Connect-SPOService -Url https://TENANT-admin.sharepoint.com

2.Office365 グローバル テナント 管理者アカウントでログインします。

3.LMS365 がインストールされている各サイトコレクションで、TENANT をテナントのサブドメインに、SITE を LMS コースカタログサイトに置き換えて、次のコマンドを実行します。

$site = Get-SPOSite https://TENANT.sharepoint.com/sites/SITE
Add-SPOSiteCollectionAppCatalog -Site $site

4.今後、新しくコースカタログを作成した場合、上記1〜3を繰り返します。

5.作業中のサイトコレクションの「サイト コンテンツ」に移動します。
新しい SharePoint 用アプリの一覧が表示されます。LMS365アプリはグレーアウトしています。「SharePoint用アプリ」を選択します。

capture8.png

6.SharePoint 用アプリライブラリの「アップロード」ボタンを使用するか、コンピューターからライブラリにドラッグ&ドロップして、ステップ2でダウンロードした LMS365.sppkg ファイルをアップロードします。

7.MS365の 信頼ポップアップが表示されます。「このソリューションを組織内のすべてのサイトで利用できるようにする」オプションをチェックして、「展開」ボタンをクリックします。

capture9.png

この説明は矛盾しているように思えるかもしれませんが、この記述は、Microsoft によってまだ更新されておらず、実際の構成を反映したものではありません。この場合、中央管理型ではなくサイト コレクション アプリ カタログにアップロードしているため、実際には組織全体ではなく、サイト コレクションのすべてのサブサイトでアプリにアクセスできるようになります。

これにより、LMS365 のすべてのコースがコースカタログサイトコレクションで作成されるため、作成されたコースが機能するために必要なコース Web パーツを持つことができることを保証します。

8.展開すると、LMS365 サイトは再び正常に機能するようになり、LMS365 がインストールされていないサイトでは LMS365 Web パーツは表示されなくなります。

LMS365 Access App についても、この手順を繰り返すことを忘れないでください。

(オプション)ステップ4:新しく作成したコースカタログの設定をする

ステップ1〜3を実行した後に新しいコースカタログを作成した場合は、新しく作成したコースカタログで LMS365 を適切に使用するため、追加の設定を行う必要があります。

なせなら、LMS365 グローバル管理センターが正しく機能するには、中央のアプリカタログ に一元的に保存された LMS365.sppkg ファイルに依存しているからです。

つまり、これは新しく作成したコースカタログをサイトコレクションアプリカタログで使用するには、2つの構成方法があることを意味します。

オプション1:新しいコースカタログを作成する前に、中央のアプリカタログでLMSアプリを一時的に有効にし、新しく作成したコースカタログでステップ3を実行した後、再び無効にします。

オプション2:アプリを中央で無効にしたまま、新しく作成されたコースカタログ上でWebパーツを手動で設定する。

オプション1を行うには:

1.ステップ1の3で説明している「エンドユーザーには、サイトに追加するオプションとしてこのアプリが表示されます。」を有効にします。

2.コースカタログを作成します。

3.ステップ3をそのまま実行し、その後ステップ1を実行します。

オプション1は、手順が簡単で、管理する上でも負担が少ないため推奨される方法です。ただし、「エンドユーザーには、サイトに追加するオプションとしてこのアプリが表示されます。」が有効となっている間は、テナント全体にLMSアプリが表示されます。変更を行う際は、適宜計画を立てて行ってください。


オプション2を行うには:

1.コースカタログを作成します。

2.ステップ3をそのまま実行します。

3.新しく作成したコースカタログのサイトコレクションアプリカタログで、アプリが利用できるようになったら、アプリファイルを新しいサイトコレクションに追加する必要があります。
これを行うには、「サイト コンテンツ」移動し、「+新規」>「アプリ」を選択します。

capture10.png

4.マイアプリ「アプリの追加」ページで、LMS365を追加します。複数の選択肢が表示された場合は最初のものを選択します。アプリを信頼することを求めるポップアップが表示されるので、信頼するを選択します。

capture11.png
5.アプリがサイトに追加されたら、コースカタログ と トレーニングダッシュボード ページを構成します。これを行うには、各ページに移動し、SharePoint の編集(右上の「編集」)を使用して、それぞれの Webパーツ を追加します。

capture12.png

capture13.png
オプション2は、ステップ1の3で実行した設定を保持し、中央のアプリカタログサイトでLMS365を無効にしたままで行うという利点はありますが、管理者が行う作業の負担が大幅に増加します。

おわりに

SharePoint Online の新しいサイトコレクションアプリ カタログ機能を利用することで、LMS365 のインストールを含む SharePoint のサードパーティアプリをより簡単にスコープアウトすることが可能になります。

注意する点は、正しく機能させるためにステップ3と4は、新しく作成するコースカタログごとに実行する必要があることです。

この記事で説明した手順で問題が発生した場合は、サポートにご連絡ください。その際、表示されたエラーをお知らせいただけますようお願いいたします。