SCORMの新バージョンをアップロードする

  • 更新

LMS365では、ユーザーが完了したデータを保持したまま、SCORM パッケージの新しいバージョンをアップロードすることができます。

ここでは、SCORM コンテンツパッケージを新しいバージョンに更新する手順についてご説明します。

コンテンツパッケージの新しいバージョンをアップロードするには:

次のいずれかの場所から、更新するコンテンツパッケージの設定パネルを開きます。

  • コンテンツパッケージストレージ:

    1.LMS365 管理センターで、コンテンツ> コンテンツパッケージ ストレージに移動します。コンテンツパッケージストレージページが開き、カタログ内で利用可能なすべてのコンテンツパッケージが表示されます。
    2.該当するコンテンツパッケージを選択します。アクションパネルが開きます。
    3.アクションパネルで「コンテンツ パッケージの編集」を選択します。コンテンツパッケージ設定パネルが開きます。
  • コースコンテンツ管理:

    1.LMS365管理センターのトレーニング管理に移動し、関連するコンテンツパッケージを含むコースを選択します。コース管理パネルが開きます。
    2.コース管理パネルで「コースコンテンツ管理」を選択し、コース設定パネルのコンテンツセクションに移動します。
    3.コンテンツパッケージを選択し、アクションパネルで「コンテンツ パッケージの編集」を選択します。コンテンツパッケージ設定パネルが開きます。

コンテンツパッケージの設定パネルで新しいバージョンをアップロードします。

1.最初に、コンテンツパッケージの「アクセスの種類」が「表示と編集」に設定されていることを確認します。

Upload a new version1.png

バージョンの値は、コンテンツパッケージの現在のバージョンを示します。コンテンツパッケージが最初にアップロードされたときに、既定で1が設定されます。新しいバージョンの変更が保存されると、バージョンが 1ずつ増加します。

2,「新しいバージョンをアップロード」を選択します。

Upload a new version2.png

3.ローカルデバイスから新しいコンテンツパッケージの.ZIPファイルを選択しアップロードします。
※新しいコンテンツパッケージの.ZIPファイルの名前が、以前のコンテンツパッケージファイルと同じであることを確認してください。

4.アップロードが完了したらコンテンツパッケージ設定を「保存」します。バージョンの値が自動的に1つ増加します。

アップロード完了後「キャンセル」を選択した場合、新しいバージョンのアップロードは中止されます。この場合、バージョンは前回に保存した値に戻ります。

 

新しいバージョンをアップロードしても、ユーザーの試行に関する情報は保持されます。

受講中のSCORMが新しいバージョンに更新された場合、受講中の試行を継続すると以前のバージョンで表示されます。受講者が新しいバージョンのSCORMを表示するためには新しい試行を開始する必要があります。