LMS365が扱うSCORMデータの要素

  • 更新

LMS処理できるSCORMのデータ要素は4つあります。

  • lesson_status.:lesson_status は未開始、閲覧、合格、完了、不完全を持っています。ユーザーがSCORMを完了したかどうかを判断するために使用されます。
  • cmi.core.score.raw.:これはパッケージの最終的なスコアです。
  • cmi.suspend_data.:これは、ユーザが試行を止めた場合、試行の再開をするためにパッケージによって使用されます。
  • cmi.core.student_name.:このパラメータは通常パッケージが受講者の名前をパッケージ内に表示したい場合に使用されます。ここではその値をパッケージレンダリングに設定します。

lesson_status、cmi.core.score.raw、cmi.core.student_name は
管理画面>コース一覧- コースを選択>コンテンツパッケージ- コンテンツパッケージを選択>「受講状況の詳細を表示」画面に表示されます。mceclip0.png

cmi.suspend_data はLMS365プレイヤ>「統計を見る」に表示されます。

mceclip1.png

注記:SCORMに合格した受講者のみがLMS365プレイヤで、cmi.suspend_dataを見ることができます。

詳細についてはこちら(英語)をご参照ください。